++デニマス気まぐれ日記++

11月 30日(金) 玉津交差点工事完工✌
11月 29日(木) 新入荷ボトル・富士山麓樽塾原酒50°(終売)
11月 28日(水) ラストバーゲン
11月 27日(火) ちょっと待った!その自動車税改革
11月 26日(月) 新入荷ボトル・虎斑霧島
11月 25日(日) ポケット
11月 24日(土) 再び大阪万博がやってくるよ
11月 23日(金) 冬が始まったよ
11月 22日(木) 季節限定カクテル・ゴールドゴーン
11月 21日(水) スタモス復活
2018年 11月
 日 月 火 水 木 金 土
- - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
-

 

2018年11月27日(火)  ちょっと待った!その自動車税改革
 
自動車税の引き下げを政府が検討。という話に期待していたのだが… 
 
どうもそれは地方切り捨て。流通業者泣かせ。弱者救済にはならないようなとんでも改革になって行きそうな感じ。 
 
若者の車離れは著しく、このまま行けば自動車保有台数は右肩下がりが確実視。 
 
そこで今の排気量による課税から、走行距離による課税方式に舵を切ろうという話が出ているみたいだ。 
 
時代の流れはダウンサイジング。 
 
大排気量の車はどんどん少くなっているし、売れなくなっている。 
 
その反対でリッターカーや、軽自動車は専らこの世を謳歌。 
 
今のままの税制では税収ダウンは避けられない見通し。 
 
なら取れるところから取ろうという事だろう。 
 
地方では車は日々の生活に欠かせない方が大多数。 
ですから走行距離はそれなりに嵩みます。 
 
そんな状況なのに課税方式を走行距離に応じてだなんてふざけるな!! 
 
維持費が安いということで乗っている車をも奪うことになりかねないこの改悪は断固反対ですわ。 
 
ま、その走行距離の設定税額にもよりますけど。 
 
でも毎日乗ってる方なんかは多分増税になるとは思いますが。。。 
 
こんな案が出てくること自体、全く地方のことなんて分かってないと言うことだ。 
 
よぅ分かったわ。無能で無策しか出さない人しかいないと言うことを。 
 
..11/28(水) 2:57
  

この税制になると日本だけで通用していた軽自動車を販売する意味は無くなりますね。
oroh ..11/29 0:15(木)

orohさん、でもこの税制の弱点は実は自動車税の廃止とも取れる所があります。
走行距離はどうやって調べるのか?ってとこ。
自己申告?もしそうなれば走ってませーんって言えば税金払う必要なし。
では自己申告でなければどうやるの?毎年1台1台役所の方がチェックする?
非現実的なので無理だと思うのですが…

重量税はこのままでいいとしても、自動車税の排気量で分別は廃止して普通に自動車所有税でいいんじゃないかと。
年額12000円ほどにしてもらう代わりにガラパゴスな軽四規格も廃止して安全性能を高め、世界に輸出出来る車にしてしまえばいいかと思うのですが。
自動車はこれからも重要な産業であって欲しいので衰退させたくはないからね。
デニマス ..11/29 3:00(木)

>> 返信

<<BACK 26日 新入荷ボトル・虎斑霧島

NEXT>> 28日 ラストバーゲン


| 携帯用 | | RSS | | 検索 | 

++ Powered By 21style ++