| ホーム | RSS | 携帯用 |

新潟ラーメン
野良屋さんの
新潟ラーメン見聞録


月刊にいがたタウン情報誌にて連載ed




そしてついにっっっ!
【野良屋さんの新潟ラーメン見聞録】
が別冊本になりました!!

過去6年間に及ぶ集大成。
数量限定、売り切れ必至、(かも?)
県内の本屋さんかコンビニで。
『買って見るベシ!!』(キッパリ)




≪新潟県内のラーメン食べマクリ掲示板≫
画像添付は100KB以下で御願い致します。
投稿されたテキスト及び画像は管理者の所有とします。
美味しい報告をメインにし、惨めでクソ不味い投稿は却下です。
管理者権限で予告無しに編集や削除する事があるので注意が必要です。

当掲示板では「自由な投稿」などは存在しません。
流れを読み、モラルとマナーを理解できる人のみ投稿を許可します。
尚、携帯電話からの投稿は受け付けておりませんので悪しからず。

当方は、県内でもBIG有名で信用のおけるラーメンサイト↓
新潟ラーメンナビゲーター
と、業務提携を結んでおります。

☆☆☆御多忙なラーメン屋店主さん達も、遠慮なく御活用ください☆☆☆

名前  
Mail   URL
背景色
文字色
タイトル   簡単タグ入力
添付  
フォームに保存  プレビュー       削除キー(半角英数字) 
 左の画像内の数字を入力して下さい 




▼  ここ最近のラーメン日記2020/暖冬1月号 [返信
野良屋    ++ ..2020/01/12(日) 21:45 [3509]
  .jpg / 111.8KB

 ↑異例の暖冬仕様の図(謎)

特別でもなく格別でもなく、野良屋さんのラーメン日記のコーナー♪
元旦からずっと仕事で、まだスマホデータ通信162MBしか使ってません。(笑)
あぁ、また今月も最低の1GBすら使わない電波要らずオヤヂなんだナァ。
だ・か・ら、ラーメン食べながらもスマホいぢってる輩がワケワカラン。
スマホ運転罰則強化と共に、おマヌケっぽいスマホ食いも禁止にしろよ行政。
身を乗り出して、席を立ってまで、フラッシュ光らせての写真小僧も同様で。
そんな熱心にラーメンの写真撮ったところで、レポも無しでは意味ないゾ?
だからこそ文字で表す味の表現が面白い、野良屋さんの新潟ラーメン見聞録。


新年明けてから今年も出足がまったりな新春号のスタート。
☆【麺屋あごすけ】 ごまから麺辛口と蒸し餃子!!
ラーメンの前に2個位はこの餃子を食べたい。
スゴイ美味い、メチャ旨い、特に皮の食感は蒸した天女の羽衣の如く。(しらん)
今回は辛口ごまから麺で、期待通りに翡翠麻油(椒麻醤)も増されていました。
いやほんと、最初の一口目はゴマさえ忘れる神秘的な爽やか痺れなお味です。
豚角煮とフレッシュザーサイにうっとりし、奥の薬膳黒辣油が混ざると絶好調に。
今回は黒酢は要らなそうだが、入れると更に円やかにして旨味が増して来ます。
そして!!蒸し餃子の下に敷いてあるモヤシなどをラーメンにIN!
いよいよ次はゴマトンにしてみようかな。

☆【ドカメン】 味噌らぁめん大盛り辛玉!!
おぉ、やっとリニューアルしたドカメンに初です。
駐車場が整備され、店内も内装が小綺麗に生まれ変わってました。
ととナント?!
朗報、カウンターの椅子が(見た目でも高く)新調されてました!!(大吉)
でも連れと小上がり席だったのでカウンターの新居心地はまた次回に。
して、えらく久々な味噌です。
美味いのはわかるけど記憶に無い位に食べてなかったので、今回は味噌辛で。
う〜ん、全体にやんわり、無難や標準以上にも纏まった美味しさです。
一丸となり纏まりすぎて突き出たツッコミどころもなく、やはり赤玉は正解。
小豚にも味噌にも赤辛玉は必須だと思います。


