| ホーム | RSS | 携帯用 |

新潟ラーメン
野良屋さんの
新潟ラーメン見聞録


月刊にいがたタウン情報誌にて連載ed




そしてついにっっっ!
【野良屋さんの新潟ラーメン見聞録】
が別冊本になりました!!

過去6年間に及ぶ集大成。
数量限定、売り切れ必至、(かも?)
県内の本屋さんかコンビニで。
『買って見るベシ!!』(キッパリ)




≪新潟県内のラーメン食べマクリ掲示板≫
画像添付は100KB以下で御願い致します。
投稿されたテキスト及び画像は管理者の所有とします。
美味しい報告をメインにし、惨めでクソ不味い投稿は却下です。
管理者権限で予告無しに編集や削除する事があるので注意が必要です。

当掲示板では「自由な投稿」などは存在しません。
流れを読み、モラルとマナーを理解できる人のみ投稿を許可します。
尚、携帯電話からの投稿は受け付けておりませんので悪しからず。

当方は、県内でもBIG有名で信用のおけるラーメンサイト↓
新潟ラーメンナビゲーター
と、業務提携を結んでおります。

☆☆☆御多忙なラーメン屋店主さん達も、遠慮なく御活用ください☆☆☆

名前  
Mail   URL
背景色
文字色
タイトル   簡単タグ入力
添付  
フォームに保存  プレビュー       削除キー(半角英数字) 
 左の画像内の数字を入力して下さい 




▼  【月岡大明神信者会便り】平成30年11月号 [返信
miu    ++ ..2018/11/18(日) 23:54 [3414]
  クリックで拡大表示 ( .jpg / 111.1KB )

  ≪黒赤白≫

日を追うごとに寒さが増してきて、ラーメンが恋しい季節になってきました。
今月も半分を過ぎてしまいましたが…。
皆さんお忙しいようなので、黒板係のワタクシが僭越ながらスレを立てさせていただきます。
次の限定はちょっとオチャメなあの娘のようです。
今年はどんななのか、心して待ちたいと思います。




▼  ここ最近のラーメン日記2018/11月号 [返信
野良屋    ++ ..2018/11/12(月) 01:51 [3412]
  クリックで拡大表示 ( .jpg / 106.1KB )

 【祝】新・一晃亭オープン!【長岡市】

ファンの皆様に朗報、お待たせしました!
一晃亭さんが装いも新たに、長岡市内にて12日より移転開店大オープン!!
寺泊での【麺や 一晃亭】改め、【らぁ麺や 一晃亭】として再開です。

場所は長岡市大島本町、ファミマの隣の隣らへんで、中古釣具屋向い。
なんと、長岡駅からのバス停完備!?!?
これは間接的にも新幹線直結を意味するのではないか!!(^^;

暫らくはメニューも絞り、昼のみ営業だとの事。
しかし製麺機も持ち込み、当然ながら自家製麺は健在です!!
初心に返り諸先輩方に敬意を表し、トラディショナルな純白厨房着にて振る舞い。
そしてそしてなんと!?!?
12日初日はスペシャルサプライズ、あの大越シェフがサポートに降臨っ!!
美味さ確定、行列必至、近所迷惑な違法無断駐車禁止!
これは、もう、仕事サボってでも行かねば!!


ってなワケで、
特別でもなく格別でもなく、野良屋さんのラーメン日記のコーナー♪
え、一晃亭の営業時間??
そんなのはココでなくともわかる事なので調べてください。
ナニ、あご信者会便りはまだかって??
あぁ、、、その内にヒマ見て書きますから静粛に静粛に。
今月は時差ボケやら出稼ぎやらで忙しい、野良屋さんの新潟ラーメン見聞録。


それでは遅くなりましたが11月のスタート。
☆【潤 蔵王橋店】 ジュンジロォウぉぅぉぅぉぅ。
遅くまで営業が嬉しい切り札、価格も盛りも頼もしいジュンジロォウ。
う〜ん、やはり組み合わせ的に違和感アリアリですが。(汗;
美味くなくないのだが、ヤッツケ感が否めない。。。
モヤシ中華にすれば良かったと思いつつ、完全完食ごちそうさま。

☆【麺屋あごすけ】 超限定:上越かにがたり
偶然にも信者会幹部の方々数名と遭遇。(笑)
VIPの接待とか仕事抜け出しとか、カニ助の誘惑オソルベシなのであった。
実はこの時、塩の麺でなく標準の麺で作って頂きました。
けっこう張り的に濃厚蟹に刀打ちし、この麺の方が良かったかも反省会。
上越かにがたり、とても美味しかったです。

☆【ドカメン】 濃厚つけ麺大盛りニンニク!!
つけ麺は今期もうこれで最後になるかなぁ、と思いながらの定番品。
この敷居の低い美味さは一級であり、潤にして潤にあらずなのである。
今回もチケット立ちモギを阻止してやりました。(ゴメンねバイト君)

☆【安福亭 本店】 老麺
仕事中にて同行者との遅い昼の会議室。
っと、えぇぇぇっ、いつの間にかネギのサービスが無くなった??
こう言ってはナンですが、ネギ入れが無くなった安福亭に魅力は、、、
まぁネ、あの幅太だらしない多加水麺は一種魅力ですが、ですが、、、
数年に一度しか来てない店だが、このネギの件は大いにショックである。
どうせ目立ちたいだけのバカ共が「インスタ映え〜!」とかしたんだろう。
そんな事しても何一つ社会的地位など上がらないのに迷惑なヤツら。
役に立たない「いいね」の行く末に「ヨクナイネ!」を忘れずに。
あ、安福亭さん、残さず完食しました、ごちそうさまでした。

余談ですがワタクシ、この店でそう多くはネギを入れない人です。
だって、あのスープあの味に多量のネギが合うとは思えませんもの。
目立ち根性よりも大切な美味しさがある事を学びましょう。

〜つづく。


[3413] ここ最近のラーメン日記2018/11月号A
野良屋    ++ ..2018/11/16(金) 22:29
 
クリックで拡大表示 ( .jpg / 114.8KB )

 ↑ネオ一晃亭:追い煮干中華、と?

