エペメリス・シシナス・フジムラス


 

2009. 8. 4
      黒川ポッ太と賢者の石〜古代ギリシャ語訳ハリポタ〜

※ちょっとだけハリポタ1作目:「ハリー・ポッターと賢者の石」のネタバレあり。 
 
――突然ですが、
「ハリー・ポッターと賢者の石」が 
古代ギリシャ語訳版で出版されていることをご存知ですか?
 
 
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/158234826X/249-4251592-3083548 
(古代ギリシャ語版ハリー・ポッター) 
 
…これを知って私は「こんなもん読むの一体どこの変人だよ!」と爆笑していましたがいました、身近に。 
 
黒川「藤村さん!僕、昨日やっとハリポタ読みました。古代ギリシャ語で。」 
 
 
お前かよ!!!! 
…そんなわけで、この日記でもおなじみの、 
Tシャツの文字がいつも変なギリシャ語の男・黒川さんですが、 
 
 
私「読んだのハリポタ!?…古代ギリシャ語で!?」 
 
黒川「はい。とても面白かったです。
僕はシナプス先生が一番好きでした。」 
 
……シナプス先生って誰? 
そんな奴いないぞ!ハリポタ好きの私が言うんだから間違いない!!そんな脳みその神経細胞みたいな名前の先生はいない!!!
 
 
私「え?え…??ちょっと確認させてほしいんだけど、古代ギリシャ語版で主人公の名前と本のタイトル言ってみて。」 
 
 
黒川
『ハレイオス・ポテール・カイ・ヘー・トゥー・フィロソフュー・リトス』です。」 
   
(ハレイオス・ポテールと賢者の石)
 
 
 
どなたよ?ハレイオス・ポテールって? 
…ああっ!?まさか…!そうか!!古代ギリシャ語だと、文法上の都合で、男性の名前はSかRかNでしか終われない!
 
(ほら、ギリシャ神話でも、男の神様は全部SかRかNで終わるじゃん!) 
だから、Harry(ハリー)っていう名前は無理なんだ!! 
 
 
私「…読めてきましたよ。
古代ギリシャ語に沿うように、登場人物の名前が改変されてるんだ?で、そのハレイオスとやらがハリーの事なんですね?」 
 
黒川「そのようです。」 
 
私「…とすると、そのシナプス先生とやらは…?」 
 
黒川「シナプス先生はシナプス先生です。
セウーエロス・シナプス先生ですよ!」 
 
いやだから、そんな苛立たれても 
セウーエロス・シナプスに全く聞き覚えがないのよこっちは!!
 
 
私「もっとヒント出してっ!」 
 
黒川「あの、ほら…
アテナ先生とよく一緒にいて…」 
 
アテナ先生っ!? 
また聞き覚えないのが出てきたっ!!
 
 
黒川
「ヘルミオネーがトイレで襲われた時に、アテナ先生と一緒に駆け付けてくれた人で…」 
 
 
――今、ギリシャ神話の話してるんじゃないよね? 
ハリポタの話してるんだよね?
 
 
なんかギリシャ神話に出てくる名前ばっかなんだけど…!! 
ヘルミオネーにアテナ…!? 
 
私「…あっ、一個分かった!
ヘルミオネーってハーマイオニーのことか!Hermione(ハーマイオニー)はギリシャ神話のヘルミオネーの英語読みだもんね。」 
 
とすると、アテナ先生って言うのは…? 
アテナはラテン語読みで「ミネルバ」… 
 
マクゴナガル先生のフルネームが 
ミネルバ・マクゴナガルだった気がする…! 
 
アテナ先生=マクゴナガル先生! 
とすると!セウーエロス・シナプス先生ってのはまさか…!! 
 
 
黒川
「それと…ああ、ほら!ケルベロスに足をかまれてて…!」 
 
分かったッ!! 
その一言で完全にわかったっ!! 
セウーエロス・シナプス先生は!! 
 
「セブルス・スネイプ先生だろ!!?」
 
 
 
セブルス 
(厳格な/冷酷な人) 
 
っていうラテン語の名前の意味をそのままギリシャ語にうつして「セウーエロス」なのね!!なるほどーっ!! 
 
私「私もスネイプ先生…ってか、シナプス先生一番好きです!!」 
 
 
ようやく分かってよかったよ…!! 
なんか
ハリーはハレイオスとかわけわかんない事言い出すからさあ!! 
 
黒川「それなんですけど、僕、どうしても『ハレイオス』って聞くと『アレイオス(アレス的な)』って言葉を思い出しちゃってですね…」 
 
曰く、主人公の「ハレイオス」という名前は、大文字で綴ると、 
ΑΡΕΙΟ 
(ハレイオス)
。 
 
でもこれって、
「軍神アレスのような人」を示す 
 
ΑΡΕΙΟ 
(アレイオス)
 
 
綴りが全く同じなんだよね。 
 
 
黒川
「…だから、主人公のハリーは、アレスのように筋肉ムキムキの人物をイメージしちゃうんですよね」 
 
 
……なんかお前…全然違う景色見てるぞ。 
ハリーはいじめられっ子で筋肉とか全然ないぞ…。
 
 
私「…もしかしてスネイプ先生もマッチョの体育会系とか思ってませんよね?」 
 
黒川「それは大丈夫です。名前のとおり『厳格で冷酷な』人ですよね。
ちょっと陰険でジメジメしてる感じの…」 
 
 
……ってかさ、私、黒川さんって前から誰かに似てる、と思ってたんだけど… 
もしかして…スネイプ先生じゃね??
 