☆【麺や ようか】鶏塩そば(だったかな?)黒薔薇海苔トッピ!(↑写真)
ご存知、ようかの看板の定番の人気の鉄板の鶏塩そばですっ!
すみません、正式なメニュー名を忘れてしまってます。。。(恥)
煮干し中華の背脂たっぷり豪雪仕様も捨て難いが、地場ネタで小雪暖冬仕様に。
まずはスープ最初の一口は少量をレンゲで適度に冷まし、じんわり旨し。
塩に角があるワケではないが、ビンビンのリンリンに張ってるピュア美味さ。
まるで寝てない若い旨味であり、鶏も煮干しも溌剌としているんだ。

自慢の細麺は食感も風味も素晴らしく逸品である。
混ぜぬ様に慎重に手前からゆっくりと麺を引き出し食べ進む。
するとどうだ、徐々に徐々にも味の変化を感じられるのさ。
峻烈な玉ネギ、そしてお楽しみのバラ海苔に到達すると、最初とはまるで違う。
時折り忘れた頃に柚子胡椒を箸でチビっと舐めるとまた世界が変わる。

久々に食べたせいか、昨年より、いや今までで一番感激的な美味さに思えた。
そうなんだ、キーワードは純粋ピュア旨さ。
「あんなのどこでも作れるよ。」←なんて言ってる店には絶対にムリ。
お笑いも顔芸も変なポーズもなく、素直な賢明さだから作れる洗練なる味わい。
ごちそうさまでした、今年はもっと通いたいと思ってます。

〜つづく。


[3510] ここ最近のラーメン日記2020/暖冬1月号A
野良屋    ++ ..2020/01/22(水) 23:29
 
.jpg / 112.0KB

 ↑追い煮干しお

なんと昨年とは状況が変わり、今日現在でもう14食も食べてます。
珍しく連食もしちゃったりなんかして、今年は絶好調ですワ。
だがしかしダ!?
食べるのとココを書くのとはワケが違う、野良屋さんの新潟ラーメン見聞録。


それでは前回の続きから。
☆【ときに某店】 塩ラーメン(仮)
とある店が定休日だったので、前々から行こうと思ってたこの店に。
券買機あり、きちんとした挨拶あり、小綺麗なお店。
たぶんウリが塩かと思い、他を見ずに一撃で塩のボタンをポチ。
以前見た初期の盛り付け写真はソソラなかったが、今のは普通以上の◎。
標準でも麺量が多く、うん、この加水からしたら多い方だゾ?
なかなか面白い店だったので、後数回食べたら専用スレでUPします。

☆【味平】 ネギチャーシュー!!
自分は絶対にこの時間が美味いと思ってる午後1時過ぎ。
熱々のスープは穏やかであり、そして満足の旨味。
それは静かに隠れた魚介味もし、堂々たる王道の普通最強ラーメンなのだ。
まるで余熱すら感じる出来立て切り立てのチャーシューは逸品。
自慢の細麺をふぅふぅしながらすすり込み、あぁ素晴らしきかなラーメン。

☆【一晃亭】 追い煮干し塩で!!(↑写真)
初一晃亭はニボシオだと決めていたので、妙な限定が無くて良かった。(笑)
当然かもだが、標準の醤油よりも塩だと煮干しの効きが見えまくる。
上品で甘めな旨味のカタクチから、厚いコクを出してるのはウルメだろうか?
スープの動物系は十分にベースを固め、やや好戦的でもあるニボシオです。
チャーシューは煮バラと焼き肩ロースが入り、特にこの肩ロースが好き。
自家製の中加水麺は加水低めな調質で、茹で加減も流石は麺屋なのであった。

☆新【麺香房ぶしや】 らぁ麺
移転で新オープンしてたのに、なぜか通り過ぎるばかりで行かなかった店。
券売機で買って入ると、席も案内せず瞬殺でチケット立ちモギは前の継承。
あっそうだ、この非常識なシステムが嫌だったので前も行かなかったのだ。
自分が某審査員だったら、この時点で食べずに帰るネ。(爆)
んで、標準であろう醤油のラーメンです。
スープは、おお、前の店より明らかにぜんぜん美味いぞコレ。
乳化と言うより素材の骨も肉も煮溶かした様なコクで満足なる美味さ!!
スープ的には長岡で1・2を争う上々の出来ではないかな。
麺は、あれ?、若い感じだけど平打ちなのね??
スープがコク強く美味すぎて麺の価値が反映されないのか弱く思える。
チャーシューは薄い炙り巻きバラで、gdgdのnknkで不好。。。
もう肉だと思えない成れの果てで、生前の豚さんが報われない残念さ。
「ごちそうさま」したのに忙しいのか帰りの挨拶が聞こえず無念。
駐車場にタバコのポイ捨てが目立って客の民度を疑うンダナ。
つけ麺も食べたかったが、特にはもうイイかな。
少なくともスープは予想外に美味かったです。

