エペメリス・シシナス・フジムラス


 

2009. 2. 6
      戦慄のディズニーランド!with黒川と愉快な仲間たち

――前回の日記のとおり、黒川さんら院生の面々とディズニーランドに行くことになったのですが… 
 
私「あの、黒川さん、明日のディズニーは普通の格好で来てくださいね。」  
  
(※意訳=あの変な回文Tシャツで来やがったら 
Tシャツ共々貴様の金玉袋を破く!!) 
 
   
黒川
「大丈夫です!最高にオシャレして行きます!!」  
  
ホントに大丈夫かよ!? 
「最高のオシャレ」って何!? 
とまあ、昨日の時点でいろんな嫌な予感はしてたんですが… 
 
その嫌な予感、全部的中します!! 
 
 
<当日9:55、舞浜駅> 
 
山田「…遅いなあ、黒川…!何やってんだ!?初めてだから迷ってんのか?」 
 
西野「それよりも、本当にアイツは普通の格好で来るんだろうな!?」 
 
私「大丈夫ですよ!昨日、念を押しといたんで……って、あ!あれ黒川さんじゃないですか!?黒川さーーん!こっちこっちー!!」 
 
黒川
「みなさぁ〜〜ん!すみませーん!!お待たせしましたー!!」 
 
←黒川代理:ハーデス様 
 
ゲエ―――――ッ!!!??何だあれ!?全然普通じゃねェ奴来てる!!全然!全然私の知ってる普通じゃないヤツ来てるーッ!! 
 
「うわあああ黒っっ川ァアアアーーーッ!!お前昨日私の話全然聞いてなかっただろーーっ!?」 
 
私言ったよね!?普通の格好で来いって!! 
それに対する答えがその剣山みたいな手袋!!?
 
攻めづらい城でも登るつもりかぁァーッ!!? 
 
そしてその上着はなんで
勲章いっぱい付いてんの!!? 
お前は戦場でどんだけ偉いんだ!!!?
 
 
 
黒川「…すみません、僕、何か間違えましたか…?
ロンメル将軍をイメージして来たのですが…」 
 
うん、確かにそれロンメル将軍だけど!! 
「砂漠の狐」と謳われたドイツ軍の! 
「重い戦車は砂漠に弱い」のあのロンメルだけど!! 
そのイメージは間違ってないよ!!
 
 
でもなんでロンメル将軍をイメージして来ちゃったの!? 
 
 
――もうその後は、西野先輩の「むしれー!!むしれる物は全部むしれ!!」の号令で、ロンメル将軍の上着に付いてる
ワシが矢をくわえてるバッジをむしりまくって、手袋も取って…、なんとか普通に見える格好に仕上げました。 
 
山田「あーもう!入る前から余計な手間と時間食わされた!!キレた!もう俺キレたね!!よぉーし、みんな!ビッグサンダーマウンテンまで走るぞぉーー!!」 
 
そんなわけで、最初に
ビッグサンダーマウンテンに乗ることに! 
 
 
 
<ビッグサンダーマウンテン> 
 
黒川
「あ”っあ”あぁああ”―〜〜ッ!ア”――!!!!」 
 
「…黒川さん、よだれ出てますよ!大丈夫ですか?」 
 
黒川
「あ”ぁ!あ”ぁあう!!」 
 
私「次、トンネル出る所、すごく落ちますが!パニクらないで下さい!」 
 
黒川
「ひゅぁあああアアアー!ア…ッ…?ア”ア”ー〜〜〜!!ア”ア”!ア”ア”ッ!!」 
 
この人、絶叫系全然ダメじゃん!! 
 
 
その後、ファストパスを駆使して(とんでもなく空いていたこともあり)、 
ビックサンダー2回目、スプラッシュマウンテン、 
いったんトム・ソーヤ島で大はしゃぎ、 
その後スペースマウンテンに乗った所で、 
 
黒川
すみません…僕…もうダメです…!つぎビュワビュワ系に乗ったら、絶対にゲロ吐きます!ビュワビュワゲロリです!!」 
 
山田「よし分かった、黒川!ここで分かれよう!!」 
 
西野「俺たちはもう一回スペースマウンテン乗ってくるわ!じゃーなー!」 
 
えっ!?何!?みんな黒川さんをディズニーランドで独りにするつもりなの!?殺す気!? 
 
