エペメリス・シシナス・フジムラス


 

2009. 5. 29
      【決戦当日:後半】アポロンの誕生日会戦!六本木の攻防 
〜黒川の攻撃:「アポロンの童貞喪失」〜

※前日の日記から続いてます!アポロン好き注意。 
 
→続き 
 
黒川「…この辺りに、ひとけの無い場所ってありますかね…?」 
 
――この言葉を受け、東京ミッドタウンの公園にやってきた私たち。 
 
私「さあ、着きましたよ。…何をするつもりですか?」 
 
黒川
「決まっています。あなたにお渡しするんですよ!『お金のかかってない、形のないモノで、それでいてアポロン関係の物』をね!!」 
 
――そう言うと、脱兎のごとく明後日の方角に走り出す黒川!! 
 
「えっ…!?ちょ、ちょっとどこ行くの!?黒川さん!?黒川さぁああーーーんっ!!!」 
 
 
【決戦当日:後半】アポロンの誕生日会戦!六本木の攻防  
〜黒川の攻撃:「アポロンの童貞喪失」〜
 
 
…いきなりどこかへ走り去ってしまった黒川さん。 
仕方がないので、帰ってくるのを待っている間、 
私は近くのベンチに腰を下ろし、 
一体黒川が何を仕掛けてくるつもりなのかを考えることに。 
 
――
『お金のかかってない、形のないモノで、それでいてアポロン関係の物』…。 
 
そんなものが本当に用意できたとでも…? 
 
もう一つ。私が放ったスパイ・後藤がつかんだ情報では、 
黒川は
「ピンダロス」関係の本を読みあさっていた、と。 
 
ピンダロス…アポロンが最も愛した詩人。 
そして私の専門分野……一体…。 
と、その時! 
 
 
――ブルルルブルルル…
(←携帯のバイブ音) 
 
「!!…はい、もしもし?黒川さんですか?!もう、一体どこ行っちゃったんですか?!早く戻ってく…」 
 
黒川
『…アポローンの君!!わが唇にご降臨あって、アイオリス風の一節を授けたまえ!!』 
 
――……、
…あ? 
 
 
黒川
『♪っんエテ〜ロぉおおっ・かるかーすぺいだ!ピュティオニ〜カン!』 
 
っ何!?何だ!?何が始まったんだ!!? 
この金切り声なんなの!!お得意のヘビメタ!?
 
 
黒川
『♪シーュン・バテュゾーノイシン・アンゲっロぉおおー〜〜ン!!』 
 
――いや違う…これ…ギリシャ語!? 
これ…古代ギリシャ語の歌だ…!!六脚のリズムの歌…!! 
 
黒川
『♪ターン・ホ・カイターエイス・アネモスパーラゴーン・エン・パリウー・コルポーン・ポテ・ラトイダス』 
(――その彼女をかつて、レトの子なる長髪の神アポロンが、ペリオンの風音とどろく山ひだより、連れ去った)
 
 
 
――ピンダロス!! 
ピンダロスの歌だ!!ピンダロスの…ああっ思い出せ…! 
このシーンは…そう、確か…アポロンが… 
アポロンが童貞を喪失するシーンだ!! 
 
え!?ちょっと待って黒川さん…まさか…
 
 
黒川
『♪お話ししよう、アポロンとキュアネの甘美なふしどに、どのようにして愛すべき恥じらいが投げ広げられたのかを!』 
 
こいつ…アポロンの最初の口説き文句を今ここで再現するつもりなのか!? 
 
黒川
『♪それは、幅広の矢筒を持つ遠矢の神アポロンが、影の濃い山奥で彼女に遭遇した時のこと、』 
 
「!ダメだ!黒川さん!!やめて!歌っちゃダメだ!!」 
 
黒川
『♪すぐ神は彼女に声をかけ、その住まいから呼び出した、いわく…』 
 
やめてくれぇぇぇエエーーーーっ!!ダメだ!!その先のこっ恥ずかしいセリフは歌っちゃダメだぁあああああーーー!!!! 
 
