お寺ネット かけこみ相談室です。心の疲れた人へ。一人で考えていなくて話してみて下さい。宗派を越えてみんなで話し合う掲示板です。NPO法人かけこみ相談センターの相談員も協力しております。個別相談は、NPO法人かけこみ相談センター

レスに対する意見はご遠慮ください。(ご注意:誰もが書き込めますので、メールアドレスの公開する場合、偽僧侶や勧誘・詐欺ご注意ください。また、特定の個人並びに団体名をあげての批判・中傷などは、受付いたしかねます。自殺予告や自殺を誘発するような書き込みは、削除いたします。(通報する場合も)当掲示板での一切の責任は負いかねます)過去の相談例

お寺ネットtop | かけこみ相談室へ仏事の相談室ツルとも和尚のお手伝い



  <<   新規投稿   ツリー表示   一覧表示   携帯用   検索/過去ログ   ホーム  
  持病と生きるには。先行き不透明。

[30531] みう
[30533] 在家
[30534] みう
[30535] 在家
[30536] みう
[30537] 在家
[30539] みう
[30540] 在家
[30541] みう
[30542] みう
[30543] 在家
[30544] みう
[30545] 在家
[30549] みう
[30550] 在家
[30551] みう
[30552] みう

Name: みう
Date: 2018/03/19(月) 21:57   No:30531
  返信  引用  編集 
Title: 持病と生きるには。先行き不透明。    
クリックで拡大表示 ( .jpg / 123.6KB )

前々から他の方の投稿を読ませて頂いており、皆さん大なり小なり悩みと共に生きていらっしゃることを感じ取り、またそれは自分への甘えからくるものもあれば育った環境やうるさいことを言ってくれる人がいない、気付きが足りなかったこともあるでしょう。さて、私も他人事ではありません。この度投稿させていただきますのは、私も私で自分の歩む人生はどうしたらいいものか迷走しており、和尚様のお言葉を頂戴してひとつ打開策を考えたいと思っております。私は明日死ぬという大きな病でありませんが、かれこれ18年過食(太りたくないので下剤を覚え、海外の輸入サプリメントを常用)、ダイエット依存(運動ありき)が人生の生きる指針になっているようです。本来ならば仕事をしたり、家庭を持ったり体型に捉われることなく幸せに希望や夢を持って生きることが望ましいですが、私はどうしても生きるすべが痩せることや体型になっています。かつて精神科では双極性障害の中の摂食障害合併と言われ、今お薬も頂いておりますがいけませんね、海外の輸入サプリメントは飲んでるのに薬の副作用で太るのが怖いからと逃げてるんですね。私は三年前、ジムでガンガントレーニングをしているところ、ある医者に声をかけられました。「君、頑張ってるね!あとどのくらいやるの?もうやめたほうがいいんじゃないのか?顔色悪いし、チアノーゼも出てるし、呼吸もおかしいよ。」しかし、私は目標カロリーがあり、やめることができません。それから何度かその医者に声をかけられ、倒れる寸前までジムで追い込んでおりましたので、心配されてたのでしょう。それから、この医者とご縁がありまして、治療をしてもらいつつ、そのクリニックで働くことになったのです。今、このクリニックに勤務して、多くの重症患者に携わって、私の治療もしてもらって、院長に夢を与えて頂きました。4月から医療従事者になるために夜間の学校へ通うのです。しかし、院長は障害者1級という命に関わる持病をもちながら、私のお守り、サポートはもう限界みたいです。私もいつまでも院長を振り回しておんぶにだっこ状態では院長の身体も危険です。私はこの持病に振り回されなければ、通常の可愛らしい女の子なのに、この持病に人生を振り回されています。今、私は時間もお金も足りて充分すぎるくらい悠々自適な生活を送らせて頂いております。しかし、過食と痩せ願望を手にしたい願望が強すぎて院長の側を離れて自分の思うように生活をしたきとも思っています。仕方ないのかな病気だから。知恵がついてきた分、昔の自分スタイルに戻ってしまうことも躊躇しています。しかし、戻らないと自分らしくない。そんな悶々思考状況が四年続き、これ以上院長に迷惑をかけないためには、うん、やっぱり、一人生活で自分のしたいようにやるのがいいのかな?そんなことを毎日考えており、堂々巡りです。太ってしまったんですね。だから、嫌なんですね。自分一人だったらスタイルキープできるのになと思ってしまいますよね。このような子供じみた相談ですが一筋の光を頂戴できれば指針になると思います。お忙しい中長文をお読み頂き、感謝申し上げます。


