| ホーム | RSS | 携帯用 |

新潟ラーメン
野良屋さんの
新潟ラーメン見聞録


月刊にいがたタウン情報誌にて連載ed




そしてついにっっっ!
【野良屋さんの新潟ラーメン見聞録】
が別冊本になりました!!

過去6年間に及ぶ集大成。
数量限定、売り切れ必至、(かも?)
県内の本屋さんかコンビニで。
『買って見るベシ!!』(キッパリ)




≪新潟県内のラーメン食べマクリ掲示板≫
画像添付は100KB以下で御願い致します。
投稿されたテキスト及び画像は管理者の所有とします。
美味しい報告をメインにし、惨めでクソ不味い投稿は却下です。
管理者権限で予告無しに編集や削除する事があるので注意が必要です。

当掲示板では「自由な投稿」などは存在しません。
流れを読み、モラルとマナーを理解できる人のみ投稿を許可します。
尚、携帯電話からの投稿は受け付けておりませんので悪しからず。

当方は、県内でもBIG有名で信用のおけるラーメンサイト↓
新潟ラーメンナビゲーター
と、業務提携を結んでおります。

☆☆☆御多忙なラーメン屋店主さん達も、遠慮なく御活用ください☆☆☆

名前  
Mail   URL
背景色
文字色
タイトル   簡単タグ入力
添付  
フォームに保存  プレビュー       削除キー(半角英数字) 
 左の画像内の数字を入力して下さい 




▼  【月岡大明神信者会便り】 2019年3月号 [返信
野良屋    ++ ..2019/03/13(水) 01:52 [3443]
  クリックで拡大表示 ( .jpg / 112.2KB )

 ↑コレは、トリキチ君もビックリ?!

お〜待たせ致しました!!
今期は酒粕ナンタラの影響で春限定が無いと思ったら??
流石は月岡大明神、しっかりと春限定を用意して下さいました!!

「またそのノリかよ、」なんて思わないで!!
やはり凄いです、感涙に咽ぶほどの素晴らしい美味さです。
これはもはや、予想外の想定外の期待以上の旨さなのだョ諸君!!


14日の木曜日から夜の部限定数量限定超限定!!
≪春の便りの、上越さわらそば≫

そう、この近海では春の風物詩、鰆を使ったラーメンとなります。
まぁ厳密にはサゴシか、もっと若いサワラなのですがネ。
その希少価値の鰆干しを更に焼いて臭味を取り、丁寧に出汁を抽出します。
それを鶏スープと合わせ、各種秘伝の秘密の塩ダレで仕上げました。
最初の一口からトンデモナクありえない旨味滋味の芳醇スープですっ!

見ての通りにトッピングは別皿で提供されます。
ワタクシ的には、トッピング無しでも十分価値ある逸品だと申し上げる。
サワラスープがメインで、トッピングは箸休めだと思えばよろしぃ。

だが、右にあるオレンジの薬味??
あまりにも的を射すぎて感激してしまった。
コレも春の味覚、遠い南国のデコポンを使った柑橘胡椒です。
ユズやレモンほど刺激的でなく、甘い風味に唐辛子辛さが利いた超薬味。
最初はチャーシューなどで巻いて食べると「んほほぉ〜。」となり?
途中でスープに投入しますれば「なななんと!!」となる事ウケアイ。

今までも何度も神味だ異次元だと言って来たが、更に上行く天界味!
この店はネ、こんなにも凄い味を作れるんですよ。
ゼニカネでない、仕事だ家庭だでもない、食わねば人生大損なのである。


大切な事なのでもう一度言います。
14日の木曜日から夜の部限定数量限定超限定!!
あごすけプレゼンツ、春を先取り、日本海から届いた朗報。
≪春の便りの、上越さわらそば≫ 食うベシ!!(キッパリ)



では、今月も良いアゴライフを。

≪あごすけブログ≫
http://cat.lolipop.jp/agosuke/

〜つづく。


[3444] 【月岡大明神信者会便り】 2019年3月号
野良屋    ++ ..2019/03/13(水) 02:36
 
クリックで拡大表示 ( .jpg / 81.9KB )

あ、あまりに嬉しくて書き忘れてました。

絶賛発売中の≪越後甘海老蝦醤麺≫は昼のみとなります。
今の限定が終わったらまた夜の部も復活するかも知れませんが?
とりあえず重要な告知でした。


【!!ご注意!!】
あまり知られてないと思いますが、この見聞録板と、あごすけブログの事。
これらはワタクシ個人が有料でサーバーを借り、無料無償で運営してます。
あごすけは勿論、美味しいラーメンが好きだからこその完全無償です。
対価を求めるとしたら、もっともっと美味しいのを食べたい。
と、そんな美味しい素晴らしいお店を、もっともっと知って欲しい。
それが私、ずっとずっとラーメン普及斡旋活動してる故の願いです。

お友達ゴッコの場に使って欲しくないですし、
店主と馴れ合いゴッコのネタ提供にも使って欲しくないです。
情報漏洩など論外、「ゴッコ」程度の点数稼ぎのスパイ活動は言語道断。