 
黒川(アポロン)
…♪乙女よ、お前はどうしてこんなところに住んでいる? 
どの一族から引き離された? 
どの人間がお前を生んだのだ? 
 
私の名高い手でお前に触れてもかまわないか? 
お前のふしどから蜜のように甘い草葉を摘むのは許されているか?』
 
 
 
 
――こいつ…この台詞をシラフで?! 
 
”私の名高い手でお前に触れてもかまわないか?お前のふしどから蜜のように甘い草葉を摘むのは許されているか?” 
こんな言葉を、お前はこの東京ミッドタウンで…このコンクリートジャングルのど真ん中で叫んだのか!!? 
 
っていうかそれ以前にアポローンの君が音痴すぎるんだけど!! 
全っ然アポロンはお前の唇にご降臨あそばしてないぞ黒川!!!
 
 
 
 
黒川「♪……」 
 
――と、一瞬黒川の歌に間があったので、 
「あれ?もしかして続くキュアネの言葉は私がやるのかな?そうか、それを求められてるのか!」と思って、 
 
私(キュアネ)
『…♪フォイーベ・カイ…』 
      (フォイボス・アポロー…)
 
 
黒川(キュアネ)
『♪フォイボス・アポローンよ、神々においても、人間においても、甘美な一夜を初めて我が物にするのは恥ずかしいものです。』 
 
…ってお前が言うのかよ黒川!! 
 
黒川(キュアネ)
『♪実際、虚偽に触れることは許されていないはずの貴方も、甘い衝動に駆られてそのような偽りの言葉を口にした。私の生まれれはどこかとお尋ねになるのか、アポローンの君? 
物事すべての定められた結末をご存じの貴方が?』
 
 
童貞がお前でツッコむのもお前かよ!? 
何その放火魔が第一発見者みたいな!! 
お前が言ってお前が手柄か!!
 
 
「…ほんっともうやめてーー!!黒川さんーー!!っそりゃあアポロンだって初体験でいきなり『セックスしよう!』とは言えないんだよ!そりゃあ嘘だってつくさ!!」 
 
もうほんとにやめてくれぇええーーーー!!! 
 
…私の希望に反し、この電話口での狂宴は、アポロンとキュアネの子供が生まれて 
その子をヘルメスが取り上げるまで続いた――… 
 
歌が終わって、しばらくすると、黒川さんが息を切らしながらこちらに走ってきた。 
 
 
 
黒川「どうでした〜〜!?」 
 
私「………ふっ…ふふふふっアハハハハハははは!!!」 
 
黒川「な、なんです、急に笑い出して!!?」 
 
「ヒーーッ!…なんか今の一連の流れが…っブフッ!!もう私のツボにはまっ…っああ〜〜!!アハハハ!!もう、もう一回…!!もう一回、さっきの、アポロンのセリフ…っ、歌ってくれませんか?!」 
 
黒川(アポロン)「…
『♪私の名高い手でお前に触れてもかまわないか? 
お前のふしどから蜜のように甘い草葉を摘むのは許されているか?』
」 
 
 
もうだめーーっ!! 
アポロン、自分で自分のこと「名高い」って言ってるーーっ!! 
「お前のふしどから蜜のように甘い草葉を摘む」って…なにそれ!?どういう意味なの!?どういう状況なの!? 
っていうか黒川、お前その気持ち悪いTシャツ何だよ!
 
 
もう何かもが面白い!! 
 
なんかアポロンすげえ童貞じゃない!? 
アポロンから未だかつてない童貞臭がするんだけど!!
 
 
アレ!?これ日本語の問題じゃないよね!? 
 
 
Is it lawful to lay my renowned hand on you? 
  And to cut the honey-sweet grass of your bed...?
 
  
ダメだーーっ!!英語で聞いても面白いもん!! 
あなたのベッドからハニースウィートな葉っぱを摘むのはロウフルですか? 
――
何言ってんの!何言ってんのよアポローンの君!!
 