☆【春紀】 みそらーめん+甘エビペースト!!
やっと行けた、やっと食べられた春紀式。
本当は塩にしたかったが、今回はガッツリと甘エビ味噌で。
優しい味噌味スープには穏やかに魚介も香り、正しく絶品!!(キッパリ)
柵のバラチャーシューは縦置きでも立つほど厚く、肉肉しくこの上ない。
途中から甘エビペーストを投入し、軽く一味も振って感無量ナリ。

☆【麺屋あごすけ】 夜限定:酒かす黒とんこつ!!
残念ながらこの夜、お目当ての限定ごまから麺が品切れでした。
それで酒かす黒とんをチョイス。
そのお味は??
写真と異なり、黒マー油が手前で甚だ残念である。
まずは丼向こうから純スープを掬い、ほう、これはこれは。
昨年同様とても円やかであり、そして通常トンコツよりスッキリに感じる。
ダメだダメだと思いつつ、途中から薬膳辣油を入れたら衝撃の展開にっ!
酒かすクラッカーみたいなのが1片乗ってまして、おぉコレは酒粕。
雪むろ酒かすラーメンポスターに「上越産の酒かすを使用する」とあるが?
まさか昨年みたいに糸魚川市の酒蔵の酒粕なワケはないか、知らんけど。

〜つづく。




▼  【月岡大明神信者会便り】 2020年 新春1月号 [返信
野良屋    ++ ..2020/01/12(日) 20:04 [3508]
  .jpg / 101.9KB

 ↑縁起モノ

えぇ、並ぶのがイヤなので年明けは自粛してました。
「「それでも並んででも食べたい!!」」
わかります、あの行列が美味さ指標の絶対的な証拠ですから。
しかし、いつでも行ける県内勢としては、なるべく行列を避けたい。
認めたくない人が泣こうが喚こうが、大人気の行列は衰えを知りません。
やはり狙いは平日で、それは昼2時過ぎか、または夜9時前か。

昼に行くとですね、あごさんが厨房に居る日が多くなったので嬉しい限り。
ベテランスタッフさんらの福々しぃ神笑顔接客もありますので昼はオススメ。


あ、ところで、やっと蒸し餃子の2回目を食べて来ました!
「コレはイケます!!」(キッパリ)
今となってナンですが、、、従来までの焼き餃子はほぼ食べてないです。
いや正直、特に、特別に格別にまで食べたいとは思ってなかったんです。
絶対に外せないのは天心ぐらいなもので、ラーメンと対等な餃子は希少です。

だがしかしダ!?
昨年暮れに初めて食べたこの蒸し餃子、前の焼きのとはえらい違いです。
まずは皮、まるで張り付く様な滑らか弾力で、それは赤ちゃんの肌感触。
そして中の具は薄ら味も付いていて、外部のタレが大袈裟で要らぬほど。
もっとシンプルな美味さでも良いと思うが、でも毎回注文したいアイテムです。


特にネタはありませんが、ごまから麺は絶好調です。
今年も通います。

≪あごすけブログ≫
http://cat.lolipop.jp/agosuke/

〜つづく。




▼  2019年度の反省会 [返信
野良屋    ++ ..2020/01/02(木) 22:53 [3506]
  .jpg / 48.8KB

↑春紀式たまりじょうゆらーめん肉増し!!