ではさて、
あごすけの賢明な信者の方々、熱意あるファンの方々はどう思います?
お店が表に出さない様な業務上機密事項まで他店にリークされてるとしたら?
常識とか良識とかモラルを踏まえ、そんなスパイが暗躍してるとしたら??
私なら、「真似られるモノならマネてみろ下衆野朗」とでも言い放ちますネ。

当方は、義理や同情や暇つぶしや出会い系でなく、本気でやってるんですよ。
ウケと遊びの評論ゴッコ君とか、コウモリの如くスパイ君とかに見て欲しくない。


もうずっと美味しい店を紹介する為に無償で活動しています。
他店に売り渡す為に当方や店を利用してる輩はもう見ないでくださいネ。
尚、ラーメン好きなお客様単位での当板の有益利用は大歓迎です。

〜つづく。


[3446] Re:【月岡大明神信者会便り】 2019年3月号
あご好き    ++ ..2019/03/23(土) 02:01
 
まさか、のそんな輩がいる為にあへて野良屋さんは厳しく容赦なくストロングスタイルで憎まれ役を買って出てでも旨さの真実のみの伝達を続けているのですね。
初期の頃から見させて頂いてますが最近はちょっと容赦なく厳しすぎるんじゃないかと思う点も正直、多々見られましたが、なるほど合点がいきました。
野良屋さんの「仁義守る、筋を通す」等のそのスタイル、完全に支持します。

評論ゴッコや店主とのなれ合いネタ等それ自体は通えばそれなりの思うところはあるのは人間ですから自然な流れだと思います。(もちろん顔覚えられれば誰だって嬉しいでしょうし、常連感も皆さんだって心地良いでしょう)

自分の手柄じゃないのに(笑)旨い店を知ってる自分がまるで偉くなったと錯覚される方も、各所で並んでれば必ず聞こえてくる蛙の大合唱で(笑)まぁまぁ、楽しめて生暖かい目で見守っております、そこまでは許せます。

しかし、あくまでも私たちは素人であり旨いものを食べに行く客(食べ手)であって、旨かったら通えばいいし不味かったら行かなきゃいい、それ以上でも以下でもないのに。

これすらご迷惑ならどうぞ削除してかまいません。
一連の件もこんな構図だったかと察します(私も仲間もただの客で全く関係ありませんが素人ながらあの頃からは二度と行っておりません。)
と、東京駅向かいの出来たばかりのからくり日本一の某店でススリながら、どう考えてもエビの勝ちだろうと強く思いながら拝見しております。


[3447] Re:あご好きさんへ
野良屋    ++ ..2019/03/23(土) 02:14
 
たぶん、他の方向に誤解されてると思いますよ。

自分はね、ウソまで吐かれて騙されてるのがイヤなだけ。
後で手の平など返しませんし、ヤル事は徹底的ですから。

信じるとは如何なる事か、そう言う事です。




▼  ここ最近のラーメン日記2019/3月号 [返信
野良屋    ++ ..2019/03/22(金) 22:05 [3445]
  クリックで拡大表示 ( .jpg / 111.6KB )

 ↑辛いのは、お好き??

特別でもなく格別でもなく、野良屋さんのラーメン日記のコーナー♪
実は今月も忙しく、今やっと余裕が出来たので書いてマスオさん。
つくづく、ラーメンって面白いですネ〜。
雲も泥も味わった、月もスッポンも堪能した、だからオモシロイ。
包み隠さず、改ざんもエコ贔屓もせず、ありのままに書きますよ。
その店主にも言えるし、安倍さんにも佳子さまにも話せますよ。
点数付けも評論ゴッコもしない、野良屋さんの新潟ラーメン見聞録。


では、今夜も夜の仕事があるのでサクサクとスタート。
☆【しゃがら】柏崎  辛つけ麺大盛り2辛!!(↑写真)
前回チラ見しただけで食べなかった宿題がコレ。
メニュー表には6段階で0辛〜5辛まで表記され、裏には更にウラ辛が!!
とりあえず大事をとって2辛を注文してみました。
まぁ、いわゆる、辛いモノ好きにはソソリマクリな新メニュー。
で、す、が、
エビつけ麺ほどの感激はないナ〜。
悪くないけど、特筆するほどの魅力もない。
ですが、値段と同等かソレ以上には美味いと思います。
あ、もう感想が終わった。。。

☆【らぁ麺や 一晃亭】 限定Aダゾ!麻婆麺!!
実はこの時は丸鶏の限定品があったのだが、それを蹴ってまで麻婆麺。
まだ見ぬ限定よりも、何度も食べてるハズの麻婆麺を選ぶ自分がコワイ。
ましてや券売機に「麻婆麺」なんてドコにも書いてないのにダ!(笑;)
・・・とても美味しかったです、またお願いします。

☆【春紀】 限定:雪むろ酒かすらーめん
まさかの2時前ギリギリに入ったのに、食べれるとは思わなかった。
今回は塩のつもりで来たのだが、せっかくなので酒粕限定を。
お、おぉ、お味噌なのですね。
いつもの味噌よりもシンプルな素朴感な味わいに感じます。
正直、雪ムロも酒カスもワカラン。
本当は春紀さんもあまり乗る気でないのかもしれないプロジェクト?
だがしかし春紀式、美味しかったですぅ。


