| ホーム | RSS | 携帯用 |

新潟ラーメン
野良屋さんの
新潟ラーメン見聞録


月刊にいがたタウン情報誌にて連載ed




そしてついにっっっ!
【野良屋さんの新潟ラーメン見聞録】
が別冊本になりました!!

過去6年間に及ぶ集大成。
数量限定、売り切れ必至、(かも?)
県内の本屋さんかコンビニで。
『買って見るベシ!!』(キッパリ)




≪新潟県内のラーメン食べマクリ掲示板≫
画像添付は100KB以下で御願い致します。
投稿されたテキスト及び画像は管理者の所有とします。
美味しい報告をメインにし、惨めでクソ不味い投稿は却下です。
管理者権限で予告無しに編集や削除する事があるので注意が必要です。

当掲示板では「自由な投稿」などは存在しません。
流れを読み、モラルとマナーを理解できる人のみ投稿を許可します。
尚、携帯電話からの投稿は受け付けておりませんので悪しからず。

当方は、県内でもBIG有名で信用のおけるラーメンサイト↓
新潟ラーメンナビゲーター
と、業務提携を結んでおります。

☆☆☆御多忙なラーメン屋店主さん達も、遠慮なく御活用ください☆☆☆

名前  
Mail   URL
背景色
文字色
タイトル   簡単タグ入力
添付  
フォームに保存  プレビュー       削除キー(半角英数字) 
 左の画像内の数字を入力して下さい 




▼  ここ最近のラーメン日記2019/6月号 [返信
野良屋    ++ ..2019/06/15(土) 21:58 [3470]
  .jpg / 103.4KB

 ↑大盛りニンニク赤玉ナノダ!!

特別でもなく格別でもなく、野良屋さんのラーメン日記のコーナー♪
つけ麺の季節となりましたが皆さん、いかがお過ごしでしょうか?
麺です、やはり麺がソレ相応でないと、つけ麺としては成り得ません。
だからこそ、加水や番数や寝かせに興味を抱くともっと面白くなります。
あなた、知った振りして情報誌の記載や店内POPに甘んじてないか?(笑)
内麦だろうが外麦だろうが構わないが、作り手の真意が見えるのが麺です。
麺を語らずにはラーメンを語れない、野良屋さんの新潟ラーメン見聞録。


それでは行きましょう、6月はこの店からスタート。
☆【ラーメン おこじょ】限定:煮干し昆布水のつけ麺
生姜か背油をヤッツケるつもりで来たら、なんと限定つけ麺が。
で、専用スレでレポしたので略。

☆【麺屋あごすけ】 今期つけ麺試食
豚骨は例年との違いがワカランが、鶏醤油は風味も味わいも更に豊に?
麺は素晴らしく美味く、流石は麺屋のつけ麺、万万歳である。
茹でた後に水で〆るまでの麺とし、そこまで配慮された専用麺なのだ。
であるからして「つけ麺を熱盛りでぇ〜♪」なんてのは甚だ失敬なのである。
つけ麺の、つけ麺にして、つけ麺の為の、つけ麺。
8月いっぱいまでなので、存分に楽しみましょう、太鼓判◎。

☆【麺屋あごすけ】 昼限定:辣塩豚骨つけ麺大盛りで!!
つけ麺解禁日、昼に行ったら迷わず塩とんつけ麺でショー!
もうネ、絶対に美味いの保証があるので辣塩豚骨つけ麺大盛りで。
「は、は、は、激しく旨いぃぃぃ〜〜〜!!!」(キッパリ)
パないっす、トンデモナイです、比べる味すら思い当たりません。。。
コレに蝦醤を加えたら悶絶モノだが、ソレは禁じ手なのでガマンガマン。

☆【中華そば 市松】 中華そば(背脂) アレをヌキヌキで。
そろそろ安定したかと思い、標準の中華を。
そしてオヤクソク通り、コショー抜きでカチョ抜きで注文。
そのスープは穏やかにして角が無く円やかで、明らかに潤とは異なる味わい。
麺の淑やか柔さに合わせるかの如くの平和的なスープなのである。
「ガツンッ!」が無い美味さよ、コレが低評価ならばそんな馬鹿舌は切ってしまえ。
ただひとつ、、、
今回のネギはダメだ、薬味としてギリギリ程度なダメダメだな。
こんなの使うのならば、いっそ水でさらしたタマネギの方がマシだろ。
トウの立ったネギを薬味にするのは如何なものかと夜明けまで問い詰めたい。
あ、一部食えない雑草みたいなネギトッピを出した店よりは良心的だが。(爆)