 
 
「アっハ!!アハハハ…ゴホッ!!オウェっ…ヒーーーッ!ヒーーッ!」 
 
黒川「…すみません、僕、選択を誤りましたか?このシーン、ピンダロスの中であなたが一番好きなシーンだろうと確信してたのですが…」 
 
私「好きです!めちゃくちゃ好きですよ!!」 
 
黒川「…でも、僕は感動で泣かせてやる!くらいの意気込みだったんですけど…」 
 
…だから泣いてるじゃん!!笑いという名の感動で!! 
 
黒川「はぁ…僕の負けでしょうか」 
 
何言ってんの!!? 
 
「アポロンでここまで私を笑わせたのは黒川さんが初めてです。そしてたぶんこの先もないでしょう!私の負けです!全面降伏です、黒川さん!!」 
 
黒川「えっ…!」 
 
私「…だからお願いです、もう一回だけ、アポロンの台詞を…!!」 
 
黒川「…
『♪私の名高い手でお前に触れてもかまわないか? 
お前のふしどから蜜のように甘い草葉を摘むのは許されているか?』
」 
 
…もうダメだわ、コイツとアポロン、今私の中でチャップリンに並ぶ地位だわ。 
 
 
 
その後も、「ダメだ、私、今日は『アポロン』っていうワードを見ただけで笑う」という状況になった私に対して、 
 
黒川「じゃあ、真面目な映画でもどうです?『天使と悪魔』観ませんか?藤村さんも好きですよね?」  
  
で、一緒に観にいってしまったのですが… 
 
映画が始まって、照明が落ちた瞬間、 
黒川のTシャツが
 
 
 
 
ボワ〜〜〜。 
 
(!!光ってる!めっちゃ光ってる!!そうだっ、私、これ暗闇で光るヤツにしたんだった!!ブフっ!!ククク…!ダメだ…笑っちゃダメだ!!) 
 
しかも、黒川さん自身もそれに気づいて、 
 
黒川
(ウワっ!?なんだこれ!?めっちゃ光ってる!!) 
 
――と、わたわたしていたのがもう本当に面白かったです!! 
しかも映画の背景にチラチラ出てくるアポロンにも思い出し笑いしそうになったり!! 
 
ああ〜もう本当に!!ダメだってこんなの!!! 
ああっアポローンの君、私の唇にご降臨あそばして、この男を賞賛する最高の一節を授けたまえ!!
 
 
――『お金のかかってない、形のないモノで、それでいてアポロン関係の物』! 
本当に、最高のものをありがとう!! 
 
なんだか黒川さんは不本意見みたいでしたが、あなたの六脚韻の正確さは素晴らしかったし、ギリシャ語の発音も本当に素晴らしかった!ちょっと音痴だったけど…。 
でもアポロンと黒川の交錯が…!! 
その二つの魂のハーモニーが本当に面白かったのよ!!
 
 
笑ってごめんね!!でも黒川さん、その面白さには誇りを持っていい!! 
だって、誰もそんなことできないよ!! 
六本木のど真ん中で、あの難しいピンダロスの歌を歌いあげることは 
お前以外の誰にもできない!!
 
 
本当に全面降伏だよ、黒川さん!!
 
 
 
アポロン『♪――乙女よ、お前はどうしてこんなところに住んでいる? 
      どの一族から引き離された? 
      どの人間がお前を生んだのだ? 
      私の名高い手でお前に触れてもかまわないか? 
      お前のふしどから蜜のように甘い草葉を摘むのは許されているか?』 
 
キュアネ『♪フォイボス・アポローンよ、 
      神々においても、人間においても、甘美な一夜を初めて我が物にするのは恥ずかしいもの。 
 
     ♪実際、虚偽に触れることは許されていないはずの貴方も、 
      甘い衝動に駆られてそのような偽りの言葉を口にした。 
     ♪私の生まれれはどこかとお尋ねになるのか、アポローンの君? 
      物事すべての定められた結末をご存じの貴方が? 
      物事のありとあらゆる道筋を、よく見通しているはずのあなたが? 
 