☆【山岡家】上越店 醤油ネギラーメン大盛り油多め!!
海に浸かっていて某店に間に合わず、、、ならばこの機会に山岡家。

この店との出会いは1995年、本拠地の北海道であった。
時に当時、新潟県にはナンチャッテ系味濱家しかなかったので衝撃だった。
そうなんだ、長岡の高野家で食べるよりも前の事なのである。
自分にとって山岡家は北海道の味の一つなのですよ。
でももう暫らく北海道には行っておらず、記憶に染み付いた味なのだ。
一昨年、群馬でこの店を見た時は嬉しくて思わず入ってしまった。
どこか遠くで食べるから、、、そんな思い出補正満喫の味なのであった。

「は、は、激しくカチョいいいいいい。。。」(悶絶)
まぁラーショよりはマシだが、今年一番のキョーレツなカチョさであるな。
青島やヒグマは耐え難いカチョさだが、ここは豚骨濃度あるのでまだ平気。

ところで?
東横みたく意図して塩っぱくしてるなら、塩っぱさは褒めねばなるまぃ。
青島やヒグマみたく意図してカチョくしてるなら、カチョさは褒めねばなるまぃ。
食べた味を的確に表現するってのは、店の意図を汲む事だと思っている。
濃いぃぃぃ豚骨に作用する化学調味料味は、この味の虜になる人は多い。
だがなぜかカチョさを隠そうとするファンこそ、実は店を差別してる現れである。
塩っぱかったら「塩っぱい!」と言う。
カチョかったら「カチョい!」と言う。
そして美味かったら「美味い!!」と言う、当たり前で当然なお話し。

んで、山岡家、
24時間営業は釣り人にとってもありがたい店だゾ。
ワタクシが伝授する山岡家の食べ方はと。
油多めは必須であり、現金での刻みネギ増しをオススメ。
そして途中からニンニクとトウバンジャンを入れてこそ山岡家の味。(爆)
この、ナンダ、野蛮系のトンコツ味は、まさにヤミツキになるのであった。

注:店に入った瞬間に山岡家の香り(匂い)だったので安心でした◎。

〜つづく。




▼  ここ最近のラーメン日記2019/2月号 [返信
野良屋    ++ ..2019/02/21(木) 00:52 [3441]
  クリックで拡大表示 ( .jpg / 109.6KB )

 ↑ザーサイ麺、ん?、ン??

特別でもなく格別でもなく、野良屋さんのラーメン日記のコーナー♪
食べた人全員に「美味い!」と言わせるのは難しい。
でもネ、、、
「美味くない」と言う人に、ソレは誤りだと教えるのはもっと難しい。(爆)

あなたが食べなくても、お店のその美味さはもう決まっているんだ。
「美味いと思わない!」は好みだが、真の「美味しさ!」は別にある。
全て個人の好みで片付けてしまったら、有史以来の食文化などないのだ。
異端児ほど自己主張が強いと某店主が苦笑いしてたが、剣呑剣呑。。。
美味いの絶対値こそ大正義な、野良屋さんの新潟ラーメン見聞録。


ソレでは、出稼ぎから一時帰宅で今月号の遅いスタート。
☆【麺屋あごすけ】 こってり大盛り白髪ネギ!!
あぁ、記憶にない位に久々すぎる背脂麺。
今月はこのラーメンで全てが狂ってしまったと言うまでもナイ。
美味すぎて略。。。

☆【麺屋 奥右衛門】 鶏塩麺!!
近くて遠いOKモン!
昼や休日はメチャ混んでるし、地元で並ぶのイヤだし。(^^;
遅くに行って塩トンが無くても、安心の安全の安泰の鶏塩麺。
こんなにも美味いと思わせるラーメンって、そう多くはゾ??

☆【麺や ようか】 煮干し中華!!
ニボチューです、待ちに待ったニボチューの出番なのです。
なんですか、前のややあった荒っぽさが薄れ、更に優等生に?
キッチリ綺麗にし、悔しい程に美味さが引き締まってます。
「ズビズバー、パパパヤ♪」みたいなのが好きだったが、洗練されてます。
かと言って、ならば本家本元の燕系を食えよ、って事にはならないんだ。
コレたぶん、背脂が無くてもきっと満足美味さなんだろうなぁ。。

☆【麺屋あごすけ】 限定??越後甘蝦蝦醤麺!!
なんか変な事を書いたら、最近、黒メガネ黒スーツに監視されてる感ぢ。
組織か、やはり痛いところ突いたので某組織が動き出したのか??
・・・はい、なので家に帰れないのでコレ書けませんでした。(笑)

☆【らぁ麺や 一晃亭】 煮干し背脂麺!!
実はこの日、やっと判明した事がありました。
「「例の麻婆麺は平日の夜限定だったらしぃ、ゾ!」」(確認)
それで麻婆麺にフラレた腹いせに怒涛の背脂ボタン押しマクリ!!
背脂に臭味とかはないが、ああ背脂だよなと思わせる存在感。
麺は上品にして美味く、煮干しの利いたスープは円やかで旨し。
でも面白いかと言うと、纏まりが良すぎてツッコミ所がない。
なんだかんだ言っても、燕系とは別モノなんだよなぁ、美味いし。