Name: 在家
Date: 2018/03/20(火) 08:36   No:30533
  引用  編集 
Title: Re:持病と生きるには。先行き不透明。    
写真があなたであれば、理想的な姿に見えますが、放っておけば本当に太るのですか?
脅迫性障害ととらえれば、脅迫に徹底的に逆らうことで、強迫性障害自体は改善してゆきます。
几帳面で潔癖症ではありませんか?

「双極性障害の中の摂食障害合併」というのは双極性障害がどのように摂食障害に関わっているのかよくわかりません。
それからお勤めのクリックの診療科目は何科で、あなたはどんな治療を受けているのですか?
お話だけでは状況がよくわかりませんので、とりあえず摂食障害を含めた精神障害の一般論だけ申し上げます。

精神障害に共通するのは、自分の周りの環境に自分の心が振り回されて、本当の自分を見失っていることです。
本当の自分というのは感情でも思考でもない、その奥にある自分の魂(たましい)のことです。
あなたは目で見、耳で聞こえる今生きている世界が、すべての世界だと思っていますね。
そうではなくて、自分の内側の魂に本当の自分の世界があります。
自分の心をそこに根付かせれば、それだけで安らぎに満たされて、太るとか痩せるとか誰かが見ているとか見ていないとか全く気にならなくなって、どんな精神障害でも自然に治ります。
それが自分を取り戻すということです。


具体的には自分と向き合うことを自分の習慣にするのですが、それをやるのが仏教ですから、一度こんなところに2〜3日行ってみられては如何でしょうか?
永平寺
https://daihonzan-eiheiji.com/experience.html
鹿野山禅青少年研修所
http://www.kanozan.co.jp/zen/
そこで何かピンとくるものがあったら続けてください。

自分の力だけで今の問題を解決することもできますが、これらを続ける中で、もし縁があってあなたを浄化してくれる人に出会ったら、浄化をしてもらえばすぐにでも解決すると思います。
しかしあなたが十分に自分を取り戻していなければ、再発することになるでしょう。
それから私は僧侶ではなく一般人ですからご了承ください。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
〇お願い:男女の区別と年齢を記入してください。
〇メールで相談されたい方はこちら:NPO法人かけこみ相談センター
http://kakekomi.or.jp/
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