2020新年あけましておめでとうございます。
昨年度も多大なご支持を賜りまして感謝しております。
カチョイ店以外はスープまで飲み切り完食にて、まだ健康を維持してます。
「医食同源」とは良く言ったもので、私がその最たる実例でしょう。(笑)
しかし食べてないと精神的にもテンパる事が発覚し、如何したものかと。。。


それでは、その2019年の食べマクリ集計から。
最多は万年首位でもまだ飽きないこのお店。
☆【麺屋あごすけ】64食
え、それでも年々少なくなってますよ?
仕事に私事に海に行きますゆえ、上越は避けられません。
だってネ、あんなに美味いんだから理屈や言訳も通用しませんって。
でも実は、あまりの行列で諦めた事も数回ありました。(^^;


第2位は前年同様に安心の安全の安泰のお店。
☆【麺や 一晃亭】22食
毎回毎回行く度に違う限定品があり、久しく看板メニューを食べてません。
そのどれもが当たりであり、店主の探究心と確実性には頭が下がります。
また素晴らしいメニューを楽しみにしています。

そして第3位は、、、あ”ぁぁぁぁぁぁ!!!
☆【山岡家】上越店 12食
なんとなく伏線貼ったのわかりました?
海です、釣りです、釣りは仕事なんです、夜討ち朝駆けなんですよ。
嬉しいかな24時間営業の山岡家。
超深夜2時に行った事もあり、つかそば開店を待てず朝7時にもあり。
普通の通常の昼間とかに行った事は1度もないです。(キッパリ)
山岡家FCは1995年に知ってからもう免疫があるので平気♪(爆)

つづいての第4位は待ってました地元店。
☆【麺屋 奥右衛門】 11食
行けそうで行けてない地元の平日は昼のみ営業店。
少なくとも月2回位は行きたいのだが、平日は動けないし土日は混んでるし。
でも、いつでも行ける優秀店が地元にあるだけでも満足であります。


以降は10食以下で店名のみ順不同にて。
・しゃがら柏崎・ドカメン・ようか・天心・市松
・春紀・万太郎・おこじょ・三宝亭・味平・麺や来味
・あさひ楼・青葉・の村・万盛庵・山岡家長岡

(たった)20軒 (わずか)172食

総評:「「ぜんぜん行ってない!」」
・・・もうダメかも。。。

〜つづく。


[3507] 2019年度の反省会
野良屋    ++ ..2020/01/10(金) 21:45
 
.jpg / 110.7KB

 ↑栄光の3位のお店の、(^^ゞ

総評の纏めが困難で遅れてしまいました。
昨年も食べてなさ過ぎて平均も平等さも不可能なんですワ。

ドレが1番美味かったかと言えば、まぁアレです、、、
あごすけの限定各種に尽きるのが本音です。
でもネ、例えどんな正直に理論立てて真理を突くとモンクが来るんです。
「「人それぞれ味覚は千差万別ですからーっ!」」・・・みたいな。
そもそもオマエさんの好みなんて聞いてもないよ。(笑)
美味いの方向性が無ければ食文化さえ否定せねばならなくなります。
「個人の好みガー!」なんて言う人に限って化調絶対主義だったり、(爆)

私はもう20年以上も前の当初から「美味い!」を断言して来ました。
どんな文句や苦情があれど、一度も論理的に論破されてません。
単に否定するだけならバカでもアホでもサルでも可能でしょう。
じゃぁアナタはナニが出来るんだ、ナニを自信もって言えるんだ?
人目を気にしながら自分の感想を書く位なら公平でも正論でもないネ。
点数つけゴッコも評論ゴッコもアフィもしない、野良屋さんの新潟ラーメン見聞録。


・・・んで?
とりあえず山岡家は置いといてと。

2019年度も極め付けは【一晃亭】でしょう!!
週替わりの限定品攻撃たるや、週2回以上通わないと定番モノが食えない策略。
いやそりゃ某店も同じだが、たった1週替わりはあまりにも早スギ!
印象に残った美味さはと、トマニラタンタン混ぜ麺かなぁ?
一晃亭さん、今年も楽しみにしております。

重大事件と言えば??
また天心の巨匠の気まぐれでしょう!!
ラーメン界の神出鬼没、またはロブノール湖、またかョって感ぢです。
県内最大かつ最高の御箱を手に入れ、もう天心以外に考えられない快挙です。
それが一見さんスキー客相手だとしても、あのチャーシューが出ると思うと胸熱。
この冬は「最高のカレーを食べに石打丸山に!」が合言葉らしぃゾ。


はいはい、ではでは、本年も(コソは!)頑張ります。
もう既に面白い店に出会ってるので、その内にレポなどを。


簡単ではございましたが、定番の1月号にと、つづく。




▼  ここ最近のラーメン日記2019/12月号 [返信
野良屋    ++ ..2019/12/21(土) 22:34 [3502]
  .jpg / 107.7KB