それはいくらなんでも酷すぎだろ!と思って、 
私も黒川と共にまったりとランドを楽しむことに。 
 
 
 
黒川「ううう…!藤村さん、申し訳ありません…!僕、もうダメです、この空間…!閉園までトイレこもってようかなあ…!!」 
 
私「しっかりして下さい。
あなた、ロンメル将軍でしょう。勲章がなくても!」 
 
黒川「でも僕はちっとも楽しめそうにありません…!!」 
 
「任せておけ。次のアトラクションでその言葉、全面撤回させたるわ!!」 
 
黒川「へ…?」 
 
「ホーンテッドマンション行きましょう!」 
 
そんなわけで、しょぼくれてる黒川を連れて 
ホーンテッドマンションへ。 
 
 
<ホーンテッドマンション> 
 
黒川
「うわぁ〜!すごいっ!天井が伸びてるぅ〜〜っ!!」 
 
――そのリアクションする人、ここ10年くらいお目にかかってないわ。 
 
私「黒川さん、こういう雰囲気好きですよね?」 
 
黒川「好きです!大好きです!!おおーー!廊下の絵が全部僕の方を見ているっ!か、鏡の中のお化けが乗り込んできてるぅっ!」 
 
もうなんかここまでリアクションしてくれると 
見ているこっちも楽しいぜ! 
 
 
黒川「いやー!すごかったです!ディテールも凝っててすばらしい!もう一度これ乗りたいです!いいですか?」 
 
私「いいですけど、
その前に、見せたいものがあります!出口を出て左にある墓石なんですけど!」 
 
 
 
 
 
黒川「??これですか?」 
 
私「墓標にたくさんの人名が彫ってあるでしょ?何か気づきませんか?」 
 
黒川「…??」 
 
「実はこの人名、全部言葉遊びになってるんです。例えば、
U.R.Goneという名前は、「You are gone(君は死んでしまった)」にかけてあるんです。――ヘヘヘ〜こういうの、好きでしょ?!」 
 
黒川「!本当だっ!!こっちの
Paul.Tergyst『ポルターガイスト』ですね!そっちは…!」 
 
とにかくこういう言葉遊びに目がない彼は、 
20個ほどある墓標の名前を一つ一つ解いていって、 
 
黒川「うーん、このClare Voinceだけどうしても分かりませんね!…しかし、こんな細かい細工があるなんて!!」 
 
私「すごいですよね!じゃあ、解けないのは後でもう一度乗るまでに考えて置いて下さい。次行きましょう!」 
 
 
 
その後、黒川が好きそうな「白雪姫」(←かなりダーク)、 
スターツアーズ、ジャングルクルーズ、 
ウエスタンリバー鉄道あたりに乗った後、 
 
黒川「すみません、何だか僕の趣味にばかり付きあわせてしまってるような気がするのですが…!藤村さんは行きたい所無いんですか?」 
 
いや、
もうここには100回以上来てるので、 
この期に及んで行きたい場所などない。
 
 
黒川「いや、それじゃあまりに……あっ、そうだ!ちょ、ちょっと待ってて下さい!
ハーデス様買ってきます!!」 
 
私「えッ!?」 
 
ハーデス様!?と聞く間もなく、 
近くのお土産屋さんに走って行き、何かを買って戻ってくる黒川。 
 
黒川「ハァハァ…すみません、これ、お詫びに、どうぞ!プルートのキーホルダーです!プルートって、ハーデス様(Pluto)にちなんで名付けられたんですよね?」 
 
私「…ええ?」 
 
黒川
「プルートの生まれた1930年が、冥王星(Pluto)が発見された年だから…あれ!?もしかして、その表情は…やった!ご存知ありませんでしたかっ!?」 
 
誰に向かって口を利いている貴様? 
ハーデス+ディズニー好きでそれ知らなかったらモグリだよ!!
 
 
そうじゃなくて、 
 
「…黒川さん、これ…プルートじゃなくてグーフィーなんですけど… 
 
 
黒川
「………間違えたぁーーーっ!!!す、すみません!すみません!!今、もう一つプルートの買ってきます!!」 
 
私「いや、ちょっと待って!待って!!」 
 
黒川さん!私、前から言おう言おうと思っていたことがあるんで 
折角だから言わせてもらう!! 
黒川さんは友達に対してトラウマがあるみたいだけど…。 
今まで周りにいた友達は、
「仲間に入れてほしかったら購買でパン買って来い!」 
みたいな連中ばかりだったみたいだけど…! 
 
「だけど、別に私はパンとかいらないし!何か物を貢がなきゃ一緒にいてもらえない、という脅迫観念は捨てて下さい!」 
 
黒川「…でも…!」 
 
いや、その癖がなかなか抜けないのも分かるけど!! 
だからどうしても何か贈らなきゃいけない、という強迫観念に襲われたら、 
お金のかからないものをくれよ!絵とか、ポエムとか…! 
 
