| TOP | ホーム | ページ一覧 |


No.3319 への▼返信フォームです。


▼  ここ最近のラーメン日記2017/9月号
野良屋    ++ ..2017/09/15(金) 23:53 [3319]
  クリックで拡大表示 ( .jpg / 87.0KB )

 ↑コクジャン月岡スペシャル!!

特別でもなく格別でもなく、野良屋さんのラーメン日記のコーナー♪
ダメか、ダメなのか、今月も既にダメっぽいのか野良屋さん??
はい、食べてないのでネタがなく、同じ店ばかりの飽和状態で・・・。
それでも美味いの正義を貫き通す、野良屋さんの新潟ラーメン見聞録。


ではでは、半月も経過したのに焦る事なく9月のスタート。
☆【春紀】 薄口しょうゆらーめん
つけ麺のつもりで行ったら、つけ麺は8月で終わってたらしぃ。。。
今シーズン、春紀式つけ麺はたったの一回しか食べてないよぉ〜!!
前みたいに年中通して提供してるかと思って失敗でした。(^^ゞ
んで、気を取り直して薄口しょうゆらーめん。
う〜ん、イケる。
穏やかな節系出汁に、円やかな充実感の動物系スープ。
そこに切れ味にも似た香味の醤油と、昆布の丸みや椎茸の風味。
麺は太いのに特に主張せず、まるで出汁を主役に持ち上げてるかの様だ。
この味この旨味、大袈裟に演じずにも強く深く厚く感じる真旨味なのだ。
隣の背脂さんが食べる前からコショーをブチカマシで、この店にしてツライ。。。

☆【麺屋 奥右衛門】 鶏塩麺
この日は朝飯ヌキで午前中に県外出張。
時に、腹に入れたのは商談アイスコーヒーと、谷川Pの湧き水のみ。(笑)
県外に行っても何も食べず、六日町インター降りて奥右衛門に直行。
もうずいぶん本家と離れて来た味の塩だが、これはこれで間違いなく美味い。
あぁやはり、知らない地で冒険するより、勝手知ったる地元の味が一番ですワ。

☆【青桐】 だぶる醤油の野菜増し!!
どうにもこうにも醤油が恋しくなり、醤油旨さを堪能すべく長岡まで。
この表面積少ない丼にして、見事なまでに立て積まれた盛り付けの綺麗さ。
濃いぃぃ鶏の香りの湯気から、強く圧い鰹と醤油香が混ざり合う。
なんとも晴々しい芳ばしさの炒り胡麻が拍車を掛け、香味は最高潮に達する。
その旨味は最初の一口目からキュンと旨く、また食べる程にズッシリ美味いのだ。
これは香りと旨味の三重奏、四重奏、五重奏、幾重にも重なった芳醇さ。
醤油濃いのに決して塩っぱいワケでなく、最後の一滴まで惜しむ様に堪能しました。

☆【麺屋あごすけ】コクジャン麺の鶏チャー味玉の月岡スペシャル!!(↑写真)
限定品無き今、選ぶは準レギュラーの裏メニューなのだョ諸君!!
コクジャン麺、これは溜り醤油を用いた第二の醤油ラーメンです。
メニュー表に無いだけで、いつでも誰でも注文可能な裏メニューです。
して、久々に食べたコクジャン麺とは・・・
その色濃い醤油に対し、香味も旨味も甘く感じる溜りマジック。
角のない円やか甘味の醤油旨さと、深く上品な鶏スープ。
そこにトッピング鶏チャーシューのスパイシー香ばしさが加わり、もはや感無量。



腹を満たす為のラーメンでなければ、量より数より、質を選べと強く言いたい。
では、その質とはナンゾヤと??
それは最後の一滴まで飲み干し、帰りの車の中で余韻としての質だと思います。
この美味しさを誰かに伝えたい、そう思わせる店なんて多くはないゾ?
ソレナリを100杯よりも、厳選した1杯の方が価値も質も高いのである。

〜つづく。


[3321] ここ最近のラーメン日記2017/9月号A
野良屋    ++ ..2017/09/27(水) 23:22
 
クリックで拡大表示 ( .jpg / 96.7KB )

 ↑ネタ切れなので、前回のステキな盛り付けの図

某日、某有名回転寿司屋に連れて行かれてしまいました。
言いとうない、言いとうないが、ワシはこんな所に来とうなかった。
いえいえ、イヤではないけど、隙あらばラーメン屋の方が良いなぁ。(笑)
・・・食べて些細な疑問を感じるゾ??
「う〜ん、たいした問題でないんだけど、醤油がカチョいし。」(爆)
コレ醤油なの?特製ダレなの?寿司に化調が必要なの??
店内調理だとか素材を吟味だとか謳っておいてカチョ醤油ですか??
文句ではないが、回転寿司屋の醤油を「カチョい」と言った人は居るのかな?
巷の普通のラーメン屋のカチョさに比べたら、適度な色気でウマウマですが。