> 前々から他の方の投稿を読ませて頂いており、皆さん大なり小なり悩みと共に生きていらっしゃることを感じ取り、またそれは自分への甘えからくるものもあれば育った環境やうるさいことを言ってくれる人がいない、気付きが足りなかったこともあるでしょう。さて、私も他人事ではありません。この度投稿させていただきますのは、私も私で自分の歩む人生はどうしたらいいものか迷走しており、和尚様のお言葉を頂戴してひとつ打開策を考えたいと思っております。私は明日死ぬという大きな病でありませんが、かれこれ18年過食(太りたくないので下剤を覚え、海外の輸入サプリメントを常用)、ダイエット依存(運動ありき)が人生の生きる指針になっているようです。本来ならば仕事をしたり、家庭を持ったり体型に捉われることなく幸せに希望や夢を持って生きることが望ましいですが、私はどうしても生きるすべが痩せることや体型になっています。かつて精神科では双極性障害の中の摂食障害合併と言われ、今お薬も頂いておりますがいけませんね、海外の輸入サプリメントは飲んでるのに薬の副作用で太るのが怖いからと逃げてるんですね。私は三年前、ジムでガンガントレーニングをしているところ、ある医者に声をかけられました。「君、頑張ってるね!あとどのくらいやるの?もうやめたほうがいいんじゃないのか?顔色悪いし、チアノーゼも出てるし、呼吸もおかしいよ。」しかし、私は目標カロリーがあり、やめることができません。それから何度かその医者に声をかけられ、倒れる寸前までジムで追い込んでおりましたので、心配されてたのでしょう。それから、この医者とご縁がありまして、治療をしてもらいつつ、そのクリニックで働くことになったのです。今、このクリニックに勤務して、多くの重症患者に携わって、私の治療もしてもらって、院長に夢を与えて頂きました。4月から医療従事者になるために夜間の学校へ通うのです。しかし、院長は障害者1級という命に関わる持病をもちながら、私のお守り、サポートはもう限界みたいです。私もいつまでも院長を振り回しておんぶにだっこ状態では院長の身体も危険です。私はこの持病に振り回されなければ、通常の可愛らしい女の子なのに、この持病に人生を振り回されています。今、私は時間もお金も足りて充分すぎるくらい悠々自適な生活を送らせて頂いております。しかし、過食と痩せ願望を手にしたい願望が強すぎて院長の側を離れて自分の思うように生活をしたきとも思っています。仕方ないのかな病気だから。知恵がついてきた分、昔の自分スタイルに戻ってしまうことも躊躇しています。しかし、戻らないと自分らしくない。そんな悶々思考状況が四年続き、これ以上院長に迷惑をかけないためには、うん、やっぱり、一人生活で自分のしたいようにやるのがいいのかな?そんなことを毎日考えており、堂々巡りです。太ってしまったんですね。だから、嫌なんですね。自分一人だったらスタイルキープできるのになと思ってしまいますよね。このような子供じみた相談ですが一筋の光を頂戴できれば指針になると思います。お忙しい中長文をお読み頂き、感謝申し上げます。



Name: みう
Date: 2018/03/20(火) 09:27   No:30534
  引用  編集 
Title: 在家様への回答    
早速のご回答ありがとうございます。写真ですが、私の所属しているパトロールランニング(町の治安を確認しながら走る活動)の写真を色付けで適用させていただきました。実物の私はさほど太っているわけではありませんが、自分の納得のいくプロポーションではないので毎日が憂鬱です。

強迫障害と言われればそうなのかもしれませんが、精神疾患も曖昧ですよね。あくまで疑いですから。変なところでこだわりがあったりしますが几帳面は度は過ぎない程度、潔癖はありません。
さて、クリニックですが、かつてどうしようもなく苦しく死にたい死にたいと豪語している時に愛知県医療福祉センターに電話をし、症状を話しまして今の心療内科を紹介されました。そこでの診断は気分障害(双極性障害)で摂食障害という枠組みではありませんでした。薬は3種類で気分安定薬、過食を防ぐ薬、不安や緊張を和らがる薬です。

私はわかってるんです。自分を愛せていないこと。それから愛を求めていること。
ですが、自分の内側の魂に本当の自分の世界があるということ。
私にはわかりません。どうやって見つけていけばいいのでしょうか?

かつて永平寺に行こうと考えたことありました。厳しい修行に耐えられないと思ってやめましたが、行けば何か見えてくるのかな、、。


Name: 在家
Date: 2018/03/20(火) 10:00   No:30535
  引用  編集 
Title: Re:在家様への回答    
クリックで拡大表示 ( .jpg / 103.5KB )

写真は私ではありません。ダルマさんです。^^
永平寺は静かでよいところですよ。
「ピンとくるものがあれば、何か自分を取り戻す縁があるかも知れない」ということです。
自分を取り戻すのは長い道のりになりますが、続けていれば少しづつ取り戻してゆくでしょう。
愛知なら鹿野山国際禅道場が千葉ですから遠くはありません。
ここは40年前私が初めて仏教に飛び込んだところです。


質問があります。
双極性障害ということですが、「躁」状態では何を考えますか?「鬱」状態では何を考えますか?
そこにあなたの容姿や容貌に関わることがありますか?