 ↑逸幸亭作:比内地鶏と新潟地鶏の中華そば

特別でもなく格別でもなく、野良屋さんのラーメン日記のコーナー♪
あごブログを書いてない事にさっき気が付き、ごまから麺をUPしました。
もうネ、師走すぎて師走スギてラーメンも食ってられない貧乏ヒマナシなんです。
15日の時点で3食しかラーメン食べてなかったんですよ?
その他、丸亀・つかそば・越善などアリ。(笑;)
マジで首も腰も頭も回ってない、野良屋さんの新潟ラーメン見聞録。


それでは遅れ遅れの12月のスタート。
☆【麺屋あごすけ】 娘鶏麺たそがれ玉子!!
もう終わったから言いますが、薬膳辣油を加えたら異次元美味さでした。
お上品なピュア鶏白湯をイヂメるべく、掟破りの赤仕様の妙技。
今年のも果てしなく美味しかったですぅぅぅ〜。

☆【山岡家 上越店】醤油ラーメン中盛り油多め辛ネギ!!
またもや朝ラーです、24時間家です、天下御免の山岡家です。
時差ボケの睡魔の中、ならぬ堪忍するが堪忍の必殺胃袋押さえ込み!
カチョさで目が覚めると、ただならぬ嫌な色の汗が出て来ます。(爆)
もう多くは語るまぃ、うんまかったぁぁぁ〜〜〜。

☆【しゃがら 柏崎店】 えび辛つけめん2辛大盛り熱盛り!!
いつの間にか辛仕様が追加されてました。
本当は味噌ラーメン時の辛玉仕様が欲しいが、とりあえず辛仕様で。
で、知らんかったワ、なんと熱盛りにすると自動的に太麺になるんだと!
確か春の頃に麺改正があってからは熱盛りなんて食べてなかったし。
太麺#12位であろうか、味噌のと同じ麺らしいが味噌も食べてないし。
冷盛りの中太麺よりもずっとイイこの太麺。
麺に張られた湯が出汁湯だったら素晴らしく旨いと思うけどムリなんだナ。
美味かったけど、この辛仕様で100円増しなのはイカントモシガタイ。

☆【麺屋あごすけ】 ごまから麺試食
おぉ、んほぉ、この椒麻醤は超爆押しです!!
流石あごすけ、文句ナシの出来栄えでした。
後で1点だけあごさんに盛り付け仕様の願望を伝えて◎っと。


☆【らぁ麺や 一晃亭】 限定:比内地鶏とナントカ中華そば!(↑写真)
「す、す、これは素晴らしき鶏味!!」(キッパリ)
たぶん純鶏味、きっとピュア鶏味、模範的な旨美味鶏スープでした。
有りそうで無い味で、笑いも無ければカチョくも無い。
若々しい麺は加水低めで張りがあり、もう絶品ですよゼッピン。
最後の最後で冷めかかったスープからじんわり感じる昆布味がステキ!
すんばらしく美味しかったです!!!!!

〜つづく。


[3504] ここ最近のラーメン日記2019/12月号A
野良屋    ++ ..2019/12/29(日) 09:28
 
.jpg / 111.0KB

 ↑ラスト麻婆麺の巻

う〜ん、今月は本気でぜんぜん食べてないゾ?
師走とは、こんなにもラーメン食うヒマが無いのかと自問自答し。
今回のその他は、丸亀1、スシロー1、からやま1でした。(^^ゞ


では前回のつづきネ。
☆【麺屋 奥右衛門】 夜の、鶏塩麺!
ビール飲んで疲れを癒し、〆の塩ラーメン。
いやホント、素晴らしいに尽きますよ、普通を超えマクリの美味さ。
この店を知ってるってだけでドヤ顔できるでしょう。(笑)
麺もスープもタレもトッピングも、全て自店で作られる有能さ。
オープン時から全く劣化も手抜きも無いと言える真面目美味さ。
六日町にこの店アリ、もう既に観光名物にもなっている有名行列店です。

☆【麺屋あごすけ】 ごまから麺!!
試食時に出した改良案が反映されています。
冬季名物ごまから麺、今期のは今までで一番ゴマゴマしてないかも?
そうなんです、絶品鶏スープを活かすべくライトな仕上がりだと言えます。
だから椒麻醤が栄え、薬膳黒辣油が映えるんです。
そして、角煮も軟骨煮も旨ぇぇぇ〜。
まだ当分ごまから一本でイケそうだなコリャ。