某日、県外出張にて、超有名全国区の【一蘭】に入りました。
知ってる情報は博多系トンコツって事と、個別仕切りのあるお店って事。
躊躇なく替玉ラーメンのボタンを押し、なんとオツリが20円?!?!
まぁ有名店だし、全国区だし、980円にこの時は疑問を持たず。
平成ゆとりコミュ症君が大歓喜の個別仕切りは初体験であった。
んで、小窓から出て来たラーメンは過大期待を無視する普通さで、、、
いや、美味さ以前にコスパ的には普通以下だろ、コレ?(怒)
臭味なく甘味あるトンコツで、辛ダレと薄っぺらチャーシューとネギのみ。
ってオイ、冷静に考えたら替玉が190円もするってドンダケ全国区!!
はい、あえて比較として言おう。
「新潟県のトンコツ屋の美味さレベルは高い!!」(キッパリ)

あ、ちなみにワタクシ、
帰る時に店員なんて見えないのに「ごちそうさま」って言いましたよ。
もう寄る事はないが、「ごちそうさま」は客の礼儀だと思ってますから。



それでは、家に帰ってないので書けなかったつづきから。(マジか!)
☆【麺屋あごすけ】 旨鶏塩麺
限定無き今、やっと普通の塩ラーメンをば。
旨い、流石に美味い、非の打ちどころがない完成された美味しさに感無量。
好みとか云々ではなく、コレこそ絶対に美味いと言うのだョ諸君!!
昔のネギ油の利いた仕様が懐かしいが、今のこれもまた旨し。

☆【ドカメン】中華そば大盛り中油!!
釣れずの海帰りに煮干しの気分だったので、欠乏成分を補給。
・・・あ、あああああ、いよいよこうなってしまったか。。。
給仕の娘が丼の方向を知らずに置き、少し残念感。
もっと残念なのは、作った店員君が丼向きを考慮してないアサッテ盛り!
潤のロゴ基準に海苔やメンマやチャーシューの位置は決まってたのに残念。
店長君が居る居ないに関わらず、せっかくの教育が成されてない残念さ。
味はいつもの味だったが、配膳や盛り付けの付加価値が見えないのが超残念。
このままだと、チケット立ちモギの長靴接客のドーデモイイ店になっちゃうゾ?

☆【麺屋あごすけ】 醤油麺
限定無き今、やっと普通の醤油ラーメンをば。
たぶん年に1回位しか食べない普通の醤油ラーメンも、流石の美味さ!!
でもネ、個人的感想を越してまで、塩ラーメンの方が文句ナシの好きかな。

☆【麺屋あごすけ】 厳選日本海(仮)の試食
ボツ企画になるかも知れないので略。
でもこの時の味は、何か柑橘系のフレーバーが欲しい気がするコク強さでした。

☆【麺屋あごすけ】 赤とんこつ!!
ここ最近の野良屋さん、帰るヒマなく海通いしてたりします。
自分でもいつ仕事してるのか不思議なくらいに。(^^;
そんな事より赤とんダ!!
赤です、薬膳辣油仕様の赤トンコツなのです。
これに奮発して蝦醤も加えれば、家族も仕事も忘れる美味さになるでしょう。
薬膳辣油に消される事なく、麺が美味く、あご出汁が旨く、全てが満足の出来。

さて、これを投稿したら明日の分の仕事して、また海に行かねば!!

〜つづく。(・・・だいぢょぉぶなのか野良屋さん!!)


[3322] ここ最近のラーメン日記2017/9月号B
野良屋    ++ ..2017/10/02(月) 23:12
 
クリックで拡大表示 ( .jpg / 102.8KB )

 ↑美味さも伴うコスパ最強伝説!!


某人から「そんな店に行ったんですか?」なんて言われちゃいマシタ。
先見の目を持ってる方ならばピンッと来るらしぃ、が、今回も不可抗力。。。
自分もソレナリに知識も身構えもあり、しかし万人もそうだとは限らず。
「行きましょう」と言われたら断われない、野良屋さんの新潟ラーメン見聞録。