半わさびチャーシュー丼はオヤクソク!!
ラーメン大盛りにするよりも2倍楽しめます!!

と言うワケで、今月は新一晃亭をメインにお贈り致します。
食べないと忘れる、書かないと忘れる、野良屋さんの新潟ラーメン見聞録。
思い立った時に書いておかないとまたサボるので、早めに決着を。

☆【麺屋あごすけ】 昼限定:辣塩とんこつ大盛り味玉も!!
昼に来たらコレ、名物の塩とん、これっきゃないよの塩とんです。
限定杯数にケチつける方が居ますが、それは残念すぎる感性。。。
量産品やカンヅメ延ばしじゃあるまいし、その日の旬の塩とんです
並んでまで食べたい、それが名物塩とんなのです。
美味しさと達成感をも満喫、それこそが名物塩とんなのですよ。
もしも1時に来て間に合ったならば、あなたのラッキーデーでしょう。
感謝と感激をももたらす、そんな名物塩とんなのでした◎。

☆【麺作 赤シャモジ】新潟東店 特製濃熟つけめん大盛り!!
新潟市に出張の際、無難以上の安全策としてここに。
熱いのも食べたかったが、つけ麺の美味さを知ってるだけに、つい。
ドーデモイイ話しかも知れんが、お冷やが重い、水が重いのは承知。
冷えていてもキレの無い水であり、誠に残念な水道水である。
ソレを踏まえた上で!?
旨し、流石つけ麺美味し!!
この麺が美味い、ホレボレする麺である。
安定し過ぎちゃって、もっと暴れて欲しいのだが、尚も十分に美味い。
でも、あれっ??
タレが、つけダレが、以前の記憶とはブレ以上にも違うゾ??
美味くないのでなく、以前の方が間違いなくもっと美味かったと断言。
たぶん意図なのか多量の骨粉が底に沈み、お世辞にも面白いと言えない。
以前の方がコッテリまったりしたコクがあったが、なんだか拍子ヌケ。
レアチャーシューも、、、グレードが下がった感が否めない。。。
まぁソレらを庇う以上にも麺は美味かったです、はい。


☆【らぁ麺や 一晃亭】追い煮干中華+半わさびチャーシュー丼(↑写真)
一晃亭さん、移転オープンおめでとうございます。
開店日は【(元)青桐】さんが、翌日は【ようか】さんがお手伝いだったと。
こうした同業者からの心からの支援、素晴らしいじゃありませんか。
外にも店内にも同業者からの多くのお祝いが置かれ、見事に尽きます。

移転初は定番の看板の大人気の追い煮干中華を。
寺泊より明らかにコクが増した感じです。
動物系は深く濃く、煮干しはシャープにして旨味風味ガツンッと。
醤油が円やかに全体を纏め上げ、自家製麺も調和の如く美味さ。
レアタイプの肩ロースチャーシューがまた、素晴らしく逸品!(キッパリ)
バラも美味いのだが、この肩ロースは現在県内1でしょう!!
安心の安全の安泰の美味しさでした、ごちそうさまでした。


注:行列の人数分まで駐車場はなく、席数相応で少なく狭いです。
ここはラーメン屋であり、駐車場屋ではないのだ。
車で行くのはその個人の勝手であり、強制ではない。
目の前にバス停まであるのに、ワガママを押し付けてはなりません。
モラルとか、常識・良識を持って来店しましょう。

〜つづく。




▼  ここ最近のラーメン日記2018/10月号 [返信
野良屋    ++ ..2018/10/19(金) 00:17 [3406]
  クリックで拡大表示 ( .jpg / 99.9KB )

 ↑ブ厚切りチャーシューの図

特別でもなく格別でもなく、野良屋さんのラーメン日記のコーナー♪
・・・再三、毎月ながら度々申し訳ございません、、、
今月はネタが多すぎて書くに書けないでいました、
あ、ウソかもしれません、、、意図して怠けてマシタ。。。

ではまずこのネタ、
知らなかったとは言えすみません、
WEEK!の片山さん、長い間ラーメンレポお疲れ様でした。
そして、WEEK!誌もお疲れ様でした。(ですよネ?)
最終回を立ち読みする事なく終わられてしまい、今となっては無念です。

自分は≪喝采ラーメン≫から始まり、知名度と無関係に布教をして来ました。
その後は喝采ネタ切れの懸念から≪ラーメン見聞録≫へと移行して全6年。
そんな多くネコもシャクシもの「絶対!!」など無いからこそ引退しました。
今思っても、会社員しながら毎月のラーメンコラムは面白くも大変でしたよ。
それでも、五却の擦り切れの数コスリ分位は業界に貢献したと思ってます。
営利目的のメディア先頭でなく、本当の美味いを広めようとの思いは今でも。
片山さん、どこかのラーメン屋さんで偶然にも会える日を楽しみにしてます。
美味しさとメディア評は切り離して味わう、野良屋さんの新潟ラーメン見聞録。


では遅くなりましたが10月号のスタート。
☆【青葉飯店】 ラーメン(だったよな、たぶん)
久々に町に飲みに出た〆に、たしか20年振り位でこの店に。
ヘベレケでないのでラーメンの記憶はあるが、なんとも美味かった気が?
なにか忘れかけた味がある気がして、最後の一滴まで飲み干したのは憶えてる。
でもシラフで行くと美味しい記憶が崩れる気がして、、、ではまたいつか。

