湖月わたるさん観劇報告掲示板

湖月わたるさんの舞台の宝物の記憶の掲示板です
よろしくお願いします
  <<   新規投稿   ツリー表示   一覧表示   携帯用   検索/過去ログ   ホーム  
  Across Super Live Vol.IV in Osaka 11月23日

[715] なか
[716] なか
[717] なか
[718] セナ

Name: なか
Date: 2018/11/27(火) 12:58
  返信  引用  編集 
Title: Across Super Live Vol.IV in Osaka 11月23日    
大阪、当然ですが去年の品川とセットリスト同じでした。

でも、男らしさは増してるし、可愛らしさは増してるし、いつ見ても惚れ直します。
行かれた方、感想聞かせてくださいね。40分くらいかけて書いたものが保存前に消えてしまいました(泣)
もうちょっとしたら、また書きます・・・・・。


Name: なか
Date: 2018/11/28(水) 14:50
  引用  編集 
Title: Re:Across Super Live Vol.IV in Osaka 11月23日    
失礼しました。感想お聞きしたいので、書けるところ書きますね。
キャリオカからはじまり、ネオダンのPARADAISO、現役そのまま大劇場に立てるというか、その頃より男どが増していて漢青天井だなぁと。エジプトは領地を広げてる、毎回上手くなると。

カラミティジェーンのメロディラインが、とても素敵でまた観たいなぁと思いました。衣装替えしてのピンクの革のミニスカがとても似合って、ヒップラインが理想的。どれだけスタイルが良いのか。

Name: なか
Date: 2018/11/28(水) 16:51
  引用  編集 
Title: Re:Across Super Live Vol.IV in Osaka 11月23日    
RIBIRTH、ACHE、SHINPASY(これはアンコール)と、わたるくん作詞の曲を3曲懐かしく聞けました。その世界観、明るく温かい人柄とまた違う闇を抱えたような、裏の世界を見るようなところ、
結構好きです。どちらもあるから、わたるくんで。

ローラ、ヴェルマと、今まで歌ってきた歌も、聞くたびに上手くなる感じで、また大きな舞台で観たいなあと思います。
ALLTHATJAZZは歌うたびに舞台人としてもっと頑張れ!とおしりをひっぱたかれる感じがすると。

ミルク32は、歌ったから大丈夫と思ったら、かなり手こずって、一番練習したと。これ、振られてばかりみたいですね、私と歌い終わった後いたずらそうに笑った笑顔が印象的。

最後に来ていた黒の繋ぎは、キャッツアイのようなチャーリーズエンジェルのような衣装で、まるでそのわたるくんが見られた様でお気に入りです。

前日の22日、大阪は木枯らし1号が吹いたそうで、宝塚退団の日を思い出したと。天気どうかなと思ったけれど、良いお天気になって。
宝塚大劇場の千秋楽、台風が来ていて、でも、その時は晴れたのを思い出しますと。当日暴風警報出ていたら楽屋口からこっそり出てねと言われていて、パレードできないなんて嫌だ!t思ったら、良いお天気でよかったと。

大阪に来ると、最初の頃を思い出して、梅田の街を歩いてみましたと。阪急電車も見たりして、受験で乗った時のこと、制服を取りに梅田に来るのに乗ったこと。新人公演卒業してから免許を取ったので(そんなに遅かったんですね・・・もっと若いころ取ったのかと)、それから電車乗らなくなったので懐かしいと。

来年舞台生活30周年になるので、初心を思い出すと感慨深いというようなお話。
12年前今の私は想像できませんでした。東京での最後の舞台がはじまって少し経った頃、この後私を待っている舞台はないんだと思ったら、猛烈に寂しくなって、
頭ではなく、全細胞のレベルで舞台に立ちたい!!と湧き上がってきて。後にも先にもそんなことはなくて、
ダムヤンキースとダンシングクレージーのお話を頂いて、舞台に立つことにしましたと。
あの時の思いがなければ、今の私はいませんと。
そして、こうしていつも温かく私の舞台を見に来てくださる皆様がいなければ。
年月が経つと、それぞれご事情が変わってきますし、お身体の具合も。そんな中、駆け付けてくださる皆様のそれぞれの華を咲かせる太陽のようになれれば・・・と、思っていますと。

心惑わす男らしさ、キュートな可愛らしさ、お芝居そのままみえるような心を込めた歌、どれもわたるくんの魅力ですが、
舞台を培える努力を重ねた上に、こうして真心深く、素直なお気持ちを下さるから、毎回、また会いたいと思ってしまいます。



