++旧きゃんでぃ亭日記++
「きゃんでぃ亭日記」は、新しいページに移動しました。こちらは「旧きゃんでぃ亭日記」になります。
新しい日記のページは、
http://www.max.hi-ho.ne.jp/cgi-bin/user/ginsi-sha/scu3_diary.cgi
となります。よろしくお願いいたします。
2004年 12月
SunMonTueWedThu FriSat
- - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
-

2004. 12. 27. Mon プラネタリウムはいかがでしょう?K
2004. 12. 26. Sun うちはお笑いにはうるさいんやSIO
2004. 12. 25. Sat ネクロノミコンKGG
2004. 12. 24. Fri 若い女の子の枕元にポルノグッズを置いて....
2004. 12. 22. Wed 悲しみのずんどこSIO
2004. 12. 21. Tue そういえば‥‥‥K
2004. 12. 18. Sat 笛糸→蔵→ひぐらしSIO

 

2004. 12. 22. Wed
      悲しみのずんどこ
SIO
(主人公の夢の中。子供の頃の自分に、大人になってから 
 知り合ったはずの版権代理人が話しかけてくる) 
 
「君はお話を書く人になりたいのかい? 
 それじゃおじさんがストーリー・テラーになるコツを教えてあげよう。 
 かんたんなのはね。幸せな主人公を不幸のどん底に落とせばいいんだ。 
 ほら、窓の外をごらん―――」 
 
 そこでは爆音が響き、紅蓮の炎が舞っていた。 
 わたしが子供心に愛した人を亡くした瞬間だった。 
 
 
以上、昔読んだ漫画「青また青」(伸たまき)の一シーン。 
単純ながらいい事言ってるなと思ってずっと記憶していた。 
「ひぐらし」の面白さもあの「落差」が大きいもんな。 
 
原稿の進行度、七割から八割といったところ。 
どこに着けばいいのかはわかったけどまだそこに着く保証がない。 
ふと設定の細かい一部を見落としてたことに気付く。 
支障はないはずだけど、今一度そこをすべて見直さないと。  
 





| 携帯用 | | 検索 | 

++ Powered By 21style ++