      だが、聡明なお方の向こうを張れと言われるなら、 
      お話しましょう。 
 
      あなたは私の夫になるべくこの谷間にやってきた――。』 
 
 
勝てないって!こんなのに!!(笑) 
本当は全部知っているのに、童貞で恥ずかしいからウソついて聞いちゃう、っていうこの初々しいアポロン!いやーアポロンにもそんな時期があったんだね! 
それにこの神話はアポロンの恋愛譚にしては珍しく…うん、
珍しくハッピーエンドだ!! 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
――そんなわけで、一か月に及ぶ、私と黒川さんの戦い、いかがだったでしょうか? 
本当に、黒川さんの歌の魅力を100パーセントお伝えできずにすみません。少しでも私の興奮がお伝えできていればいいのですが…! 
 
 
てなわけで…あーもう29日の朝か…。 
――先に宣言しておく。
明日の5月30日の「彼」の誕生日は…たぶんちょっと遅れる!!だけど、ホラ、時差がね…?日本とギリシャだと時差があるじゃん。10時間くらい。10時間から1週間くらいの時差があるじゃん! 
だからちょっと遅れは許してくれ!サガ様!!今から本気出す!! 
 
くそーどうして5月後半はこんなにいっぱいいっぱいなんでしょう! 
そうか…去年は、アポロンの誕生日5月22日だと思ってたんだよね(笑)、だからサガ様の誕生日まで間があったんだ…。27日と30日て!中3日はキツいだろ!!どうなってんだ… 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
<補足> 
◆「っていうか黒川さん、なんでわざわざ電話越しに歌ったの?」→やっぱり目の前で歌うのは恥ずかしいから。 
 
◆ピンダロスの歌は黒川リミックスバージョンです。本当はアポロンは直接キュアネを口説いたんじゃなくて、一度半人半馬のケイローンに相談しています。
ほんと童貞ですね。そんなアポロンも微笑ましいです。あと色々スペースの都合で私が短くまとめています、本当は5分くらい延々歌ってたぞ、黒川さん。 
 
◆あーもっと補足することあるよ…!!だけど、日記の字数制限8000字オーバーで書けねえ!無念…! 
 
◆スペシャルサンクス…はなこさんと彼氏さん、お二人のおかげで私たちは六本木駅で迷うことなく待ち合わせできました。あと公園にも…!ありがとうございました!またこんど遊びましょう!! 
 
◆アポローンの君すみません。 
 
 
拍手ありがとうございます! 
コメントもどうもありがとうございました! 
お返事、少々おまちください! 
  
 

>> ツッコミ


管理人:藤村シシン

ギリシャ神話、古代ギリシャ史、
そしてアポロンを追い求めています。

連絡先: t-t-moon*ypost.plala.or.jp
(*をアットマークに変えて送って下さい)


★よく出てくる宿敵「黒川君」については
【黒川wiki】をご参照下さい。


書籍『古代ギリシャのリアル』発売中。






各種リンク

twitter
(基本的にここにいます)


「藤村一味」まとめ
(学校では教えてくれない古代ギリシャ、
呪術ナイトなどのトゥギャッターまとめ)


twilog
(ツイッターのログ)

(ピクシブ)


私のサイト(ギリシャ神話の創作とか)

2009. 5. 30 サガ様からのプロポーズ
2009. 5. 29 【決戦当日:後半】アポロンの....
2009. 5. 28 【決戦当日:前半】アポロンの....
2009. 5. 27 超取り急ぎだけどお誕生日おめ....
2009. 5. 24 【私が贈るもの】アポロンの誕....

2009年 5月
SunMonTueWedThu FriSat
- - - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- - - - - -





| 携帯用 | | RSS | | 検索・カテゴリー | | Home |

++ Powered By 21style ++