☆【(天空の)天心】 さよなら麻婆麺!!(↑写真)
残念ですが冬季はスキー客優先とし、ラーメン屋としては閉まりました。
たぶん、あの(意味深)ラーメンを出すとは思いますが、私は興味ナシ。
ソレを踏まえ、春までオアヅケになるので別れの麻婆麺を。

しかしナンですナ〜。。。
県内最大級の客席と、県内最標高だとも感じる天空の天心。
店舗母体のみで言えば、間違いなく県内1の超豪華ハイソ施設ですし。
もうネ、ここまで来たら「宇宙に一番近いラーメン屋!」だと言えます。
あぁ、もう桃源郷どころの騒ぎぢゃないのよネ〜。

〜つづく。


[3505] ここ最近のラーメン日記2019/12月号B
野良屋    ++ ..2019/12/31(火) 22:33
 
.jpg / 111.8KB

 ↑食べ納めは地元にて。

やっと手が空いたと思ったら年末ドン詰まりで、
秘蔵のレポでも用意したかと思ったら定番の繰り返しで、(汗;
痩せる思いでラーメン食べてない、野良屋さんの新潟ラーメン見聞録。(笑)

はいはい、適当な店舗紹介が見たいならば他所を見てネ。
ここは責任持って絶対の美味いまで断言し斡旋するところです。
評論ゴッコや点数付けにもなってない、清廉潔白の無償奉仕なのですよ。


それでは前回のつづきから今月の〆を。
☆【麺屋あごすけ】 ごまから麺+味玉!!
ごまとんも可能らしぃが、まだ時期が早いナ。
この標準をトコトン堪能してから、たったの一回でも十分だと思ってます。
標準の鶏スープでも「辛口で!」と言いたかったが、次回にしましょう。

手前から自然にすすりますと、椒麻醤の青生めかしい清涼感の爽やかさ。
既製品を買って入れるのでなく、わざわざこの為に作るのが流石あごすけ。
次に角煮の円やか芳醇な旨味が加わると、胡麻風味と逢い舞って尚美味し。
徐々にも奥の薬膳黒辣油が引き込まれ、混ざり変化する楽しさが味わえる。
その都度茹でるホウレン草や、どんだけ手間掛けてるんだよって脱帽です。
儲け根性や腕組みドヤ顔などでは追いつけない美味さを作られています。
冬季限定ごまから麺、まだまだ終わりませんので是非どうぞ。


☆【麺屋 奥右衛門】 (丸鶏スープの)醤油麺!
この店の白湯麺を「トリパイタン!」だと言っちゃう人が居るとか?
鶏白湯だなんてドコにも書いてないし、そんな味ではないですがネ。
なんで鶏白湯だと思うのでしょう?
ソレは舌からでなく、券買機で標準が≪丸鶏スープ≫と書いてあるから?
要するに味覚でも知識でもなく、勝手な推測で得意気にそう言うんですネ。
逆に!?
あごすけは≪とんこつ≫表記だから皆「とんこつトンコツ」と言うが否。
どちらかと言えば、あごすけが鶏強く、奥右衛門は豚強いのですよ。
ええ、どこにも書いてませんが、食えばわかるから自信持って書きます。
情報としてウソはいけないし、知ったかぶり無責任ならヤメちまえ。
だから点数稼ぎだけの生半可なラーメンレポ屋は信用ならんのだよ。(爆)

はい、久々に丸鶏スープの醤油麺です。
「丸鶏だけ!」だなんて言ってないし書いてもいないので誤解なきよう。
臭味もイヤらしさもなく、とても清んだ味わい深い旨味があります。
もちろん醤油味が効き、魚介風味と共に安堵な美味しさ。
麺は芯?と言うよりも全体に締まりのある食感で、硬めな茹で加減が◎。
揚げネギの香ばしさがソソリ、バラチャーシューの脂身の甘さに頷く。
いやはやこの醤油ラーメンも美味いでしょう!!
近くても行くヒマが少ない奥右衛門、この年度最後に相応しいかも。


などと〆つつ、2019の反省会へと、つづく。




▼  【月岡大明神信者会便り】2019年12月号【麺屋あごすけ】 [返信
野良屋    ++ ..2019/12/16(月) 09:51 [3499]
  .jpg / 87.8KB

 ↑新兵器導入!!