Name: セナ
Date: 2018/11/28(水) 21:12
  引用  編集 
Title: Across Super Live Vol.IV in Osaka 11月23日 24日    
なか様、打ち込んだデータが消えてしまって大変でしたね。
詳しいご報告ありがとうございます。
大変素晴らしい舞台でしたね!
遅ればせながら、ご報告いたします。

私は23日・24日に行ってまいりました。
私は東京で開催されたLiveIVに行けませんでしたので、これが初めてでした。ですので高揚感を抑えるのが大変でした。

何より大阪での開催!嬉しかったです!わたるさんも「念願が叶ったよー!」と言って下さって、感激でした!大阪でもやって欲しいとお手紙に書いた人も多かったのかな。

最初はキャリオカからスタート。大阪はやはり宝塚が近くて原点みたいな場所だから、セットリストも一番は宝塚の曲から始めようと思ったとか。

登場のシーンから、青いコートをひるがえして、髪型もサイドを編み込みにしてとてもかっこよかったですね!これぞ湖月わたる!というか。拍手の音が揃っていて、みんなも同じ気持ちなんだなと思いました。
ダイナミックなダンスも見れて大満足でした。
やはりわたるさんのダンス好きだな〜って、しみじみしました。

歌って踊って司会もして、本人は大忙しですが(笑)

次のお衣装は、ピンクのミニスカで!どんな感じかしらと思ったけど、すごく似合ってましたね。もうスカートを履いてもお笑いコーナーにはなりませんね(笑)なか様のおっしゃる通り、私もヒップラインが綺麗だなと思いました。普段どれだけトレーニングされているのか。凄いですよね。普通は重力に負けるのに…。

ミルク32、初めて聞きました。とても可愛くて、思わず抱きしめたくなっちゃいました。知らんぷりが出来るアキラさん尊敬です(笑)初日は大照れしてもじもじしてるのかわいかったですね。2日目は終わってほっとしつつ、ちょっと淋しいとのことでした。

青春の影も、とても力強くてカッコよかったですね。わたるさん、高音だけでなく低音も素晴らしく響かせられて感動しました。こういうお歌も合っているのかも。感傷的でいい感じでした。

AllThatJazz、やっぱりテンション上がりますね!わたるさんのおかげで、私も唯一歌えるようになった英語の歌です。迫力ありました。
The Roseもそうですが、わたるさん英語の曲似合いますよね。なんかしっくりくるというか。まだまだ聞いていたい気持ちでした。

最後の黒いパンツのお衣装もお似合いでした!スタイルが良すぎて、あれを着こなせるのって凄いですよね。わたるさんは身体にムダがないっていうか、健康的に鍛え抜かれてるっていうか、なんか美しすぎて、芸術の彫刻品を見てるみたいにうっとりしてしまいました。

カーテンコールでは、ファンのみんながお花としたら、元気になれるように私は太陽のような存在でいたいと話して下さいました。優しいですよね。いつもファンのこと大事にして下さって…。
すごく元気になりましたよー!

またライブがLiveXに繋がっていきますように。また大阪でもやりたいですと話されました。
ぜひまた大阪でもお願いします!

最後はスタンディングオベーションでしたよ。

1日目の出待ちはカレンダー特典の棟梁のカッコで登場でした。Tシャツにジーンズの出で立ちですが、スレンダーでカッコよくて!…まぁ何を着てもカッコイイということでしょう(笑)
ビール片手にお茶目なわたるさんで、みんなを笑いの渦に巻き込んでいました。

2日目の出待ちはサンタさんの格好で!とっても可愛らしくて、でもやはりすごく背が高いので凛々しくて…もうなんでも着こなしますね(笑)モコモコのサンタさんの服なのに細かったですよ。
ファンへのクリスマスプレゼントということでしょうか。本当ファンサービスが素晴らしいですね。

最後はお決まりの投げキッスでみんなをメロメロにしていました。罪なお方ですね(笑)

また来年は芸能生活30周年ですね!わたるさんの愛を胸に、これからも応援していきたいと思います。




 
No.715 への引用返信フォームです。

名前
MAIL
URL
タイトル  
コメント
添付   >>お絵描き
背景色
文字色
   名前などを保存する  プレビュー        削除キー 



削除・編集   管理者画面   RSS   + Powered By 21style +