☆【天心】 ザーサイ麺(↑写真)
珍しく見た気がして有無を言わせずボタン連打!!!
従来は頼んでもいないメニューとして食べてたので気分新たにと。
そして熱々のが運ばれて来て、「う〜ん、美味スギ。。。」

ザーサイに肉にネギ、白菜、椎茸、豆苗まで入ってます。
クラッシュペッパーが振り掛けられ、今までで一番の豪華版。
深い器にて細麺とし、ザーサイ餡は蕩みまで付いてる試み?
なのであるが、、、
熱過ぎの麺クタクタの、張りのない丸っこくなった味で激しく違和感。

もう桃源郷ではないなぁ、、、コレは俗世間向けの仕様になってる。
天心の元々の桃源郷ザーサイ麺は、もっともっとシンプルなんだよ。
何の用意もない状態から「よし、ザーサイ麺を作ってやろう。」なのだ。
塊から切り出した塩抜きしてないザーサイを使い、ピンッと張った味。
そう、具材はザーサイと赤身肉とネギとメンマ、これがデフォだった。
口の広い蛍丼に入れられ、香ばしくも妖艶な辛さのラー油を垂らすんだ。
カリカリのザーサイとネギが織り成す桃源郷の夏味、、、だったんだよナ。

なんだか、ザーサイが入って無くても十分美味そうで逆に切ない。
麻婆麺もストレスもプレッシャーも感じなく美味さUPして悲しい。
やはり、通常の塩か醤油ですよネ、巨匠ぉぉぉ!!!

〜つづく。


[3442] ここ最近のラーメン日記2019/2月号A
野良屋    ++ ..2019/03/04(月) 04:06
 
クリックで拡大表示 ( .jpg / 102.4KB )

 ↑現存する桃源郷の味

書こう書こうと思いつつ、2月もネタの仕入れ不足で書けませんでした。
この後半は8食も食べていれば2回に分けるのですが、ソレも足らず。
いつもの月より2〜3日少ないんだからしょーがないネ。(^^;


では2月の〆などをば。
☆【麺屋あごすけ】 正油濁白湯麺辣油大盛江戸菜
久々な気がする豚骨です、店員さんオススメの濁汁麺なのです。
ならば大盛りで薬膳辣油と江戸菜もネと。
流石です、お勧めな美味さ、素晴らしく旨いです。
気のせいとは思えないが、昔のスープに似てる濃度加減?
完全白濁と言うより、ゼラチン濃いぃぃぃ感じの厚力濃さ。
その濃厚さに薬膳辣油が作用し、問答無用な超旨さ!!
ド満足しました、ごちそうさまでした。

☆【麺屋あごすけ】 旨塩鶏麺
3ヶ月振りな気がする塩です、看板の定番の基本の鶏塩なのです。
やや苦味も混じったシャープな旨味と風味がアゴ出汁のソレ。
スープに馴染み易い麺であり、ダレず暴れず従順にして食感良く。
麺屋って、こんな麺まで作れるんだから全てが美味いワケだよ。
麺を食べ終えては名残り惜しむ様にスープを堪能し、綺麗に完食。
ご満悦いたしました、ごちそうさまでした。

☆【らぁ麺や 一晃亭】 限定:南蛮海老の地鶏塩
時に平日の夜、今度こそ麻婆麺と思ったら、また違う限定が??
そうか、そうなのか、券売機の限定Aのボタンは注意が必要ダ!
して、その南蛮海老の地鶏塩です。
鶏香る淡いスープに、甘エビの身を丁寧に取り出した様なペースト。
甘エビの甘味旨味風味を温存し、なんとも丹念な仕事振り。
これを味噌と練って焼きオニギリとか、ガーリックトーストにも合いそう。
鶏を誇示するスープに徐々にも混ざり合い、誠見事な美味さである。
でも、もう二度と、同じのは出さないかも知れんナ〜。。。

☆【しゃがら】柏崎店 えびつけ麺大盛り熱盛りで!!
忘れた頃に来てみました。
メニューも見ずに注文した後で、なんか違う限定つけ麺もあったゾ?
まぁソレはまた次の楽しみとして、えびつけ温つけ仕様。
熱々の湯に麺が入っているが、やはりラーメンとは異なる。
そして、冷つけ時よりも麺が甘く美味くも思える。
つけダレは相変わらず美味く、悔しいかな出来の良いつけ麺なのだ。

☆【ドカメン】 辛辛豚らぁめん並盛りニンニク!!
身体がナニか?の欠乏症を訴え、たまらずに夜ラーメン。
小豚にこの辛赤玉を覚えちゃったら、もうコレしかナイゾの感じ。
チャーシューはやはりバラで、この改正は正解である。
ダメだダメだと思いながら、濃厚スープ最後まで残さず完食!!