☆【春紀】 鶏パイタン溜りしょうゆ!!(↑写真)
偶然に偶然が重なり、数ヶ月振りにやっと行けた春紀式。
パイタンの書き立てが目に入り、「ソレで溜りで!!」
いつもの通常の普通のデフォの厚切りチャーシューは圧巻!!
かの関場食堂をも彷彿とさせる厚さである。(←ローカルネタ)
この厚切り2枚分で、Dグループならば8枚は取るであろう。(笑)
春紀式鶏パイタンは高柳以来にして、嬉しくも感激の旨さでした。

☆【麺屋あごすけ】昼限定:辣塩とんこつ大盛り味玉!!
正に神味、これ以上のは無いと思える絶対美味さ。
個人の好みだとかのNET弁慶のオママゴト程度ではないのである。
決して押し付けにあらず、絶対なのを絶対だと真実を述べてるだけでしかない。
こんなにも簡単に安易に「絶対!!」を使える店などそんな多くは無いゾ?

☆【麺屋あごすけ】 爽辛麺(サワカラメン)
これは塩ラーメンの派生と思わず、独立しての爽辛麺と考えるのがヨロシィ。
ソレが証拠に、単に塩ラーメンに爽辛オイルを加えただけではないのだ。
麺が違うのはアタリマエ、味も甘味的な何かが標準の塩とは異なる。
穏やかなスープに爽辛オイルのコントラスト、うん凄い美味い。
どこかの誰かが「サワカラメン」と言うのを聞くと、嬉しくなります。

☆【しゃがら柏崎店】 えびつけ麺大盛りモヤシ増し!
何か、何か一つ入れ忘れた様な、珍しくヌケた味。
ベースのスープにコクがないのはデフォだが、何かが足りない不満さ?
そろそろこの味に飽きてしまったのかなぁ、じぶん。。。

〜つづく。


[3407] ここ最近のラーメン日記2018/10月号A
野良屋    ++ ..2018/10/24(水) 22:19
 
クリックで拡大表示 ( .jpg / 119.3KB )

 ↑一晃亭作:もう見納め?麻婆麺の図

旬が旬だけに、家に帰らず海通いの、野良屋さんの新潟ラーメン見聞録。
先日は24時間で2時間しか寝ずに釣りに没頭してました。
仕事より家庭よりも釣り。
あごすけよりも?、、、、、釣り。(たぶん)
「釣り人って、おバカ。」(笑;)

ってなワケで、つかそばも丸亀も、24時間すき家も制覇です。
それでは前回の続きなどを。
☆【あさひ楼】 チャーシューメン大盛り!!
能生です、能生海岸にもお世話になっております。
糸魚川に向かう途中での遅い昼飯。
通し営業が嬉しいお店あさひ楼。
願かけで幸運を願っての奮発チャーシューメン!!
くぅ〜、湯気も立たぬテラテラの油の層がソソリマクリ。
熱々のスープと、身体に優しい食感の麺は絶大。
ごちそうさまでした。

☆【天心】ぶいこつ塩!!
ナニやら特製気まぐれ限定を薦めてくれたが、塩を食べたかったので塩に。
盛り付け、具材、そして味、全てにおいて正に桃源郷レベルである。
この仕様と価格で見れば、とんでもなくコスパに優れていると言える。
300万出したら最高グレードのレクサスが来たみたいな感じだネ。
このラーメンの価値がわからぬ人は、ナニ食ってもムリダナ。(笑)
ごちそうさまでした、素晴らしく美味しかったです。

☆【麺や 一晃亭】 最後の?最後の??マーボーメン(↑写真)
名残惜しく、最後の寺泊に行って来ました。
相変わらずの繁盛振りで、とりあえず聞いてみたマーボーメン。
つけ麺も食べたかったが、長岡で食べられなくなるかも知れないのでコレを。
そう言えば以前、このマーボーを食べもしないでバカにした輩がいた。
自分の大切な方々を侮辱するヤツは誰であろうと許さん!!
これこそはドコゾのパクリなどでなく、一晃亭オリジナルなのである。
四川麻婆と和の煮干しとの共演たるや、この独創性が美味さの要であった。
一晃亭さん、長岡でお待ちしております。

☆【麺屋あごすけ】昼限定:辣塩とんこつ大盛り鶏チャーシューに蝦醤!!
な、な、泣けた、、、余りの旨さに悶絶して我を忘れるところだった。
塩とんで、薬膳辣油で、そして蝦醤だなんて贅沢の極み味!!
こうしてエビ味を身体に纏い、アオリイカ釣りに向かったのであった。

☆【麺屋 奥右衛門】 辣塩白湯麺!!
なんと偶然にも数量限定に間に合った幸運の日。
あごすけで前日に辣塩とんを食べたので2日連続の辣塩とん。
そして奥右衛門作、、、ヤバい、旨い、本家と対等かソレ以上かも知れない。
濃厚白湯の円やか甘味に薬膳辣油がキリリと決り、これは美味いでしょう。
チャーシューは本家より美味く、青梗菜も言う事ナシ。
ちょっとスゴスギルぞOKモン!!