☆【ドカメン 柏崎】 濃厚つけ麺大盛りニンニク辛辛玉!(↑写真)
なななんと、ドカメンって新潟市にもあるんですってぇ〜?!?!
特に行く気はないので興味はないですが。(^^;
で、前回の教訓を踏まえて「大盛りニンニク!!」とハッキリと。
赤い唐辛子の辛辛玉は+100円で、2人で別けても丁度いい量です。
つけ麺、この麺は、、、大きな声では言わないが、市松のより好きぃ。
風味も締まりも弾力もあり、小声で言うけど潤の標準麺より美味いと思う。
この麺を煮干背脂中華のつけ麺仕様だと、これほど美味くは思わないだろな。
濃厚豚骨背脂に濃口醤油でニンニク入りで、このタレが先導して麺美味し!!
辛味の赤玉は塩っぱくもなく、濃厚豚骨を切ってくれる役目が天晴れ。
前より器が小さくなったのは唯一の残念であり、またタレが冷めるのも否めない。
チケット立ちモギと長靴接客は大嫌いだが、今回も美味しかったですゼ!!

〜つづく。




▼  【祝解禁】令和ver つけ麺 【麺屋あごすけ】 [返信
野良屋    ++ ..2019/06/05(水) 21:21 [3467]
  .jpg / 96.3KB

 ↑試作チャーシュー仕様の図
  (注:コレじゃ麺がワカラン)

まだかまだかとご心配の皆さま、お待たせしました。
つけ麺、明日6日より期間限定レギュラーとして発売となります!!

昼も夜も、たぶん麺とスープが絶えない限り?
数量限定解除の安心の安全の提供となりますよ!!

例によって、標準の鶏スープと、ド濃厚な特製豚骨スープ仕様。
また、昼限定で塩とんつけ麺、夜限定で黒とんつけ麺もありますから。


麺は例年以上の出来であり、今年は≪ゆきちから≫の全粒粉も使用。
その麺には冷製和出汁の昆布出汁が回し掛けられ、水っぽさなど皆無。
更には特製あごパウダーが振られ、香味も素晴らしい逸品麺となっています。

ワタクシ的には今期は標準の鶏スープをオススメ!
あご油も醤油の味わいも円やかにして、正に麺を活かすべくのつけダレ。

きっと今年もスタッフさんは、、、
「つけ麺の味は醤油と豚骨がございまぁす。」
などと説明してくれると思うが、鶏スープも豚骨スープも醤油味ですからネ!!
もはや豚骨が旨いのはアタリマエ。
最初は麺の為にも鶏醤油でじゅっくりと吟味してもらいたい。

でもネ、、、
昼の塩とんつけ麺、いや辣塩とんつけ麺、スゴイんだろうなぁ。


焦らず慌てず並ばずにも?食べられる今期の令和仕様つけ麺。
流石は麺屋、そう言わせるだけの素晴らしいつけ麺ですよ。

〜つづく。


あ、くれぐれも麺硬めとか大脂とかなんてのは無いですから!!(爆笑)


[3469] 【毎年恒例】辣塩とんつけ麺最強伝説 【麺屋あごすけ】
野良屋    ++ ..2019/06/13(木) 22:15
 
.jpg / 110.2KB

 ↑現時点で最強&最美味つけ麺の図

連絡です、前回の発言を撤回します。
やはり、オススメも爆美味も辣塩とんつけ麺に決定ですっ!!(キッパリ)

先日食べに行った際、先週よりも麺がガシガシの強靭になってました。
麺はやや厚くなり、加水もやや低くなった様にも感じました。
強いです、早くもトンデモナク強靭に上方修正されたみたいです。

その時は普通の標準の鶏醤油にしましたが、明らかに麺に負けマクリ。
トンコツにしても危い程の麺強さになっています。
この時の麺加減だと、あと1分長く茹でてもまだ平気な感じでした。

とんつけです、豚骨つけ麺にしないと、麺が臨界を超える勢いです。
鶏スープでなど最初の1回でも食べればヨロシィ。(^^;
この麺を抑えられるのは豚骨つけ麺しかないのだョ諸君!!

・・・恐い、この店の豚骨つけ麺が美味すぎて怖い。。。

〜つづく。




▼  !WARNING! 【ラーメン おこじょ】 超厳重注意店につき! [返信
野良屋    ++ ..2019/05/23(木) 22:28 [3462]
  .jpg / 114.8KB

 ↑限定:のどぐろラーメン

まさか、そのまさかである。
勢力が減衰したと思っていた大魔王は威力が増していた!!