 
「黒川さん、ちょっとそこのドアから入ってきて、スネイプ先生の台詞言ってくれませんか!?映画で初めて登場するシーンの台詞なんですけど!!」 
 
 
――……… 
 
バァーーンッ!!(ドア音) 
 
黒川
『…この授業では杖を振りまわしたり、ばかげた呪文を唱えたりはしない。』 
 
カツカツカツ(靴の音) 
 
 
黒川『いいかな。魔法薬調合の微妙な科学と芸術的な技を 
   諸君が理解できるとは期待していない。 
   だが、一部の素質のある選ばれた者には伝授してやろう。 
 
     (マントバサァ!) 
 
   
の心を操り、感覚を惑わせる技を。 
   名声を瓶の中に詰め、栄光を醸造し、死にすら蓋をする術を…。
 
 
 
 
 
――次の闇の魔術に対する防衛術の先生はお前で決定!! 
 
いい!すごく雰囲気はあった!! 
ああ〜だけど!スネイプ先生の内に秘めたものを表現するにはまだまだ!!それにはもう生まれた時から紅天女の役作りしてるような演技派じゃなきゃ到底無理だな!!
 
 
 
――と、今日はハリポタの話ですみません! 
あまりにも古代ギリシャ語版のハリポタが気になったので…。 
 
だって無理じゃない!?
ハリーとか全員、アポロンみたいな硬ーい言葉でしゃべってんでしょ!? 
 
それに古代ギリシャ語は事実をありのままに伝えるのには適した言語だけど、 
自分の気持ちとかを伝えるのには不向きな言語だと思う!! 
ハリーの心象描写とかどうしてるんだろう? 
 
…と、黒川さんに聞いてみても、
「いや、古代ギリシャ語じゃないハリポタを読んだことがないから不自然がどうかが分からない。」 
 
あーダメだよな!黒川さんの頭の中のハリーはアレスみたいなマッチョ男だもんな!!
 
 
だけど「ハレイオス」は確かに紛らわしい!と思う! 
ΑΡΕΙΟ 
って書かれたら私も絶対「アレイオス」って読んでしまう…。そして絶対に筋肉ムキムキのアレスを連想する…。 
 
でも、「車」とか、「汽車」とか、古代ギリシャ語にはない言葉の訳し方が面白かった、とのことで、ちょっと読んでみたい気もする。 
だけど私が読んだら1ページ3時間くらいかかるんだろうな…悔しいけど…!! 
 
あと、上にも出しましたが、人物名をかなり試行錯誤しているみたいです。 
ロンが…なんだっけ?
「ザクロの野」?みたいな意味の名前になってた、と言ってたな…。よく覚えていないけど…。 
 
 
それと今まで気付きませんでしたが、ハリポタってけっこうギリシャ神話から 
登場人物の名前とってるんですね。 
「ロクシアス」(アポロンの異名)とかいたもんね…。 
 
でも、古代ギリシャ語版でもスネイプ先生のかっこよさというか、ヘタレっぷりというかが健在で嬉しいです!! 
いやースネイプ先生いいよ…!何もかもがいい! 
 
以下、スネイプ先生について無駄に語りますが、 
最終巻までネタバレなので反転しておきます。 
 
私は最初はスネイプ全然好きじゃなくて、シリウスが一番好きだったのですが!もうさあ、最終巻でスネイプ先生のあの生きざまを見せつけられたらもう…!!もうだめじゃん…!! 
 
これスネイプ先生が主役の話だろ!?「セブルス・スネイプと賢者の石」だろ完全に!? 
――ってくらいに私の心は先生に持っていかれた…。 
 
心の中に永遠に愛した女を抱き続けて…とか悲しすぎる。信じられん。あんないい男いたの!?ってかんじだ!
) 
 
あと私は、シリウス・ブラックが好きなんだ!! 
とりあえず1巻ではほぼ出番がなかったと思うので、黒川さんにはぜひ継続して読み進めて頂きたい!! 
シリウスは、黒川さんが読んでる方で言うところの
「セイリオス・ホ・メラス」という人だぞ(笑)。 
 
 
ところで、映画「ハリー・ポッターと謎のプリンス」をまだ見に行ってないので、早いとこ見にいきたいです! 
 
 
拍手ありがとうございます! 
そして、コメントもどうもありがとうございます。 
お返事もう少々お待ち頂けると嬉しいです。 
  
 



管理人:藤村シシン

ギリシャ神話、古代ギリシャ史、
そしてアポロンを追い求めています。

連絡先: t-t-moon*ypost.plala.or.jp
(*をアットマークに変えて送って下さい)


★よく出てくる宿敵「黒川君」については
【黒川wiki】をご参照下さい。


書籍『古代ギリシャのリアル』発売中。






各種リンク

twitter
(基本的にここにいます)


「藤村一味」まとめ
(学校では教えてくれない古代ギリシャ、
呪術ナイトなどのトゥギャッターまとめ)


twilog
(ツイッターのログ)

(ピクシブ)


私のサイト(ギリシャ神話の創作とか)

2009. 8. 20 ギリシャ神話オフ会 + 黒川....
2009. 8. 14 【黒川の誕生日大戦!】〜対黒....
2009. 8. 04 黒川ポッ太と賢者の石〜古代ギ....
2009. 8. 02 ギリシャ旅行で興奮したこと

2009年 8月
SunMonTueWedThu FriSat
- - - - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- - - - -





| 携帯用 | | RSS | | 検索・カテゴリー | | Home |

++ Powered By 21style ++