〜つづく。


[3411] ここ最近のラーメン日記2018/10月号B
野良屋    ++ ..2018/11/06(火) 22:11
 
クリックで拡大表示 ( .jpg / 72.2KB )

 ↑煮干し中心で世界は回ってる、ニボチューの図

まだ冬眠しないけど一触即発で準備中な、野良屋さんの新潟ラーメン見聞録。
10月中の仕事サボリが後を引き、またカンヅメ状態になってます。
泣いても喚いても雪は降るんだから、もう少しの間自由にさせてクレ〜。
・・・などと思いつつ、久々に帰宅した気がしてます。(笑;)

そんなこんなで遅れたけど10月の〆など。
☆【麺屋あごすけ】 蟹濁汁麺の最終試食
後に、これがウルトラ大人気の限定品となったワケでありました。
試作時にはもっとスッキリ感のあるスープで、それでも勿体ないほど。
カニ肉やカニ爪を期待していた方、残念ですがそんな赤裸々はしません。
メニュー名だけは食べてすぐに閃いたので、あごさんに送信っと。

☆【麺屋あごすけ】 夜限定:黒とん大盛り薬膳辣油で味玉!!
この夜の一勝負前にの願かけと腹こしらえ。
黒マー油と薬膳辣油との一騎打ち!?
うー、うー、どちらにしても美味すぎるぅぅぅ。
スープの色は悪くなるが、香味もコクもトンデモナイ美味さであった◎。

☆【万太郎】 正油ラーメン大盛り辛子ネギ!!
徹夜明けの朝帰り、、、途中で爆睡してしまったのでもうお昼。
耐え切れず帰って仕事の前にここで早めな昼食をと。
あいかわらずの値段ナリとも言える山盛りネギが嬉しい。
この辛ネギ山は崩さず、少しずつ麺で包んで食べるのがよろしぃ。
麺もネギも完食し、スープは躊躇わず全残しでごちそうさま。

☆【麺屋あごすけ】昼限定:辣塩とんこつ大盛り鶏チャーシュー味玉!!
連日の上越勤務にて、この店で全く飽きないのが特筆すべき点である。
他に行きたくないワケでもなく、「あごすけに!」行きたいのが本心。
今日この1食が最後の食事になるかも知れないと思うと、やはりこの店。
満腹し、身体の熱量も上げ、また長時間の海浸りに繰り出すのであった。

☆【麺屋 奥右衛門】 辣塩白湯麺!!
徹夜明けの朝帰り、、、途中で超爆睡してしまったのでもう完全昼さがり。
今回もラッキーな事に、赤とんがギリギリ残ってる幸せ。
実は今回は醤油のつもりで来たのだが、塩とんがあるなら優先して押すと!
くぅ〜、本家は本家、ここはここでとても美味かったです。
麺、たれ、スープ、トッピングと、抜かりも手抜きもなき本物の美味さです。

☆【麺屋あごすけ】 数量限定超限定:上越かにがたり味玉!!
5時半近くでかなりお客さんが居たが、何とか間に合った限定カニ助。
カウンターから見てると、最初から7〜8杯は連続なのであるカニ助!!
試作時よりも驚く程に濃度が上がり、蟹肉の甘旨さが濃厚に溶け込むスープ。
赤いカニ油に舞い散った黄色い菊の花びらと、精一杯伸びる緑なす豆苗。
ファミレスのステーキ程もある大きな肩ロースのレアチャーシューは絶品。
スープは惜しいほどの旨味を秘め、ご飯入れて玉子でとじて食べたい思い。
ごちそうさまでした、素晴らしかったです。

☆【麺や ようか】 煮干し中華!!(↑写真)
仕事帰りの寄り道にて、大きく迂回しての小千谷経由。
狙いは「ニボチュー!!」
いや確かに、この店で煮干し中華を頼むと負けた気がして引け目を感じる。
鶏塩3回でニボチュー1回ならまだしも、毎回ニボチューだと申し訳なぃ。
でもコレは旨味も香りもアザトさがあり、そこらへんが魅力美味さ。
太麺もこの上ない出来であり、醤油背脂煮干しなら県内上位ランクなのだ。
あわよくば、大盛りで刻みネギでバラ海苔で大脂で七味振って食べたい。
ごちそうさまでした、とても美味しかったです。


それでは、お山が白くなった11月号へと、つづく。




▼  【月岡大明神信者会便り】平成30年10月号 [返信
野良屋    ++ ..2018/10/09(火) 00:14 [3405]
  クリックで拡大表示 ( .jpg / 96.7KB )

 ↑究極奥儀:昼限定の辣塩とんこつ!!(+味玉)

台風も去って熱いラーメンの恋しい季節となりました。
そこで秋風記念特別、賢明な有能な信者会員さん募集のお知らせ。

信者会に入信し、幹部会から認定を受けますと、様々な特典が寄与されます。
・開店2時間前に来ても怪しまれません。
・駐車場は奥の広々とした遠い場所に停めて良い権利が与えられます。
・勝手に待合や駐車場のゴミ拾いしても良い権利が与えられます。
・他のお客様に迷惑にならない程度に布教しても良い権利が与えられます。
・待合中に店員さんに「お勧めは何ですか?」とワザとらしく聞いて構いません。
・店内満員にて、店の都合で席を移動させられるイベントも優先的に有りです。
・帰るお客様の「美味しかったです!」に大拍手しても良い義務が与えられます。
・もちろん帰る際には「美味しかったです!」と心から言う義務が与えられます。
・そして、この信者会便りに率先して布教投稿をする義務が与えられます。
・あごさんが店内降臨の日は、メールやラインで通知されるかも知れません!
やぁ、嬉しいネ、素敵だネ、幸せ感じちゃうネ。


ってなワケで、いつも通りな美味しさなのでネタがありません。
限定が出る時にはまた叫びますので、それまでは静かに並んでいてください。

今月のお休みは毎週水曜日定休となってます。(たぶん)


≪あごすけブログ≫
http://cat.lolipop.jp/agosuke/


[3408] 【緊急発売!】上越かにがたり【超限定?】
野良屋    ++ ..2018/10/26(金) 13:44
 
クリックで拡大表示 ( .jpg / 80.4KB )


 ↑試作品につき本番とは異なります

お待たせしました!!
やっと出ます出せます、地場モノも使ったカニ限定!!