長岡市の蓮潟、なおじ跡にオープンした【おこじょ】です。
新潟市から移転かと思いきや、否、これは長岡侵略の一歩だろ!!


玄関先の派手な書き立ては営業戦略なので無視してヨロシィ。(笑)
こんな文句に釣られるラーメン好きなど居ないし、要はコマセである。

して、看板メニューと言われる≪のどぐろラーメン≫
器の向き、意図が見える盛り付け、まぁ当然だが、まだまだダナ。
そして最初の一口を飲みますれば・・・!?

マジか! コレは! ナンタル旨さ!!(キッパリ)
魚系であるが明らかに乾物でなく、身の旨味甘味が濃厚である。
クサさもエグさもなく、ただただ芳醇にしてド濃厚な、まるで魚白湯?
とろりとしたスープは魚では有り得ない程の充実感に満ちていた。
謳い文句は無動物系スープであり、どこまでも凄いノドグロのコク。

麺、麺は美味い感じだが、あまりにスープが美味くて麺が弱い。
トッピングには鶏と豚、かなりの仕事感を味わえる。
穂先メンマに茹で玉子、スダチが心憎い配慮である。

冷めて尚も旨く濃く、塩分加減も上々にして名残惜しく完食。
のどぐろ、いや魚って、炊かれマクルとこんなにも旨味変化するの?
いやはや脱帽、驚きの美味さであった。
振り切った大袈裟さ、そんな表現の味、旨さなのである。


だがしかしダ!!
大魔王の真の本領とは、この次に目の当たりにする事となる。

〜つづく。


[3463] !WARNING! 【ラーメン おこじょ】 超厳重注意店につき!
野良屋    ++ ..2019/05/23(木) 23:55
 
.jpg / 107.2KB

 ↑核爆:長岡マウンテン
「こんなの二郎系ぢゃないです!!」


知らない方々に、当時のコトの起こりを話そうか。
【極一】を自ら離脱し、自分の作りたい店を持ったのがこの人、なおじ氏。
その店【昔食堂なおじ】にて≪なおじの塩≫は絶品であり、もちろん取材もした。
その後半年は過ぎてから、ドが過ぎるお遊びが始まった。

≪なおじろう≫
その頃、関東でも多くの支持者(笑)が信仰するラーメン二郎。
≪なおじの塩≫と対極である二郎系リスペクトから時代は変わったのだ。
そう対極、お笑いネタのつもりで模写したのが≪なおじろう≫なのであった。

野良「無残な味ですネ、、、ケチョンケチョンに書いてもイイですか?」
ナオ「いいですよー、コテンパンに書きマクっちゃってください!」
(注:この時の密約は今でも有効なのだと思っている。)

だが、風向きはソレをあざ笑うかの様であった。
完全無化調本気旨さに対し、ド過化調≪なおじろう≫が支持を得てしまった。
総天然出汁≪なおじの塩≫より、ド爆化学調味料味に軍配が上がったのだ。
その自ら仕掛けたワナで敗北を知った時、、、
なおじさんはあまりの無念さで苦笑いすら出なかったと記憶してる。
・・・であるならば!!
≪なおじろう≫が錬金術になるなら大いに利用しよう、ソレが始まりだった。
コレを皮切りにし、新潟でも他店で二郎系が侵食し始めたのは言うまでもない。


☆おこじょ≪長岡マウンテン≫
当時の密約通り、またボロクソに書くつもりで注文したメニューであった。
「だって、どうせナヲヂロォでしょ?」
ところが予期せぬ誤算があった、、、ソレは思いもしなかった。。。
騙しである、一種の詐欺だとも言える、、、
「なんじゃぁこの美味さわっっっ!!!」

二郎系に見せて実は二郎系にあらず。
超ド級の濃厚豚骨だなんて誰が推測したであろうか???

それはまるで皮も肉も軟骨も骨も煮溶かされた様な異次元の豚骨味。
「豚骨スープ」とすれば類稀な究極な旨さであり、一線超えマクリ!
若干のカチョさもあるが、豚骨濃くて化調ですら活かされず負けている。

もしも「二郎系」を定義するとしたら?
浅い醤油スープにモヤシ背脂ズン太麺、そして人道無視の強烈なカチョさ!
と、「ニンニク入れますか?」(爆)

違うんだ、モヤシ背脂ワシワシのズン太麺だが、トンデモナク美味いんだ。
こんなにも濃厚、ドカメンよりも濃厚な豚骨スープで二郎系とは笑わせる。
チャーシューは巻きバラで、そのブ厚さは春紀の2倍にも見える。
それはヤワヤワのgdgdにせず、肉質感を誇示した最良の出来。