☆【天心】 ぶいこつしょうゆ(↑写真)
例によって他のモノを作られそうになったので、「醤油で!」と。
いつになく盛り付けが素晴らしく、ホントに醤油ラーメンなのコレ?
その都度茹でる旬の野菜を天心方式と言い、こんな仕様の店こそが天心。
大きめに切った野菜は意図であり、食べる要素までの演出である。
濃い風味の醤油に節系が入り込み、見事なまでに昆布で丸めた旨味。
底に沈んだクラッシュ胡椒を噛ませるのも策略なのだろう。
塩っぱくもないし食べ疲れず食べ飽きない絶妙な美味さ。
硬めに茹でられた細麺も、特にこの醤油と塩には似合ってるんだ。

久しぶりだった醤油は、まだ俗世間とは程遠い味で安心した。
天下り的な麻婆麺やザーサイ麺と比べ、遥か桃源郷の味なのである。
やはり、通常の塩か醤油ですよネ、巨匠ぉぉぉ!!!


それでは、春の陽射し麗らかな3月号へと、つづく。
(たぶん3月はガンバリます!)




▼  【月岡大明神信者会便り】2019年2月号 [返信
野良屋    ++ ..2019/02/02(土) 10:16 [3436]
  クリックで拡大表示 ( .jpg / 101.3KB )

 ♪こってり♪強化月間デース!!
  (醤油背脂麺大盛り白髪ねぎの図)


汎用知名度で大人気で売り切れゴメンの背脂麺です。
遅い時間だといつも品切れなのでカンチガイされてるメニュー。
実はコレ、単に世間一般の背脂なんかぢゃナイのですよ。

基本のスープはお店自慢の丸鶏ベース。
そこに漉し入れるのは、まるで豚足などの直ゼラチン質もありかも?
そう、ただ単なる背脂だけでないって事は、食べてわかりますよネ?

清んだ鶏スープに濁り豚骨の上濃さを加えたような、そんな円やかさ。
上の背脂部と下のスープ部との境界がなく、見事な乳化具合です。
「こってり?」の表現が正しいとは思えないが、丸い円やか旨さ。


なぜ品切れになってしまうのか?
だから人気なのだとカンチガイされてしまうのか?
これら背脂などは、スープを取った時の副産物、いわば残骸。
中華の料理的には捨ててしまうのを有効活用してるだけですネ。
だからこの為だけの仕込みは増やさず、基本スープとの比例数です。
例えソレでも、お出しするからには油を切り臭いも出さずに仕上げます。


大人気「こってり♪」
並んででも「こってり♪」
ネコもシャクシも「こってり♪」

だがしかしダ!!
上越まで来て、あごすけまで来て、背脂はないだろうと。(困惑)
だってコレ、アゴでもスケでもないですよ?
初めて来たお客さんが言うに事欠いて「せあぶら」と言うのは残念である。
見たことある単語を選べば安泰だなんてイカントモシガタイ。。。
上辺で安直に美味いってだけで、奥深さも面白さも低いと思われます。

でもネ?
標準品や限定品を食べ飽きた頃に、違う嗜好を感じるのもまた一興。
数年に一度、すっかり忘れた頃に食べると新たな道が開きそうです。
そして、コレ目当ての熱心なファンの方々も多く居るのも事実です。

あ、くれぐれもオススメはしてません。
ワタクシもお店も。(笑;)
でも、ほらほら、食べてみたくなったでしょ◎。


PS:
お店のオススメは看板の基本の定番の普通の大人気の旨塩鶏麺です。

今月も良いアゴライフを。


≪あごすけブログ≫
http://cat.lolipop.jp/agosuke/


[3438] 基本の定番の・・
グリーンボーイ    ++ ..2019/02/04(月) 05:51
 
クリックで拡大表示 ( .jpg / 141.7KB )

はい、こちらが現在の旨塩鶏麺(塩らーめん)です。

スゴイ見た目ですね、醤油背油麺って。
私、一度も食べた事が無いので初めて見ました。(^^ゞ
確か醤油も特別につけ麺で使うタマリ醤油を入れてるそうですよね。
味は間違いなく美味しそうですけど、私は絶対に食べません。(笑)


[3439] 【越後 甘海老蝦醤麺】
グリーンボーイ    ++ ..2019/02/04(月) 06:05
 
クリックで拡大表示 ( .jpg / 119.9KB )

上越市の雪室グルメフェアのメニューとして始まってます。

大盛り無しの数量限定です。
GW明けまで販売するそうですのでぜひ♪


[3440] 越後甘海老蝦醤麺
野良屋    ++ ..2019/02/08(金) 23:05
 
クリックで拡大表示 ( .jpg / 100.8KB )

まず最初に食べた感想です。
想像通りに期待通りに、いつも以上の蝦醤麺だと思います。
間違いなく旨く、これ以上ない美味さで、限定に準じた蝦醤麺です。

数量限定らしぃですが、秘密らしく数を教えてもらえませんでした。
昼も夜も早く並ぶに越した事はないだろうと思います。



上越市が絡んだ≪雪室推進プロジェクト≫の一環だそうな。
市内十数店舗が賛同した≪雪むろ酒かすラーメン≫だそうナ。
酒粕はまだしも、本当に本題の「雪むろ」を活かしてるの??

そしてダ?!
コレ、あごさんが本当に作りたかったラーメンなのかも疑問です?
話しによると酒粕は糸魚川市の酒蔵からみたいですし、(^^;
ちなみに、あごすけでは一言も「雪むろ」を謳ってませんよ?