カニ助ではありません、≪上越かにがたり≫です。
乗せただけーとか、入れてみただけー、ではないのだ。
あざといカニ臭さを武器にはせず、繊細かつ濃厚な味わい。
確か春の頃から試作に試作を重ね、やっと御披露目なのです。

秋限定としてはキノコソースも使い、この旨味芸術的。
カニのふんどしみたいな大きな肩ロースチャーシューも逸品。
例の酒かす云々は義理で作ったモノなので、コレが本命の秋限定。


本日夜の部より、期間限定数量限定超限定!!
≪上越かにがたり≫ 一生語り継がれる美味さです。


[3409] Re:【月岡大明神信者会便り】平成30年10月号
zucca    ++ ..2018/11/04(日) 06:51
 
クリックで拡大表示 ( .jpg / 104.2KB )

ご無沙汰しています。

昨日の夜かにがたり頂きました。

もはや創作麺料理の域に突入していますね。

黒いあのソース入れたら一気にイタリアンにへんしーん❗
しましたし、ちゃんとソース・アメリケーヌとっていますし、
これは手間と時間かかるし数取れないなと思いました。

フレンチやイタリアン食べていないとこのレベルについていけないですよ。

それが980円で頂けるのも凄すぎですっ❤


[3410] Re:上越かにがたり
野良屋    ++ ..2018/11/05(月) 10:44
 
長野支部の名誉会員zuccaさん、毎度ありがとうございます。
実は試作時より、かなり濃度が上がってた本番でした。
臭みなき蟹味、あれが蟹を晴れの舞台に押上げた蟹濁麺です。

そう、カニもエビも、鰯煮干しとかもそうなんだ。
劣化臭みを賞賛して「素材の持ち味ぃ♪」とか勘違いしてる人が多い。
熱を加えたり干したりした時点で「素材本来」などではないのだ。
獲ってその場で丸カジリでなく、だからこその「調理」なのである。

そんなにも調理技術によって美化された蟹味濁汁麺。
可能な限りファンの期待に応えるべく、もう少しだけあるそうです。

カニ濁麺にイカ墨ソースが付属し、、、?
コレに蝦醤を加えちゃったらカニイカエビで正に三種の神味!!!
更に鶏チャーシューと味玉を追加したら伝説の五光達成!!!!!
伝説を作りたい方はお早めに。




▼  ここ最近のラーメン日記2018/9月号 [返信
野良屋    ++ ..2018/09/20(木) 23:47 [3401]
  クリックで拡大表示 ( .jpg / 82.5KB )

 ↑青桐作:だぶる醤油

最初の一口目からキュンと旨い。
それは鶏と鰹と醤油と、そして香味を発する油を持ってして成せる業。
最初の一口でコメカミがギュンとする爆化調店は多々あれど、そうではない。(笑)
こんなにも強く激しく確実に旨味を感じるのに、安心の素朴さでもあるのだ。
中華らしくなく、かと言って和でも洋でもない、どことも違う味わい。
もしも10年食べずに目隠しされてこれを出されても「青桐!」と当てるだろネ。
こんなにも印象に残るラーメンに出会え、美味さ以上に感動さえも覚えるんだ。


特別でもなく格別でもなく、野良屋さんのラーメン日記のコーナー♪
・・・度々申し訳ございません、、、
一身上の都合により、すっかり怠け癖がついてしまいマシタ。
食べてないのもありますが、仕事の関係やらナンヤラで手広く出られない。
ソレでも辞められない止められられない、野良屋さんの新潟ラーメン見聞録。

20日過ぎてやっとこさ今月のスタートは都合で3軒のみ。
☆【麺屋 奥右衛門】 鶏塩麺
久々のオヤツタイムにて、安心の安定の安全の定番の塩を。
甘味と旨味が真面目過ぎるほど決り、もはや文句ナシの美味さ。
出汁の風味に鶏のコク、鶏チャーシューと旬の野菜、素晴らしい塩ラーメンだ。
麺は春の頃よりも短くなり、この位の長さが丁度良く思える。
この店に限らず多くの自家製麺屋さんに言いたいのは、、、
製麺機での麺重量優先カットにせず、麺長さ優先でカットして欲しい。
製麺担当の都合よりも、麺長さも踏まえての美味しさであるべきだと思う。
ラーメン好きの皆さんなら、もちろん麺長さも考慮して食べてますよネ!!

☆【麺屋あごすけ】 旨塩鶏麺
つけ麺の狂乱期も終わり、半年振りに平常に戻った感のひととき。
いや仮に平常に戻ったところで、いつもと同じ変わらぬ美味しさと品質。
この塩ラーメンが食べたいから上越まで通う、そんな大義名分は他にないゾ?
ストレスなく最後まで飲み干せる美味さ、尚も名残惜しい程の美味しさ。
冷めかけた残り少ないスープからアゴ出汁を感じると、あぁ来て良かったと頷く。
今回もとても美味しかったです、ごちそうさまでした。

☆【鶏骨スープ 青桐】 だぶる醤油ラーメン(↑写真)
抱擁感のある鶏濃さと、軽快な福与香さの鰹出汁。
しつこさがない焦がしラードの香味に炒り胡麻の芳ばしさ。
香りが強いであろう薬味的なネギと黒バラ海苔を奥に配置する心憎さ。
あざとさがないのに、記憶に残る特徴的な美味さの集大成なのだ。
ギュギュッと締まった熟成多加水麺は、後々までもそのコシを残す。
醤油濃く見えるが塩っぱいわけでなく、バラチャーシューが引き立つ味加減。
旨い、明らかに美味い。。。
それはラーメン屋が成し得なかった味の調合なのかも知れない。