アリエナイ、ありえません、
ストレスすら無く最後の一滴まで飲み乾しました。
えぇぇぇ、のろしもドカメンもスープ残す(飲めない)のにぃ。(笑;)

皆さん、騙されてはナラナイ!!
コレは二郎系を謳った異世界の詐欺的美味さなのである!!(キッパリ)

〜つづく。


[3466] !WARNING! 【ラーメン おこじょ】 超厳重注意店につき!
野良屋    ++ ..2019/06/03(月) 22:23
 
.jpg / 107.8KB

 ↑お味噌だっちゃ!

おぉぉぉ〜、そう来ましたか。
いわゆる焙煎味噌ってヤツでしょうか?
お恥ずかしながらワタクシ、こーゆーのは初めてでした。

それは湯気も立たぬ油の層が張られ、熱々の火傷必至で提供される。
湯気も立たぬだけに、見た目から恐ろ怖ろしい香りはソレほどでないが?
が、しかし、その油の下には想像以上の香味と旨味が詰まっていた。

たぶんこれ、入れて加えて混ぜて寝かせて自我を失った様な味噌ではない。
きっと活き活きとした味噌の艶めかさを火で封じ、味わいとコクを増した様だ。
深い味と風味があり、不思議と油の層でさえも軽快にすら思える。
自分が知らないだけだと思うが、他に類を見ない独創性にも感じる。

麺はあのマウンテンのド太い麺で、上品でなく野趣溢れる食べ応えとなっている。
思う程に塩っぱくもなく塩梅上々で、正に味噌にして味噌ラーメンなのだ。
美味いです、イヤらしさもクドさもなく、野蛮な美学を感じる美味さでした。



食べた後で思ったが、、、
券売機の[野菜]を追加し、更に刻みニンニクでも入れたら泣けそうだ。(笑;)
この味噌の意図はドッチラケになるかも知れんが、うん次はそうしてみよう。

〜つづく。


[3468] !WARNING! 【ラーメン おこじょ】 超厳重注意店につき!
野良屋    ++ ..2019/06/08(土) 21:56
 
.jpg / 109.1KB

 ↑季節限定:煮干し昆布水の、つけ麺

なんですか、限定つけ麺をやっていました。
「煮干し昆布水の・・・」う〜ん、どこかで聞いたフレーズだなぁ。

んで、
来ました、綺麗に盛られた細麺つけ麺です。
野蛮系(意図した)マウンテンを出してる同じ店とは思えない丁寧さ。

麺に張られた冷出汁を飲みますれば、見事にステキなピュア旨味。
それは昆布味濃く、煮干しはエグさも雑味もなく澄み切った香味旨味。
その出汁を纏った麺は期待より加水高そうな淑やかさであった。
でも正直、、、あまり驚かないのは日頃の成果か。

おっ、タレ? えっ、タレ?
うわぁ麺よりも仰天の、なんでまた背脂にバラ海苔の万人ウケ狙い!?
悪くないが、、、いや悪いな、あの麺にしてこのアサッテな組み合わせ。
麺側とまるでセンスがチグハグで、別人が作ったかクジ引きで決めたみたいな。
これは正直、いっそこのタレは無い方がポイントは高いと思うゾ。(笑)

まさかとは思うが、タレによって麺補正なのか??
どうせこの麺を食べて「味がしねー」みたいな輩は多かれ少なかれ居るんだ。
そんな残念舌など相手にしない為の特別で格別な限定ではないのか?

旨い、麺側は間違いなく美味いし、長岡でTOPクラスの美味さであろう。
麺を屈辱する様なこのタレでなければ、何度でも通いたい。





そこで事件は起こるんだ。
突然何かイベントが発生したらしく、店が仕掛けた騒々しいバカ騒ぎが始まった。
平成ゆとり君を釣る為か、昭和オヤヂとしては場の空気が苦痛でしかない。
いやそもそも、飲食店として有るまじき振舞い、しては成らぬ行為だろ?
どこかのキチガイ店の真似なのか、フーゾク店のつもりなのか、唖然である。

先のノドグロもマウンテンも味噌も、そしてつけ麺の麺側も(爆)、
こんなにも美味いのに、残念過ぎる店のB面を見てしまって無念極まりない。
あの美味しさを持ってして正当に勝負可能なのに、ワケワカランよこの店。

ラーメン屋、いや真っ当な飲食店ならば、美味しさが売り物なのだ。
キチガイ騒ぎや変なポーズで客の心を惹けるワケなく、邪道以前に論外だ。
なおじさん、この味を作れるのだから目を覚まして欲しい、そう願います。


〜つづく、か、もうヤメようか、考え中。。。




▼  【月岡大明神信者会便り】 2019年6月号 [返信
野良屋    ++ ..2019/06/02(日) 21:37 [3465]
  .jpg / 102.0KB

 ↑こってりチャーシュー大盛りダ!!