> 早速のご回答ありがとうございます。写真ですが、私の所属しているパトロールランニング(町の治安を確認しながら走る活動)の写真を色付けで適用させていただきました。実物の私はさほど太っているわけではありませんが、自分の納得のいくプロポーションではないので毎日が憂鬱です。
>
> 強迫障害と言われればそうなのかもしれませんが、精神疾患も曖昧ですよね。あくまで疑いですから。変なところでこだわりがあったりしますが几帳面は度は過ぎない程度、潔癖はありません。
> さて、クリニックですが、かつてどうしようもなく苦しく死にたい死にたいと豪語している時に愛知県医療福祉センターに電話をし、症状を話しまして今の心療内科を紹介されました。そこでの診断は気分障害(双極性障害)で摂食障害という枠組みではありませんでした。薬は3種類で気分安定薬、過食を防ぐ薬、不安や緊張を和らがる薬です。
>
> 私はわかってるんです。自分を愛せていないこと。それから愛を求めていること。
> ですが、自分の内側の魂に本当の自分の世界があるということ。
> 私にはわかりません。どうやって見つけていけばいいのでしょうか?
>
> かつて永平寺に行こうと考えたことありました。厳しい修行に耐えられないと思ってやめましたが、行けば何か見えてくるのかな、、。
>



Name: みう
Date: 2018/03/20(火) 13:00   No:30536
  引用  編集 
Title: 在家様への回答    
ダルマさんの写真を添付くださり、感謝申し上げます。

ピンとくるものがあれば、何か自分を取り戻す縁があるかも知れない。これは難しい、いつになればインスピレーションが訪れるのか。


鹿野山国際禅道場のホームページをあとで見てみたいと思います。こちらもまた教えてくださり、感謝感謝です。


双極性障害ということですが、「躁」状態では何を考えますか?
→行け、行け。動け動け。倒れるくらいまで運動してやる!
走れ走れ。このような衝動に課せられます。ですからジムでガンガンにトレーニングをすることになります。

「鬱」状態では何を考えますか?
→何にもやりたくない。生きていたくない。生きていてもよいことないわな。こんなに醜い身体になってしまったから痩せないといかよな。


そこにあなたの容姿や容貌に関わることがありますか?
→結論、思考は関わっていると思います。


Name: 在家
Date: 2018/03/21(水) 01:18   No:30537
  引用  編集 
Title: Re:在家様への回答    
多分ですね、あなたは容貌や容姿に恵まれていて、その価値を失うことが恐ろしいのではありませんか?
外面の世界がすべてで、心が空虚だとそうなります。


魂がわからないということですが、魂は心の中で、勇気、意思、情熱、努力、忍辱(にんにく)、成長、自立、喜び、公正、愛、統合、安らぎ、治癒、などの働きをしています。
オリンピックで羽生選手が怪我の痛みを乗り越えて金メダルを取ったのは感動的でしたね。
それは魂の賜物です。
私たちはどうかと言えば、怠惰でとても羽生選手のような努力はできないわけです。
その怠惰は煩悩によるもので、羽生選手と私たちの違いは魂と煩悩のどちらが優位かだけです。

あなたはと言えば「厳しい修行に耐えられないと思ったから永平寺に行かなかった。」
それは魂よりも煩悩が優位に働いたということです。
その魂を取り戻さなければ、煩悩に振り回される精神障害は克服できません。
自分の心が魂に根を下ろして、煩悩を克服するために仏道があります。


> ダルマさんの写真を添付くださり、感謝申し上げます。
>
> ピンとくるものがあれば、何か自分を取り戻す縁があるかも知れない。これは難しい、いつになればインスピレーションが訪れるのか。
>
>
> 鹿野山国際禅道場のホームページをあとで見てみたいと思います。こちらもまた教えてくださり、感謝感謝です。
>
>
> 双極性障害ということですが、「躁」状態では何を考えますか?
> →行け、行け。動け動け。倒れるくらいまで運動してやる!
> 走れ走れ。このような衝動に課せられます。ですからジムでガンガンにトレーニングをすることになります。
>
> 「鬱」状態では何を考えますか?
> →何にもやりたくない。生きていたくない。生きていてもよいことないわな。こんなに醜い身体になってしまったから痩せないといかよな。
>
>
> そこにあなたの容姿や容貌に関わることがありますか?
> →結論、思考は関わっていると思います。
>