〜つづく。


[3402] ここ最近のラーメン日記2018/9月号A
野良屋    ++ ..2018/09/28(金) 00:09
 
クリックで拡大表示 ( .jpg / 104.9KB )

 ↑青桐作:にごり塩

最初の一口目から滋味とも思える旨味をも感じる。
澄んだスープで化学的な味や、ましてや業販カンヅメのヤッツケでないのだ。
それは深く濃い鶏味で、皮も肉も骨も煮溶かされてる芳醇なる美味さ。
そこには気高く圧く鰹節が作用し、旨味を二乗三乗にも引き上げている。
決定打は、くすぐったいエビの風味、香ばしいネギ油の効果であろうか。
旨味と香味の相乗効果、醤油などで消さないからこその塩味なのである。
こんなにも嬉しい味わいに出会え、ラーメンに感激さえしてしまうんだ。


さて突然ですが、怒涛の麺屋あごすけ耐久レースのコーナー♪
ホントに美味いのか、マジで飽きないのか、ソレを検証してみました。

☆【麺屋あごすけ】 昼限定:辣塩とんこつ大盛り♪
旨し、さすが「神は舞い降りた」の塩とん美味し!!
それだけにあらず、この塩とんに薬膳辣油が入ると神の領域にっ!!
すごい、スゴスギル、もう仕事も家庭も忘れた。(笑)

☆【麺屋あごすけ】 旨塩鶏麺、薄味で。
以前もやってみたが薄味、まだイケる、ぜんぜん余裕の薄味塩ラーメン。
もしも鶏スープだけならばこうは行かないが、アゴ出汁の満足感効果絶大!
塩分が適量以下の薄いほどに、もっともっと旨味を感じ易い気がする。
まぁネ、塩っぱさとカチョさでしか満足出来ない人にはムリダナ。(爆)

☆【麺屋あごすけ】 醤油とんこつ大盛り薬膳辣油に鶏チャーシュー!!
くぅ〜、キク〜、、、濃厚豚骨の醤油味、そして薬膳辣油で天下無敵。
だがしかしダ、やはり薬膳辣油は塩とんの時に最大に効果を発揮する。
この辣醤油とん(赤とん)は風味以上に攻撃力が強いと思われる。

☆【麺屋あごすけ】 昼限定:辣塩とんこつ大盛り
オソルベシ神味、毎日の如く昼に絶大な人気を誇る塩とんオソルベシ!!
チャーシューからの醤油香が華やぎ、麺がキリリとして舞い踊る。
えぇ、声を大にして胸張って自信満々で言うが、
『県内でコレを越えるラーメンはない!!』(キッパリ)

☆【麺屋あごすけ】 醤油とんこつ大盛り薬膳辣油!!
・・・と言ったつもりだったが、意に反したモノが来ちゃいマシタ。
豚骨、これは豚骨ベースなのだが、その骨を癒す程まったり感??
植物的な円やか味の濃度にして、でもベジポタ豚骨でもないな。
例えば仮に、風味を可能な限り弱めた熟成味噌があったら?みたいなコク。
話しでは上越地域のイベントラーメンらしぃゾ??
浮かれて変なポーズとかしないように。(謎恥)

☆【麺屋あごすけ】 正規認定公式裏メニュー:爽辛麺!!
そろそろ飽きたワケでもなく、たまには食べたいサワカラ麺。
あぁジュリエット、出会ったばかりでもうお別れなのかぃ?
違うんだ、僕は悲しいのでなく、爽辛OILが目に入って沁みただけさ。
時に、カボチャの馬車やお菓子の家は、いったいどこにあるんだぃ?
愛と希望と勇気を胸に、長い道のりを一歩一歩進んで欲しい。
麺屋あごすけは、いつでもあなたを待っています。〜〜完〜〜

☆【麺屋あごすけ】 夜限定:黒とん!!
連続記録を作ったので、そろそろヤメようかの〆の黒。
コレはですネ、、、ナニがナンでも美味いんですよ。
でもワタクシ的には、やっぱり赤とんが好き。
イカ釣りに行く前には、縁起担ぎで黒とんですよネ。(^^;

☆【しゃがら 柏崎店】 えびつけ麺大盛りモヤシ増し!!
ふぅ、上越や柏崎方面にはしょっちゅう行きますので、毎度偏ってます。
過剰でもなく足りなさもなく、誠に出来の良いエビつけ麺です。
だから店長さん、オプションで辛味と、割りスープも考えてくれ〜。


☆【鶏骨スープ 青桐】 にごり塩ラーメン(↑写真)
連休に行ったせいか、とんでもない行列に並んでしまう。
満員の店内、後ろの順番待ち、みんなワクワクして待っている。
カレーの香りの誘惑に心ときめくが、今日は塩の日だと決めて来た。
にごり塩、今回のは特に美味かったです、記憶しました。

〜つづく。


[3403] ここ最近のラーメン日記2018/9月号B
野良屋    ++ ..2018/09/30(日) 21:59
 
クリックで拡大表示 ( .jpg / 73.3KB )