先月の限定≪上越 貝祭り≫はいかがだったでしょうか?
これを楽しみで行った際に、スゴイ状況を目の当たりにしました。
早めに着いたが既に車が6台。
その全てがお店側に頭を向けて駐車しており、もぅ信者さん確定。(嬉)
そんな光景だけならば良くあるのだが!?!?
なんと驚き、最初から10杯連続貝祭りで一気に品切れっ!!
スゴイ、凄すぎる、オソルベシ貝祭り。
いやね、普通ならば限定5〜6杯続いた後に塩や黒トンを挟むのだが。。。
ワタクシ、こんな全員が限定オーダーで一撃品切れって初めて見たかも?

素晴らしい貝祭りをありがとう。
そして、同じ価値観、同じ美味しさを共有した方々、嬉しく思っています。
確かその全員が「美味しかったです!!」と言って帰ったと思います。
ヤラセも台本も無しで起こる奇跡、それはこの店だからですネ。



んで、、、
何で「こってりチャーシュー大盛り」が晒されてるのかと?
ソレはネ、美味しいからですよ。(爆)

出来て来たばかりの時は、背脂の下には濃い醤油スープが見れます。
ですが食べ進んで麺が無くなる頃には、きっとスープは濁ってます。
さて、ナニが起こってるのか??

見るとこの背脂は豚骨スープの寸銅で待機してますネ。
背脂自らが油とコラーゲンだが、下の豚骨スープはもっとソレ。
その一触即発飽和状態のを清んだ鶏スープに入れると濃度違いで乳化が始まります。
ベースは鶏スープなのに、まるで豚骨の円やかさに変化。
それがこのコッテリ背脂の成せる業なのです。
〜以上、こんなの美味すぎるから好んで食わんでヨロシィ。(笑)


ってな事で、
つけ麺がもうすぐ始まります。
まだ最終審査のハンコが捺されてないので、発表まで今少しお待ちください。


≪あごすけブログ≫
http://cat.lolipop.jp/agosuke/

〜つづく。




▼  ここ最近のラーメン日記2019/5月号 [返信
野良屋    ++ ..2019/05/08(水) 00:23 [3456]
  .jpg / 116.7KB

 ↑大トロつけ麺(推測仮称)

特別でもなく格別でもなく、野良屋さんのラーメン日記のコーナー♪
GWの間は我慢にガマンし、行かないつもりだったが耐え切れず、、、。
で、予想の範囲でババを引いてしまった、野良屋さんの新潟ラーメン見聞録。

ムッチャ悔しいからGW粗悪店レポを書きます!
せめてもの慈悲として店名は書きませんから。
食べたのは「つけ麺大盛り」
空席の先客の丼を片付けられてない店内。
この時点でイヤな予感はしていたのだ。
丼すら下げられないのに客を取る儲け根性に呆れる。。。
つけ麺、見た目はいつも通り?だが、最初の一口で電撃が走る。
「塩っぱい、クソ塩っぱい、塩っぱ痛い!!」
我ながら自分の舌感覚には自信があるし、明らかに塩的なド塩っぱさ。
想像したくないが、ケチって元ダレに塩増ししただろう!!
だって色は普通な濃さ的な醤油色で、塩分が尋常ぢゃなく痛塩濃い。
麺にタレを下半分浸けただけでも堪忍ならぬ鬼塩っぱい。
材料が切れたならば店締めれよ粗悪店!!
例え割りの分量を間違えてもこんな生硬塩っぱくなんてならんから。
まぁネ、GWが過ぎればいつもの平常運転になるんでしょう。(爆)


それでは、マトモで安心な美味しいお店のみのスタート。
☆【麺屋 奥右衛門】 夜の、濁白湯麺+薬膳辣油
どんなに混んでいようと安心の安全の安泰の安堵感なお店です。
GW中とは思えぬ、いつも通り以上な美味さに感激。
その白湯は深く濃く、先回よりも格段に旨くも感じるし的確だろう。
まるで真面目過ぎる美味しさは、魚沼どころか中越1だと言っても過言でない。
素晴らしく美味しかったですっっっ!!!