この雪室酒粕ラーメン、通年で出すお店もあるんだそうな。
GWあたりはまだしも、夏や秋も本当に「雪むろ食材」があるの?
基本的には秋〜冬の食材の保存貯蔵が「雪むろ」の目的ですよね?
冷蔵庫で保管だと消費者ダマシのウソになるけど大丈夫なんですか?
春とか夏の野菜や食材を「雪むろ」に突っ込んだら本末転倒ですよ?


どうもこのラーメン、、、
政治的背景やら、ドコかナニ屋の利権が絡んでそうで推せません。
あごさんに面倒な責任だけ押し付け、後は知らんぷりじゃないでしょうネ?
そもそも、希少価値の蝦醤麺を5月までするなんて?!?!
・・・嬉しい反面、蝦醤麺のありがたみが薄れそうで迷惑です。
つい先日まで、ごまから蝦醤麺があったばかりですし!
春ワンタンとか、春咲きチャーシューとか、今期は無いのかな??

【麺屋あごすけ】としての真意が見えないので推せませんし推しません。
ですが、越後甘海老蝦醤麺としては大満足の美味さだと言えます。

この品名にすら「雪むろ・酒かす」が入ってないので察します。(笑)


越後甘海老蝦醤麺、食うベシ!!(キッパリ)




▼  ここ最近のラーメン日記2019/新春1月号 [返信
野良屋    ++ ..2019/01/20(日) 22:46 [3433]
  クリックで拡大表示 ( .jpg / 110.6KB )

 ↑既に御蔵出し感(当方が)

特別でもなく格別でもなく、野良屋さんのラーメン日記のコーナー♪
「数撃ちゃ当たる、」はもうとうにヤメてる。
厳選した美味い店しか行かず、鉄壁の守りに入ってます。
完全なる公平さを掲げ、ヤラセもイカサマもサルマネもありません。
店主との馴れ合いゴッコもしません。
常連客とのお友達ゴッコもしません。
自分を売る事はせず、美味しい店を胸張って斡旋します。
論より証拠が大正義の、野良屋さんの新潟ラーメン見聞録。


ほとんど食ってないので書けませんでした、マジ。。。
それでは数店溜まったので書こうかと思います。

☆【麺屋あごすけ】 新春ごまからとん、鶏チャーシュー味玉!!
今更ですが、正式名称は≪蝦醤ごまから麺≫なのですってネ。
メニューとか見ないので今まで知りませんでした。(笑;;)
今回は意を決して豚骨仕様で!!
その一口目、「う〜ん、まってり♪」
やはり豚骨効果絶大で胡麻も辣油も蝦醤も沈み、面白くない。。。
なぜ標準が鶏スープなのか?
鶏スープであるからこそ開示できる情報もあるって事です。
ナンでもカンでも豚骨だ背脂だ麺硬めだではイケナイのである。
うんんんまかったけど、次回から鶏に徹底しようと決意して、と。

☆【麺屋あごすけ】 ごまから麺、鶏チャーシュー江戸菜!!
お昼の部に来ると、福々しい弁天様達の接客にて光栄であります。
超混んでる待合いにて、白々しくオススメを聞いてみる。
「現在のお勧めは、限定ごまから麺でございまぁす。」
「じゃぁソレで。」
『私も』『僕も!』『オイラも♪』「拙者も、』『ごまから!』
はいはい、大人気の大盛況であります。
まずは混ざる前の手前から食べるのが鉄則。
これをグルングルンのグチャグチャにマゼマゼするのは小学生まで。
食べ進むと徐々に味の変化が楽しめ、そして美味さ無限大に。
うんうん、やはり標準の鶏スープ仕様が至高でありました◎。

☆【麺や ようか】 醤油そば
前回は標準の塩にしたので、今回は標準の醤油で。
メニューが変わり、味も一新?し、これはまた全部食べねばと。
塩とはネギの使い方が直ぐにわかり、意図した拘り感。
味は以前よりも甘く感じ、いやいやスープでなくこれは甘味だろう。
醤油味は角もなく甘味の円味の穏やかさがあり、塩より鶏濃いかも?
キレではないが凛として揚々とした醤油味にて、的確に旨し!
次はお楽しみのニボチューかな。

☆【麺屋あごすけ】 ごまから麺、汁無しで!!
う〜ん、う〜ん、コレはゴマトンよりもツマラナイ感じなのだナ。
ただ単にド濃厚なだけで、美味けりゃイイってモンじゃないだろ。
はいはい、やはり標準の鶏スープ仕様が至極であります◎。

☆【らぁ麺や 一晃亭】 辛味噌
待ってましたの辛味噌は券売機に特製張紙仕様で密かにアピール。
香りがソソリ、味は穏やかで且つマイルドな味噌仕立て。
笑える様な過剰にしないのが、この店の方針だと見受けられる。
それほど辛くないので冒険心程度にもオススメです。