それでは、ナニ事も勉強だった9月の〆などでも。
☆【麺屋しゃがら 柏崎店】 しょうゆらーめん大盛り(+10円)
え、えぇ、知ってますよ、DかDDかソレ系の店でしょ?
「・・・言いとうないが、ワシはこんな所に来とうなかった。」
店内の雰囲気など、流石はDかDDかソレ系だと言えます。
きっと推測を裏切らない味だろうと、デフォの醤油ラーメンを。
たぶんに、この店はDD系と言うよりも、味噌から言って武蔵系だろなと?
ラーメンは、元祖D系の吉相系なのか武蔵系なのかのソレ系。
「う〜ん、ヘナ甘くてカチョぃぃぃ。。。」(キッパリ)
背脂と化調があって初めて成り立つレベルのコク無し薄ッペラ味である。
モヤシや背脂などドーデモイイが、オヤクソクの美味しくないチャーシュー。
かの美味しくないチャーシュー武蔵のマネなのか、はなはだ美味しくない。
生前の豚さんに恨まれる様な、残念な不好チャーシューの見本でもある。
胸を張って言うが、コレが美味しくないチャーシューなのだョ諸君!!
しかし、なんでこのグループは肉をワザワザ美味しくなくするのかネ?(爆)
あ、ちなみにダ!
カチョさには大きく分けて3種はあると思ってる。
一つ目は、長岡生姜系みたいなダイレクト即効の直爆カチョさ。
二つ目は、多くの店や、まだ良心的な店の後効きの後カチョさ。
三つ目は、DやDD系に見られるジンワリ蝕むヤミツキ催眠カチョさ。(笑)
この店、惹かれる魅力はわかるが、美味いと言ったら負けだと思ってる。
でも、大盛り10円とかモヤシ増し10円とか、経営陣は流石である。


☆【春紀】 しおらーめん、味薄目で。
意を決して噂の背脂にしようと思ってたが、この日は無いみたいでヨカッタ。
背脂たまり醤油のつもりで来たが、ならば塩で味薄目でお願いします。
塩、そう塩なのだ、特に出汁の良さを感じ易く、チャーシューが輝きを増す塩。
薄味にしてもらってもモノ足りなさなどなく、逆に満足度が上がるばかりナリ。
チャーシューから染み出た醤油で良い具合になり、あぁ真に良きかな。。。

☆【麺屋あごすけ】 爽辛麺
メニューには無いが正式公式裏メニューのサワカラメン。
この日この時、自分以外にも確認しただけで他に2人も爽辛麺が居た嬉しさ!
コレってネ、単に塩ラーメンの爽辛OIL追加ではないんですよ。
麺が違う?赤い細いのが乗ってる?、いえそんなの写真でもわかる単純回答。
だってこの爽辛麺って、普通の塩ラーメンより甘味旨味強いんじゃないの??
はい、明らかに辛味を棚上げしても、普通の塩とは味の構成が違うんです。
しみじみ旨い、面白く美味い、それが爽辛麺なのであります。

☆【麺屋あごすけ】 恐れていた急浮上、原潜日本海の試食!!(←誤記アリ)
まだ絶対確定ではないので略。

☆【麺屋あごすけ】 塩ラーメン、味薄目で。
たぶん、この店で味薄目の注文は初だったかも??
あ、オヂサンね、もう歳なので薄味が好みなワケなのよ。(^^ゞ
でもね、塩分は薄くても、それに反比例して出汁濃さは感じますから。
いやマジ、香ばしいアゴ出汁も芳醇な丸鶏スープも、輝ける美味さ!!
焼きあご出汁は苦味にも似た切れ味があり、甘くも薫る独特な香味。
自慢の基本の丸鶏スープは、なんとも得も云われぬ深い旨味の輝き。
麺屋あごすけ、定番の看板の基本の自慢の大人気の塩は流石だと思いました。

☆【ラーメンしみず】 とんこつ醤油を大盛りで!!(↑写真)
実はワタクシこの日、、、
前々から予定立てて仕事サボってまでして、一晃亭にフラれ長岡に来ました。
「「「その方が、アナタらしい LAMU〜♪」」」・・・もうどうでもいいです。。。
して、気を取り直してLAMUで物色の後は近場でラーメンしみず。
おいおい、今どき大盛りでチャーシューが6枚も入ってたったの750円!!
ナニが凄いかって、どのラーメンもチャーシューが満面の笑みですから。
ハッキリ言いますと、ソレナリのと美味しくないのと半々の枚数ですけどネ。
だがしかし、ソレナリのチャーシューもこの価格でこの多さなら大納得。
チャーシュー6枚、ネギ多め、メンマ多め、バラ海苔多めのコスパ最強。
なんだかなぁ、我を忘れる美味さの満足感だったりしました◎。

余談ですが、
当時見聞録の取材の後で、紹介した裏技とんこつ醤油が脚光を浴びました。
その後、裏技から裏メニューとなり、今では正式とんこつ醤油となりましたとさ。


ってなワケで、満月に吠える10月号へと、つづく。(←意味アリ?)




No.3319 への引用返信フォームです。

名前
Mail   URL
文字色
タイトル   簡単タグ入力
添付  
フォームに保存  プレビュー              削除キー 
 左の画像内の数字を入力して下さい