☆【らぁ麺や 一晃亭】 謎の昆布出汁つけ麺(↑写真)
やっと仕事が終わり、喜び勇んで向かった長岡市。
追い煮干しチャーシューを押そうかと思ってたら「待った!」が掛かる?
なんと、次回発売の試作?つけ麺があるとの事。
かなり空腹だったので、ソレで、チケット@で、太麺で大盛りで。
おぉコレは、寺泊時代にも大旨かった愛しの昆布つけ麺ではないか♪
麺を食べる前に、その麺に張ってある濃厚昆布水を飲みますれば?
「とろとろのウマウマで昆布ぃぃぃ〜。」
そうです、麺は冷えた昆布出汁に浸かっているのです。
この昆布出汁を纏った麺を一口大に纏め、タレにチョと浸けます。
「うぅぅンま、なんたる美味さ!!」(キッパリ)
流石の麺は恐ろしく美味く、昆布武装の強靭なる麺なのだ。
確か翌日から出すとかなんとか、聞いちゃいないが一週間位だとか?
たぶん店頭にて朗報があると思うので、昆布つけファンは集合の事。

☆【麺屋あごすけ】 美味鶏塩麺+味玉
巷のGWも明け、空いてるかと思ったら通常通りの満員御礼。(笑;)
平日の2時半まで行列で満員って、天晴れ我らが麺屋あごすけです。
そしてなんとなんと、まだ蝦醤麺を販売してたとは!!(7日で終了)
そりゃね、県内の方も長野の方も富山の方も喜んで並ぶでしょう。
この店の安定度たるや、土日も連休も盆正月も関係なく同品質ですからネ。
待ち客の期待の笑顔、スタッフの笑顔、そしてもちろん信頼の美味しさ。
こんなにも素晴らしい店ですから、上越まで通うのも苦にもなりません。
ごちそうさまでした、嬉しい美味しさでした。

〜つづく。


[3459] ここ最近のラーメン日記2019/5月号A
野良屋    ++ ..2019/05/14(火) 23:46
 
.jpg / 111.9KB

 ↑布川スマイル健在。

たまに外界を見ますと、嬉しい発見があったりします。
しかし、見知らぬ外の世界が恐いのもまた事実ナリ。。。
まぁ結局は知らぬ仲でもないツテを頼りに訪問ですがネ。
もう小さな世界で十分満足してる、野良屋さんの新潟ラーメン見聞録。


はてさて、復活の5月の続きから。
☆【中華そば 市松】 つけめん
某店主と一緒にラーメンツアー♪
潤さんが居たら怖そうだと言うのでワタクシが案内です。(笑)
ヤワつけめんのレポは専用スレにて済み。
言いたくないが、もう既にこの店、気が抜けてないかい?

〜〜珍しくハシゴです〜〜
☆【おこじょ】 のどぐろラーメン
あれれ、なおじ長岡店が新装開店しちゃってました。
某店主が食べてみたかったと言うコレ、のどぐろラーメンだとナ?!
初めての店内、甲高い声の有名人、なおじさんは健在ダ。
運ばれて来ました、限定?らしぃこのラーメン。
見た目で意図した盛り付けだが、配膳ちゃんが方向をわかってないらしく残念。
まずはその濁ったスープを一口飲みますれば・・・!
旨い、笑える位に旨い、ナンジャコリャの美味さである。
ノドグロで?濁った濃いぃぃぃスープに、美味そうな麺が負けマクリ。
POPには動物系無しスープと書いてあるが、これホントに??
ベタつくコラーゲンさは動物系由来だと思うのだが、真相は定かでない。
とにかく、ノドグロでもナンでもイイが、間違いなく美味いです。
確か昔、なおじ本店でもこんな手法の旨さのラーメンがあったかも?
もう一度食べに行ってから、またレポしたいと思います。


☆【麺や 来味】 限定:濃淡塩らぁ麺、三種の肉盛り(↑写真)
新潟市出張にて、安心の安全の安泰のこのお店に。
今では年に一度位しか来れなくなったが、布川スマイルが見れて安心。
来る度にいつも違う限定が数種あり、迷うのだが定番ベースの塩で。
ほうほう、なるほど、三種の肉トッピングのスペシャル仕様です。
柔らかな大きな柵バラ、厚切りの鶏、そしてなんとローストビーフ!!!
まずはその熱々のスープを味わうと、期待以上に嬉しい喜びの旨さ!!
まるで鶏味強く、そして複雑に配合された旨味滋味の満足感。
上辺の鶏味以外いったい何が入ってるのか皆目見当不可能な旨さ。
尚、特筆すべきは全メニューが今どき安心価格だと言う事を!
・・・大きな声では言わないが、、、
もしもこの店が長岡にでもあったら、時代は大きく変わるんだろうなぁ。
その位の美味さです、ありえない最上の安定感です、尋常ぢゃナイっす。
また来ます、とても美味しかったです、ごちそうさまでした。