☆【三宝亭 某店】 なんと海老麻婆だと?!(↑写真)
この冬限定だろうか、土鍋仕様の海老辛麻婆麺だそうな。
来ると店員さんが熱々の土鍋の蓋をゴワンと取ってくれます。
中はフツフツと煮えており、エビのソレっぽい香り沸き立つ。
麻婆と言うよりも海老が主役であり、強く営業力過多である。
熱々とろとろにして、麺はいつもの太麺なんだナ。
その麺は熱さで早くも正気を失い、美味いだけに残念感。。。
一言で「美味い!」だけの的を射ており、半分でウマ飽きた。
全とろ麻婆麺は傑作だと思うが、コレはイカントモシガタイ美味さ。
あぁ、もうリピートはないです、ワタクシ。(^^;

いやしかし、流石は三宝亭だと思えるプレゼンです。
この冬に、熱く辛く麻婆でエビぃ特製仕様。
皆さんにも「一度は、、、」オススメ致します。

〜つづく。


[3434] ここ最近のラーメン日記2019/新春1月号A
野良屋    ++ ..2019/01/30(水) 23:18
 
クリックで拡大表示 ( .jpg / 108.6KB )

 ↑キッパリ確定、赤豚の図


この1月はヤバイなぁ。。。
記録的な小雪の影響なのかなぁ。。。
こんなに食べてないって、体質が変わったのかなぁ??
いやいや、3日から休みナシで働いてるのもあるなぁ。(汗;
血中成分の何かが不足し始めてる、野良屋さんの新潟ラーメン見聞録。


ではでは、お茶を濁す程度に数店分を。
☆【天心】 麻婆麺!!
やっと来れた地元石打。
木曜定休だったとか、水曜臨休だったりとか、フラレ続けた日々。
少々寒気のする風邪前兆だったので、特効薬の麻婆麺!!
ソレも必殺特注、「麺少な目、ネギ多めで。」
フルに食べれる自信がなく、こんな特効薬仕様にしてみましたよ。

あぁ素晴らしきかな麻婆麺、コレゾ桃源郷の味??
ナニかの作用で汗が全身から噴出し、2枚ほど服を脱ぎます。
時として妖艶な香辛料が脳裏を横切る。
妙な甘い様な数種の香りは、八角なのか丁子なのかみたいな甘香。
旨味云々よりも、油と香味が織り成す神秘の麻婆麺。
初期の風邪などこの一撃で治りますワ。


☆【ドカメン】 辛辛豚らぁめん並盛りニンニク!!(↑写真)
久々に黒しびれ味噌にしようと思ったら、メニュー改正で消えた!?
あらら、増えたメニューもあれば減ったメニューもあるのネ。
それでまた赤豚をチョイス。
ん、あ、なんと、チャーシューがバラになった?!?!
これはドカメン始まって以来の大改革なのかも知れないゾ。
いや少なくとも、今までの腕よりもぜんぜんイイです、はい。

例の赤玉は溶き易く柔らかになり、やはり苦情でもあったか?(笑)
この赤玉がですネ、見事に濃いぃぃ豚度を緩和するんですよ。
もう小豚に赤玉ナシは考えられない、そうも思わせる赤豚仕様です。
今回の麺は水が回ってない感じのワシワシ感があり、これもGOOD!
小豚にニンニクと赤玉、もう、コレは、野蛮の美学!!
美味萌えました―――!。

〜つづく。


[3437] ここ最近のラーメン日記2019/新春1月号B
野良屋    ++ ..2019/02/03(日) 21:48
 
クリックで拡大表示 ( .jpg / 92.0KB )

↑復活、一晃亭式麻婆麺の図

以前、この麻婆麺を食べもしないで貶した某店主が居たんだ。
「ナニがマーボーメンだ!」

えっ、麻婆豆腐の由来ですら定かでないのに?
麻婆麺なんて本家本元から見ればパチモンなのに?
ましてや日式で改良されてるのがずっと続いてるのに?
オマエでさえ修行先から丸パクリの分際でドヤるの?(笑)
まぁせいぜい本物ゴッコで評論ゴッコを楽しんでればヨロシィ。

もしも本物があるならば、マネなどはその程度なのである。
マネらしさの演出より、自らのオリジナルが格が上ではなかろうか?
ドコのマネでもないオリジナルを提供、それこそ大いなる指標です。
どうですか皆さん、パクリゴッコより現状の美味さではないでしょうか?


それでは1月の〆などさせていただきます。
☆【らぁ麺や 一晃亭】 麻婆麺!!(↑写真)
背脂大盛りを食べに行ったら、なんと券売機に麻婆麺の文字が!!
寺泊以来の再会、これは、もう、食わねば!!
見た目、以前とそう多く変わったとは思えませんので安心。
でも食べますれば??
以前よりも麺に明確に味が付き、そして食べ易さも向上してました。
麻婆餡を掛ける前に、その太麺は香味油とタレとで和えてあります。
そうそう、まるで煮干し油ソバに麻婆豆腐餡掛けだと思えば◎。
今まで食べたどの店の麻婆麺よりも麺を引出し易く食べ易い仕様。
「掛けただけー」でなく、明らかに麺ありきの麻婆麺なのである。

麺に解り易い味を付け、上の麻婆餡は過剰な濃さにしていない。
一杯の丼で完全セパレートを演出し、そして徐々に混ざる楽しみ。
更に、清湯で野菜をさっと煮た淡い味付けのスープが附属する。
このスープは、お好みでどのタイミングで味わっても良いのだ。
食べながら飲むも良し、麺半分位から丼に全部入れても良し。
割りスープの位置付けかもしれないが、これあっての一晃亭麻婆麺。
寺泊時代より更に好きになりました、美味しかったです。