私「でも、ハーデス様云々のくだりはとんでもなく嬉しかったので、このグーフィーはありがたく頂戴いたします!
お礼に、黒川さんに本物の勲章を差し上げますよ!ちょっと付き合って下さい!」 
 
黒川「えっ?」 
 
 
 
…そして、ビッグサンダーマウンテンの左隣にある 
「シューテングギャラリー(※射的場)」に行って、「1分だけ待ってろ!」。 
 
私「――お待たせしました。はい、これ差し上げます!
グーフィーの保安官バッジ!この射的で10発全弾命中させると、記念にもらえるんです!」 
 
黒川「―ってことは、あなたはこの1分間で10発全弾当てたんですね?なんという無駄な特技をお持ちなのです。…でも、コレかっこいいですね!銀の六芒星だ!ありがとうございます!」 
 
私「いいっしょ!?ぜひ付けて下さい!将軍はムリですが、保安官にはなれますから!!」 
 
 
 
そんなこんなしながら、 
もう一度ホーンテッドマンションに入り、 
 
<ホーンテッドマンション2度目> 
 
黒川
「ハッ!藤村さんっ!分かりましたっ!これ…天井が伸びてるんじゃないっ!僕たちが下がってるんですよッ!!」 
 
――あのね、そんなこたぁこの部屋にいる9割方の人間が知ってるよ!! 
 
ただ、出口にある墓石の名前の言葉遊び、
「Clare Voince」はどうしても分からないらしく、それは宿題になりました。(こういうのは自分の力で解きたい、というプライドがあるらしい) 
その後山田先輩たちと合流。 
 
山田「いや〜!ビッグサンダーマウンテン3回も乗っちゃったよ!満足満足!!」 
 
本当にコイツについて行かなくて良かった。 
そして遅めの夕飯を「クイーン・オブ・ハートのバンケットホール」で食べ、 
最後にそこで皆でホールの
「アンバースディ・ケーキ(誕生日じゃない日のケーキ)」を突っついて、 
お開きとなりました。 
 
 
 
――そんなわけで、とても楽しい一日でした! 
だけどなんていうか…最初、黒川が軍服っぽいので来た時は…私は本当に怒っちゃったのね。 
だって、昨日あれだけ変なので来るなっていったのに!とか、私はディズニーランドが好きだから、ここに軍服なんかで来ようとする神経が分からない!とか…本当に。 
 
だけど、後で黒川さんに
「どうしてロンメル将軍で来たの?」と聞いたら、それは、前に藤村さんが軍服が好きだ、と言ってたから、という答えが返ってきて…。ああー!本当に悪いことをした、と思った! 
黒川なりに私に気を使ってくれたり、楽しませようとしたり、考えてくれてたんだな…。で、その過程で「ディズニーに行く」という状況はスッポ抜けちゃったのか…今、全部つながったよ! 
 
私が喜ぶと思ったんだ…それなのに頭ごなしに怒ってどれだけ傷つけただろう…。 
本当にごめん…!お前さんの軍服姿は別のところで見せてくれ! 
 
ちなみに、軍服っつっても私が好きなのは
フランスの銃士隊のヤツよ! 
ルイ14世期の!あのアラミスとかダルタニアンが着てる奴よ!! 
 
 
最終的に、黒川さんにも楽しんでもらえたようで本当に良かった! 
なんだかまとめ切れていなくて申し訳ありません! 
 
ちなみに、黒川さんは胸にグーフィーの保安官バッジを着けているのを忘れて、そのまま山手線に乗ってました。 
彼はいまだに
「Clare Voince」の意味を考えているようですが、正解は「clairvoyant(千里眼)」のもじりです。これはこの単語を知らなきゃ絶対出てこない!(笑)でも、奴なら近いうちに自力で答えを出せそうだ! 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
 
◆日曜のイベントには多分行けると思います! 
◆そして、前々回の「だれか一緒にギリシャ行かない?」に反応して下さった方々、どうもありがとうございます。 
しばし検討してからお返事を差し上げたいと思っております。 
 
拍手やメールなどどうもありがとうございます! 
お返事が遅くなっていて申し訳ありません!! 
お返事は一個前の日記に書きますね!少々お待ちください!  
 

>> ツッコミ


管理人:藤村シシン

ギリシャ神話、古代ギリシャ史、
そしてアポロンを追い求めています。

連絡先: t-t-moon*ypost.plala.or.jp
(*をアットマークに変えて送って下さい)


★よく出てくる宿敵「黒川君」については
【黒川wiki】をご参照下さい。


書籍『古代ギリシャのリアル』発売中。






各種リンク

twitter
(基本的にここにいます)


「藤村一味」まとめ
(学校では教えてくれない古代ギリシャ、
呪術ナイトなどのトゥギャッターまとめ)


twilog
(ツイッターのログ)

(ピクシブ)


私のサイト(ギリシャ神話の創作とか)

2009. 2. 28 【前哨戦?】ホワイトデーは死....
2009. 2. 27 【結果編】対黒川・バレンタイ....
2009. 2. 25 NO SITE, NO LI....
2009. 2. 24 黒川Tシャツ傑作選@ +拍手....
2009. 2. 14 対黒川・バレンタイン大作戦!....

2009年 2月
SunMonTueWedThu FriSat
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28





| 携帯用 | | RSS | | 検索・カテゴリー | | Home |

++ Powered By 21style ++