☆【麺屋 奥右衛門】 夜の、鶏塩麺(←特に意味ナシ)
相変わらず混んでおります、六日町の銘店、奥右衛門でございます。
盛り付けの綺麗さは中越でも屈指だと思う。
そもそも、盛り付けの綺麗な店ならば食べる前から安心の美味さでしょ。
ラーメンが好きで、ラーメン愛を持って作ると、こんなにも美味くなります。
少なくとも六日町界隈でこのレベルの敵ナシ!!
ごちそうさまでした。

☆【麺屋あごすけ】 醤油とんこつ大盛り江戸菜トッピ!
いつも思うのですけど、このお店。
帰るお客様の「美味しかったです!」を聞くと嬉しくなります。
こんなにも美味しい感謝を言いたい店って、他にそう多くは無いゾ?
1人が言うと次も言い易い、だからこそ率先して言おうと思うんだ。
この言葉を聞くとつくづく、このお店を好きで良かったと実感します。
こんな素晴らしいラーメン屋さんがもっと増える事を心から願ってます。

〜絶好調にて、つづく。


[3464] ここ最近のラーメン日記2019/5月号B
野良屋    ++ ..2019/06/02(日) 00:37
 
.jpg / 102.7KB

 ↑秘儀:奥右衛門チャーシュー麺の図

5月は復活食べマクリの飛ばし過ぎ、書くのが追い付いてません。
実は4〜5回に別けて書くつもりでしたが、もう遅いからイイか。(^^ゞ
多く食べても店の軒数は変わらない、野良屋さんの新潟ラーメン見聞録。(笑)


そんなこんなで5月の〆などを。
☆【一晃亭】 限定復活:煮干太郎
今回こそは麻婆麺狙いであったが、またしても限定があって泣いた。。。
なんとコレは復活の煮干太郎、、、いただきます。
ほうほう、前回よりもイヤラシィ味が増したような、過激な煮干しイズム。
少なくとも上品な味わいでなく、一線越したオバサン味。(爆)
好みでないのでベタ褒めはしませ〜ん。

☆【麺屋あごすけ】 遅咲き春限定試食
つけ麺試食かと思ったら、押しに圧された春限定の秘蔵品。
して、これが名物の開店前瞬殺完売を起した貝出汁ラーメンなのでした。

☆【ドカメン】 濃厚つけ麺大盛り!!
あ、もしや昨年の改正があってから初の濃厚つけ麺だったかも?
悲しいかな、タレの器が小さくなりました。
そして、大盛り!は伝えたが、何も言わないとニンニク入れてくれないのネ?
通常はタレの中に沈んでるので、食べてからニンニク無しに気が付いた始末。
次回は呪文の如く「大盛りニンニク!!」と言う事にしますが、が、
やはりニンニク無しではパワー感が足りんですナ。
以前よりもカチョく感じたが、器の小さい分は化調もケチって欲しい。
本題ですが、麺もチャーシューもスープも美味しかったです。

☆【ラーメン おこじょ】 長岡マウンテン!!
別スレにて書いたので略。
まだまだぁ、次は長岡生姜醤油と燕背油を食べる予定。

☆【麺屋あごすけ】 限定:上越 貝祭り
う〜ん、極めて旨く、素晴らしく美味いです。
場合に依っては独特な強い個性味が出そうだが、見事に丸く円く治めている。
初の豚腿チャーシューは絶品で、まさかエビおこわおじやが待ってるとは!

☆【麺屋 奥右衛門】 醤油麺+特製チャーシュー!!(↑写真)
いつか食べようと思っていた別枠の限定レアチャーシューを醤油麺とで。
単にチャーシューが増えるだけにあらず、通常と別な特製品が味わえます。
しっかりと下味を付けられた肩ロースのレアチャーシューになります。
鶏塩よりも白湯よりも、これはやはり醤油麺でヤルべきでしょう。
がしかし、期待してたより、もうちょい追い込んで欲しい味だかな?
尚、限定なのでいつもあるとは限りません。(たぶん)

☆【麺屋あごすけ】 「「背脂チャーシュー大盛りで♪」」
ひ、ひ、密かな楽しみが、、、見られた、バレた、目撃されてしまった!!
え〜ん、魔が刺したんです、ついうっかり、言ってみたかったんですぅ〜。
この店、いつも誰か知り合いが居るので注意が必要ダ!(滝汗;;