お伝えしたい事が山ほどあり(溜り)、更新が遅くなってます。
先の十月革命より、ほぼ全品の味も仕様も見直されていますね。

一回食べただけでわかるほど神舌でなく、演出もヤラセもカンペもありません。
あごすけ創業当時の初心に返り、出来る限りの報告をしようと思ってます。

あ、外玄関に丈夫な戸も付き、冬対策も万全になっていました。
入る時は利五臓側より、帰る時は正面よりの出入りが得策です。

この年末も、素晴らしいあごライフを。

〜つづく。


≪あごすけブログ≫
http://cat.lolipop.jp/agosuke/


[3500] 夜限定:特製黒とんこつ
野良屋    ++ ..2019/12/16(月) 10:02
 
.jpg / 94.1KB

 ↑新:黒とんスペシャル

夜限定、名物の黒とんも変わっていました。
言うなれば、醤油味の白湯に黒マー油のみ。
あごパウダーもあご油も揚げネギなども入れず、黒マー油だけです。

黒マー油は丼向こうに入れてますので、最初は手前のピュア白湯を堪能。
香味油が介在しないピュア白湯でも、こんなにも旨いんですね。

ベースの白湯は更に旨く、そして黒マー油の起爆力が栄えます。
尚、お好みで薬膳辣油をチョと加えますと、もっと変貌を遂げます。


PS:
また例によって酒かすナントカが始まり、今期は[酒かす黒とん]との事。
この企画は政治的・利権的もろもろ絡んでる可能性があるので触れません。
特にレポはしませんが、これも夜限定らしいのでお試しあれ。

〜つづく。


[3503] 通常時最有力候補?
野良屋    ++ ..2019/12/29(日) 09:24
 
.jpg / 110.0KB

 ↑ワタクシ的オススメ大断言

≪特製正油とんこつらーめん≫
コレです、これだと思います、普通の醤油とんこつです。
トッピングの豪華さでなく、中身の醤油とんの問題なのです。



言うなれば、理想的なバランスの調合さ?
白湯自体がナニかの濃度が上がった気がし、醤油のタレも変わった感がある。
そして、このラーメンだけに許された揚げネギ油、これが最大の肝である。

お上品で更に高貴になった塩とん。
白と黒との熱いバトルの黒とん。
いや違う、醤油とんこつは完全体をも超えた絶品ラーメンだと言える。
それがきっと、醤油とんこつに拍車をかける揚げネギ油の成せる技だと思う。

味わい旨さ、香味美味さ、特に目立つ事なく丸く円く収まっているんだ。
安心のラーメンらしさをそのまま全体にレベルUP!!
限定品でなしに、いつでも食べられるのが嬉しい限りである。

今一度、そう思って醤油とんこつを食べると、何かを悟りますよ。

〜つづく。




▼  【麺屋あごすけ】ごまから麺【冬季風物詩】 [返信
野良屋    ++ ..2019/12/16(月) 10:25 [3501]
  .jpg / 112.1KB

 ↑試作品につき

来ました、来マクリですよ!
毎年恒例の冬限定、ごまから麺が本日よりスタートです!!

基本の鶏スープには、丹念に炒って挽き練りの特製芝麻醤。
これはゴマだけでなく、クルミも入れてコクが増してますよ。

褐色の油は薬膳辣油と香ばしい黒辣油とのブレンド。
(注:黒とんの黒マー油と黒辣油は全くの別モノです。)

今期の秘策、緑のソース?は??
これ、自家製の椒麻醤(ジャオマージャン)です。
青山椒を元にして作った爽やか辛いチョイ痺れ。
辛さよりも独特なソソリマクリの風味が素晴らしいです。

そしてお楽しみ?
中央には角煮と軟骨煮込みが鎮座してますよ!!
秘伝の山椒味噌を加えてじっくり煮込み、これだけでも逸品!
もちろん、寒〆ほうれん草とカリカリのフレッシュザーサイもオヤクソク。

基本的に限定とせず、昼も夜もあります。
急がずとも食べれますのでご安心を。

〜つづく。




 


     + Powered By 21style +