++デニマス気まぐれ日記++

3月 31日(日) 新元号をフラインクゲット!!
3月 30日(土) 虎豆
3月 29日(金) 新入荷ボトル・ニッカ12年。そして…
3月 28日(木) エアコン無償交換?!
3月 27日(水) 開通までカウントダウン5
3月 26日(火) 復旧
3月 23日(土) BIGRainbow
3月 22日(金) マカダミアナッツ入荷
3月 21日(木) ビンディング
3月 20日(水) 新入荷ボトル・ワイルドターキー ロングブランチ
2019年 3月
 日 月 火 水 木 金 土
- - - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- - - - - -

 

2019年3月11日(月)  8年
 
あの忌わしい大厄災から8年という月日が経ちました。 
 
報道はこの日の数日前に特集を組むだけの簡素なものになり、あの震災はもう終わってしまったかのような風潮にも感じられます。 
 
今ももっともっと苦しんでいる方達が被災地や避難した土地でいると思うのに、世間のこの温度差は歯痒くも悲しくも感じられるのと同時に時間の経過というのは残酷であり、時間しか解決出来ないこともまた事実でもある。 
 
水を入れたコップに泥を入れて混ぜれば濁りますが、時間の経過とともに泥は沈殿して分離し元の姿に戻ります。 
 
でも本当はその沈殿した泥を全て取り除かなければ本当の姿には戻ったことにはなりません。 
 
だけど時間が経過で上澄みは元に戻ったとしても沈殿した泥を取り除くことは人には不可能。 
 
無理に取り除こうとすれば掻き回してしまって再び汚れてしまう。 
 
一番触れてはいけないところは静かに見守ってあげるのが大事なんじゃないかなと。 
 
この時だけクローズアップされて報道される被災者の気持ちを考えると… 
明日になれば違うニュースが世間を騒がしているかもしれないのだから。 
 
その時だけ同情されるのってこの故なく残酷過ぎる。 
 
今の現状を知る為には必要な事ではあるけれど、それならこの日だけに囚われないような取材と報道で定期的でいいので配信してもらえると有難いです。 
 
被災者に寄り添うってことはそんな事だと思うから。 
ガンバロウ日本! 
..3/12(火) 3:45
  

>> 返信

<<BACK 10日 マスカレードホテル

NEXT>> 12日 平成30年度営業成績は…


| 携帯用 | | RSS | | 検索 | 

++ Powered By 21style ++