☆【麺屋あごすけ】 ごまから麺辛口、鶏チャーシュー江戸菜!!
江戸菜スゴスギ、もしかして寒〆ほうれん草より相性がイイかも?
とんでもなく美味かったですっっっ!!!(以下略)

☆【春紀】 たまりじょうゆらーめん味玉!
やっと来れました春紀参り。
営業時間が2時までに変更されてたので注意が必要ダ!(汗;
いえいえ2時半でフラレるよりも、キッチリ2時?までが◎です。
久々の春紀式たまりです。
実は、こんなに魚強かったっけ?、などと思いながら堪能してました。
円やかな甘味を持ち、角のない旨味続々なる溜り醤油味。
まるで余熱すら感じるブ厚切りの最上チャーシューにほれぼれ。
チャーシューは保存食にあらず、こんなにも美味い仕様もあるのだ。
大量作り置きや、スライサー基準で冷蔵〆を合理的だと思ってる店へ!
客は店の都合を慰めに行くのでなく、美味いを食べに行くのである。
流石の春紀式、素晴らしく美味しかったです。

☆【麺屋あごすけ】 最終ごまから麺辛口、味玉!!
江戸菜トッピしようと思ってたら、ほうれん草が品切れで江戸菜仕様!
倍江戸菜の手もアリだったが、標準で入ってるならばまぁイイや。
この高貴なる美味さ、蝦醤ごまから麺がもう最終回なのは痛手である。
でも内心、、、やっとごまから麺の呪縛から解放されたかとも思う。
だってだって、ごまから麺始まってからコレしか食べてない!!

ふぅ、2月からワタクシ、普通のメニューに戻ります。(爆)



ではでは、春間近な2月号へと、つづく。




▼  【麺屋あごすけ】不定期信者会通信 [返信
グリーンボーイ    ++ ..2019/01/02(水) 20:57 [3427]
  クリックで拡大表示 ( .jpg / 136.2KB )

↑ お正月スペシャルバージョンの図♪

明けましておめでとうございます♪
本日から営業再開で、相変わらず開店前から長蛇の列でした。
基本でお奨めの塩らーめんにはお餅とセリかな?お正月感満載の盛り付けでとても美味しゅうございました。

最近の塩らーめんですが、以前より一層焼きあごの風味が強くなりましたね。
鶏油よりもあご油を多くしたみたいで、香りも魚でスープの味わいも正に魚の出汁だけを飲んでいるような気分です。
初めてあごすけを訪れた方は是非、いや絶対にまずこの塩らーめんを食べていただきたいです。

今年はどんな新しい味に出会えるのか?
皆様楽しみに、そして元気で健康に1年を過ごしましょう♪


[3428] 迎春
みっちぃ    ++ ..2019/01/03(木) 19:28
 
クリックで拡大表示 ( .jpg / 89.6KB )

久しぶりの投稿になりましたが、本日新春初ラーメンとしてお邪魔しまして「お正月バージョン」を頂きました。
麺もリニューアルしてからようやく初めて頂きますが、角がしっかり出ていて歯応えもあり、良いですね。
スープも魚を存分に感じる事が出来、ニンマリしてしまいます。
注意するのは手元の鶏チャーシューの所ですね。ここは鶏の油が出ていますのでやや濃厚な感じになります。しかし、2種類の味を楽しみたい!と思えばこれも良しです。
モチろんお餅入りでお正月気分満載です。
本年も宜しくお願い申し上げます。


[3432] 謹賀新年
miu    ++ ..2019/01/12(土) 00:01
 
遅くなりすぎましたが…。
今年もよろしくお願い申し上げます。
取り急ぎ、ご挨拶まで…。


[3435] ごまから最終回につき、
野良屋    ++ ..2019/01/30(水) 23:46
 
クリックで拡大表示 ( .jpg / 103.8KB )

今期の限定ごまから麺、もう明日で終了ですよ!!
レギュラー、ごまトン、そして汁無しと、今月で最後ですっ!!

全てに至って特別にして格別なる限定品。
特にこの蝦醤ごまから麺はスゴイとも言えます。

それは、汎用のトッピングなどないのだ。
その全てが専用であり、その全てが特別なのである。
手間暇掛けて練り溶かす芝麻醤は元より、
わざわざその都度に茹でる寒〆ほうれん草。
わざわざその都度に小指の爪ほどの片を切り取る生柚子皮。
どこのラーメン屋がここまでしますか?
あなたの為に、誰かの為に、こうして一杯一杯を作ってるんです。


もしも「コスパ」とかで例えるならば?
これほどまでコスパ高いラーメンは無いのではないかとも思う。
500円のラーメンで500円程度の価値ならば負けなのだ。
この価格の数倍以上の対価美味さを味わえるなんて、明らかに安スギ!!
損得勘定大好きな計算さんは、コレこそ食べないと損なのである!!


明日、1月31日でもう最後です。
食で得・徳・特をしたかったら、心残りなきように。




 


     + Powered By 21style +