☆【麺屋あごすけ】 限定:上越 貝祭り
この日は余裕で仕事サボリだったので上越貝祭りに参加です。
三つ葉、この峻烈な風味がなんともニクイ。
そして後半に柚子胡椒を加えると、コレがまたなんとも嬉しい香味。
あぁ、わびさび、風流にして隠し玉は貝出汁餅米おじやに変化。
「美味い」の表現とはまた別次元の喝采美味さでした◎。

☆【麺屋あごすけ】 昼限定:辣塩とんこつ味玉!!
超早朝(深夜)から上越出撃にて、ヘトヘトのフラフラで昼飯。
わかっちゃいたが、11:40に着いたら1時間コースなのダ。
それでも後から後から行列が延びマクリなのが昼の平常運転。
名物塩とん、もうムチャなほどに美味いです。
そしてジワジワと混ざり来る薬膳辣油の神秘なる妖艶辛さの妙技。
ちょっと並んでるだけで食べられる多幸感美味さ!!
塩とんの美味さは、さっきまで並んでいた事さえも忘れさせる感激さです。


☆【麺や ようか】 醤油つけそば
粋、そうだ粋な食べ物なのである。
タレでもトッピングでもなく、麺を細麺を粋に食べるのが醤油つけそば。
なにも慎重に吟味などしなくてよろしぃ。
若そうに思える醤油味は巧く角を取られ、麺に刺さる風ではない。
ささっと啜った麺から、淡く鶏や、溌剌とした煮干しが垣間見れれば良い。
とか言いつつ、やはり自分は塩もりそば派だと再認識。(←おい!)

つけ麺が嬉しい6月号へと、つづく。




▼  【月岡大明神信者会便り】 2019年5月号 [返信
野良屋    ++ ..2019/05/14(火) 21:46 [3458]
  .jpg / 112.1KB

 ↑赤とん大盛り江戸菜増しの図

え〜っと、桜の時季もGWも終わり、やっと平常の混み具合になってます。
笑顔の接客、親切な対応、待ち時間すら苦にもなりません。
連休で混んでいても平日でも、いつもの変わらぬ美味しさに感謝。

さて、書きませんでしたが、変化にお気付きでしょうか?
確か4月の頭の頃からですかナ?
あご出汁を加える位置が変わった事を!!

手前です、従来の12時から6時方向になっています。
あご出汁が手前なので特に香り、そして徐々に味わい濃く変化します。

いつもの作法で最初の一口を飲んでるので、直ぐにわかりましたよ。
と、その前に、カウンターから見ていれば誰でもわかりますよネ?

カウンターとは、自分のを作ってくださるのを見れる特等席なんです。
ワクワクですし、嬉しい程の丁寧さも見て取れます。
スマホいぢりする為のラーメン屋ではないのだョ諸君!!


では皆さま、そろそろ今期のアレが解禁となります。
発表するまで、もう少しお待ちくださいませ。



≪あごすけブログ≫
http://cat.lolipop.jp/agosuke/

〜つづく。


[3461]  【前半最後の超限定?】 上越 貝祭り 【麺屋あごすけ】
野良屋    ++ ..2019/05/23(木) 21:27
 
.jpg / 107.8KB

つけ麺の前に皆さん!!
実は春限定で企画していたのがやっと封印を解かれ、そして今、満貝華!!

二枚貝特有の滋味旨味を誇示し、それは素晴らしい仕上がりとなっています。
まるで液体真珠の様な貝出汁濁りに、輝ける黄金の鶏油を浮かべています。
もちろん麺も特製、トッピングも特製、全てが特製な安心安全な限定品。


貝出汁だけとせず、肉旨味詰まったチャーシュー、なごみ豚の腿は逸品!
そしてナント?ナント!
予期すらしてなかったトンデモナイ隠し玉がっっっ!?!?

・・・言うとドキドキ感が薄れるかもなので書きませんが、
その隠し玉は麺が無くなってスープを飲むまでとって置くベシ!!



≪上越 貝祭り≫
お上品にして濃密度なる満貝華。
本日23日より今月いっぱい?
夜の部限定数量限定超限定なスペシャルプレゼンツ。
観桜会からGW明けまでのスタッフ慰労特製限定品。(汗;

並ぶ事を快感に思えるならば、きっと美味さは倍増しますよ!!
今回も素晴らしい美味しさに感謝。




 


     + Powered By 21style +