 ↑青桐作:西川カレー特スペシャル

順番待ちから、いや店に入る前から、魔性の香味の誘惑に駆られる。
これこそがこの店の真骨頂にして、他所がマネ出来ない洋食の業とも言える。
自慢の鶏骨スープに、オリジナルのカレールーを合わせる。
なんと味付けは濃口醤油であるし、辛味はラー油だったりして驚きだ。
流行りやマネやパクリでなく、ましてや業販カレーでのヤッツケでないのだ。
いうなれば香りは洗脳系であり、味覚よりも先に脳に働きかけて来る。
おそらく大多数の人間の脳には、この香りの受容体があるのは明白である。
それを欲してしまうのが自分の意思なのか、操られているのか定かでない。
こんなにも拒めぬ香りに出会え、ラーメンである事でさえ忘れてしまうんだ。



それでは、順調に食べ進んだ前回の続きから。
☆【麺や 一晃亭】メニューに無い気まぐれつけ麺大盛りで!!
細麺にするか太麺にするか迷い、ならば大盛り分を太麺で混合でとお願い。
一すすりの中にも食感の違いが面白いかなんて思っての検証なのです。
の前に、ややっ、麺に張られた出汁が昆布でなく、煮干し系に変わってる??
冷えた煮干し出汁も中々であり、スッキリ感は麺の甘味とも相舞って◎。
細太混合麺は期待していた明確さでなく、太麺が硬茹だったら面白かったかも。
麺は丼内で一口大に纏め、タレにチョビっと浸けるだけでヨロシイ。
塩分少なめ状態での旨味の感じ方たるや、出汁の素晴らしさに尽きる。
タレにダッポリ浸けてグルングルンに掻き回して食べるのは小学生まで。(笑)
今回も感激しました、美味しさをありがとうございました。
あ、この寺泊での営業は10月14日までなので、くれぐれもと。

☆【麺屋あごすけ】 赤とん大盛り!!
やはり赤トンでしょ、醤油豚骨薬膳辣油仕様ですよ!!
手前の薬膳辣油に侵食されてないスープを味わうと、安心の旨さ。
赤いのがジワジワ手前まで攻めて来ては、起爆剤の如くに閃香を放つ。
黒トンの場合はお手上げだが、赤トンの場合は異次元に飛ばされてしまう。
何度食べても薬膳辣油効果オソルベシなのであった。

☆【麺屋 奥右衛門】 醤油麺!
久々夜の奥右衛門で、甘えびトンがあったが、気分が醤油だったので。。。
この醤油麺の美味さ、もしや本家を越えちゃってるかと思う事もある。
盛り付けも良し、麺の茹加減も上々、清潔感と丁寧な挨拶。
当たり前な事を当たり前として実践している真面目さと謙虚さ。
腕組みもドヤ顔も変なポーズもしないであろう大久保さんに乾杯。


☆【鶏骨スープ 青桐】 西川カレーラーメン大盛り肉増し野菜増し(↑写真)
カレーだよ、この日はカレーにするゾと決めて来たんだ。
香りの誘惑、青桐マジック、逆らえない勧誘に素直に身を投げてみよう。
魅惑の甘い香りは脳神経に作用し、スープのコクと醤油味でニヤケてしまう。
「キクラゲ発見?!」なんて思ったら、コテンパンに炒められたタマネギ。
意図して調理技術的にメイラード反応にて味を変化させているんだ。
経験と理論が味を美味さを作り、ナンチャッテ店には不可能な技法である。
カレーの素での誤魔化しでなく、これぞオリジナルのカレーラーメンであった。
青桐カレーラーメン、今まで以上に美味かったです、記憶しました。

〜つづく。


[3404] ここ最近のラーメン日記2018/9月号始末記
野良屋    ++ ..2018/10/02(火) 22:14
 
クリックで拡大表示 ( .jpg / 105.0KB )

 ↑青桐作:鶏骨醤油ラーメン、鰹梅添え。

ここを御覧の多くの方々はご存知だと思いますが、
長岡市で多くのファンを虜にした【青桐】が9月末で閉店いたしました。

実は、店主の大越氏が店の母体である会社を退社するとか言うお話し。
であるからして、大越氏退社=青桐閉店になってしまう事らしぃです。
残念ではありますが、青桐があった事だけは間違いなく事実ですから。


出会ったのは7年前、そう初めて食べたのが鶏骨醤油でした。
その頃から(ずっと)「鶏ガラスープだ」「鶏パイタンだ」と言われてた。
違うだろ、明らかに肉濃い旨味であり、ガラ味でも白湯でもないだろうと。
老いた地鶏の皮も肉も骨も煮溶かされ、正に凝縮された旨味だった。

いつの頃からか、麺を【麺や ようか】から仕入れるようになった。
それは劇的に美味さに拍車がかかり、素晴らしいまでの麺使いであった。
その麺は十分に寝かせられ、スープに負けない程にコシを増した力強さ。
加水低めな麺を熟成させ、そして浅めに茹でて提供したのがあの食感。


そう7年前か、、、
自分がまだ月刊にいがた誌でコラムを連載してたなら絶対に書いたお店。
でも偶然なのか必然なのか、、、
嘘か誠か、その怪しい本に感化されて店を開いたのだと後日談。(汗;

青桐さん、今まで美味しいラーメンをありがとうございました。
毎回毎回毎回、とても面白く楽しく旨かったです。

今後はどこかで【小さな小さな洋食屋】が開店するのかも知れませんネ。
今までありがとうございました、ごちそうさまでした。


それでは秋風涼しい10月号へと、つ、づ、く。




▼  【月岡大明神信者会便り】平成30年9月号【あごすけ特別】 [返信
野良屋    ++ ..2018/09/05(水) 23:08 [3398]
  クリックで拡大表示 ( .jpg / 79.8KB )

 ↑基本の定番の常識のお薦めの大人気の普通の塩です。

マイッタ、先月8月は例年をも上書きして参った。。。
あの炎天下の中、皆さん1時間も2時間も待つんですよ、ラーメンの為に。
異常です、この店は、この店だけが、異状な人気振りなのです。
ソレは単に人気などにあらず、美味しさが伴ってるからこその大人気なのだ。

夏休みだから? 行列だから? どうせ一見さんだから?
そこで作り置き商法や、手抜き簡素化ボロ儲け商法などはしないんです。
いつも通り、いつもと同じクオリティーにて、安心の美味しさを提供しています。
この店がトータルで県内1なのは、もはやどんなデマが飛び交っても変わりません。
事実こそが大正義にて、待ち時間は期待が膨らむ時間なのでありました。



今月のお休みは毎週水曜日定休となってます。
では皆様、今(小さな声で)限定をしてるみたいなのでお店にて。

≪あごすけブログ≫
http://cat.lolipop.jp/agosuke/

☆今回は信者会特別編にて、この後にもまだまだ続きます☆


[3399] 月岡大明神信者会便り特別編 【麺屋 奥右衛門】
野良屋    ++ ..2018/09/05(水) 23:14
 
クリックで拡大表示 ( .jpg / 100.0KB )

↑基本の定番の常識のお薦めの大人気の普通の塩です。

いずれ独立を前提にして門を叩き、それから幾年月。。。
県内イベントや県外イベント、そしてあの大つけ麺博にも抜擢された大久保氏。
その経験値は店内でも間違いなく活かされ、慎重かつバカ真面目派であった。
その大久保氏が店を後にし、念願の店を持ったのが2年前の春であった。


【麺屋 奥右衛門】 南魚沼市
安定している、いつ行っても安定の安心の味なのである。
甘味を感じる旨味にて、キレよりも即効の風味と旨味の構成である。
もちろん層状ダブルスープとし、出汁は丼の右側で強く感じることだろう。

清潔な店内、全てのお客様の目を見て最上な挨拶。
店主の大久保氏は白のコックコートでキリリと決め、腕組みもドヤ顔もしない。
この姿勢、そしてこの美味さ、如何に素晴らしい修行先であったかがわかる。

【麺屋 奥右衛門】
あごすけの支店でも暖簾分けでもFCでもパクリでもありません。
初の正式な卒業生として独立し、大久保氏の思い描くラーメン屋なのです。
南魚沼、いや中越地区でも群を抜く美味さで大人気店となっております。
あごすけ比べ、是非ともお試しを。


[3400] 月岡大明神信者会便り特別編 【麺処 くれしづき】
野良屋    ++ ..2018/09/05(水) 23:21
 
クリックで拡大表示 ( .jpg / 98.6KB )

 ↑基本の定番の常識のお薦めの大人気の普通の塩ですっ!!

実は彼は、あごすけ現店長より、先の大久保さんよりも先に店に居たのだ。
ラーメンが好きで、そして、あごすけで働きたくて入社したと聞いている。
当時は「スマイル内藤さんの弟くん」ってな扱いのキャラだった。(笑)
まだ若くして好きで入った職場では、味も接客も対応もメキメキ吸収した。
確か「故郷に帰って自分の店を持ちたい!」が願望だった、のだった、た。

しかし様々な理由が重なり、店を出て故郷に帰る事になってしまった。
この時、神はサイコロを振ってしまったのであった。。。


【麺処 くれしづき】 長野県佐久市
昨年、風の噂で長野で自分の店をオープンしたと知った。
そして先月、仕事絡みでやっと長野に行く機会があり、もちろんここに。
「それでは北村君、何を出してくれるかな?」

・塩らーめん(↑写真)
円やかな鶏味と、やんわり魚介出汁が香る正当派の塩らーめん。
鶏スープは肉的な旨味で充実し、もちろん魚介出汁で層状ダブルスープに。
スパイシーに焼いた鶏腿と、締まり加減の鶏ハム?はオヤクソク。
旬の野菜として茄子と早採りカボチャをあしらい、盛り付けも見事である。

・赤白湯(先月の謎の写真参考)
「こ、こ、コレはっ!!!」
薬膳辣油にして薬膳辣油にあらず、もっと親しみ込めた魅惑の香味である。
スープの白湯は円く丸く割れず壊れず濃く旨く、美味すぎるぅぅぅ。
そこに特製薬膳辣油を合わせ、妙な甘味と旨味にも似た酸味?を感じる。
場合によっては本家よりオモシロ美味さで勝ってるかもしれん。。。



清潔な店内、全てのお客様の目を見て最上な挨拶。
店主の北村氏は白のコックコートでキリリと決め、腕組みもドヤ顔もしない。
この姿勢、そしてこの美味さ、如何に素晴らしい修行先であったかわかるゾ!

・・・修行先、それだけは間違いなく正しい肩書きだと言える。
ただ、卒業生、ではない、、、
しかし、その後も他店に浮気などせず、自分の理想を追求して今に至る。
どんな事があろうと、彼の中には尊敬すべき絶対的な「親父さん」が居るのだ。
それは店に入ればわかるし、ラーメンを食べたら納得するであろう。

【麺処 くれしづき】
あごすけとは公式では無関係であり、でもマネでもパクリでもありません。
なんと、限定塩とんも赤とんも黒とんも、爽辛麺も背脂もあるのだ!!
「いつかまた、あの最上階まで行きたい!」
そうか、そうだよ、君も素晴らしい師匠の下で育って来たんだよね。

長野県で、佐久市の旧繁華街?で、密かに小さなラーメン屋を営んでます。
もしもこの店が新潟県にあったなら、歴史は大きく動いていたであろう。
あごすけの常連さん方々、興味あらば是非ともお試しを。




 


     + Powered By 21style +