Name: みう
Date: 2018/03/21(水) 21:19   No:30539
  引用  編集 
Title: Re:在家様への回答    
おっしゃる通りです。そう、私は煩悩の塊です。魂の浄化ができておらず、また悲しいことに真の内部魂が何を求めているか?わからないのです。羽生選手を一例に挙げれば彼はオリンピックで一位となり、金メダルを取ることが目標であった。目標のために身を粉にして激しい訓練を怠らず、痛み止めを服用しながら戦いに挑んだ。一心不乱に目標だけを見つめ必ずや成し遂げるんだと自分に誓い苦しい困難な道のりも乗り越えて人間として卓越して成長していく。だとしたら自分に聞きたい。私の目標って何?私の魂は何を求めてるの?その答えが外観的な見栄えで体型となる回答なんてなんだか寂しいよ。そこじゃないはずだよ。でも在家さん、まだここしか辿り着けないの。どうしたらいいんだろう。

Name: 在家
Date: 2018/03/22(木) 07:13   No:30540
  引用  編集 
Title: Re:在家様への回答    
> あなたは容貌や容姿に恵まれていて、その価値を失うことが恐ろしいのではありませんか?
「おっしゃる通りです」というのはこのことですか?
これがカギなんですよ。

あなたを責めているのではありませんから誤解しないでくださいね。
煩悩はあなたではなくて、地球のものです。全ての人類が共有する空気のようなもの。
だからあなたの心がわかるんですよ。
煩悩に奪われてしまったあなたの魂を、あなたの元へ救出する必要があるのです。

よい映画を紹介しましょう。
禅 ZEN (アマゾン会員無料)
https://www.amazon.co.jp/dp/B015AO7EW2/


> おっしゃる通りです。そう、私は煩悩の塊です。魂の浄化ができておらず、また悲しいことに真の内部魂が何を求めているか?わからないのです。羽生選手を一例に挙げれば彼はオリンピックで一位となり、金メダルを取ることが目標であった。目標のために身を粉にして激しい訓練を怠らず、痛み止めを服用しながら戦いに挑んだ。一心不乱に目標だけを見つめ必ずや成し遂げるんだと自分に誓い苦しい困難な道のりも乗り越えて人間として卓越して成長していく。だとしたら自分に聞きたい。私の目標って何?私の魂は何を求めてるの?その答えが外観的な見栄えで体型となる回答なんてなんだか寂しいよ。そこじゃないはずだよ。でも在家さん、まだここしか辿り着けないの。どうしたらいいんだろう。



Name: みう
Date: 2018/03/22(木) 09:45   No:30541
  引用  編集 
Title: Re:在家様への回答    
あなたは容貌や容姿に恵まれていて、その価値を失うことが恐ろしいのではありませんか?
「おっしゃる通りです」というのはこのことです。
ここに鍵があるのですか。私の心救出するためには。どうすればいいのでしょう、在家さん。


Name: みう
Date: 2018/03/22(木) 09:52   No:30542
  引用  編集 
Title: 付随    
恵まれてるとは、五体満足であり、健常に生きれているのでそういう意味では何不十なくと思います。
しかし、今の体型が私を惑わす。人生さえも左右して毎日とらわれながら時間をそこに費やし人生の生きる目的になっていることが悲しい。


Name: 在家
Date: 2018/03/23(金) 06:54   No:30543
  引用  編集 
Title: Re:在家様への回答    
それは依存症なので、試してみる方法はありますよ。
あなたが言う「可愛らしい女の子」を放棄することです。
人が見向きもしないようなダサイ格好して、髪は振り乱し、顔はノーメイクでなりふり構わないことです。
それを続ければ容姿依存の強迫観念はなくなるはずです。
アル中から酒を取り上げることと同じですね。
しかしほかに依存の対象が移る可能性があるので、根本的には自分の内側(心)を豊かにして、五感と煩悩による自分の外側に心を支配されないことです。


もう一つ「愛されていない」という話がありましたが、人を愛することが自分が愛されることと同じです。
ただし「愛」というのは相手を尊重して相手の全てを受け容れること、そして見返りを求めることなく自分を犠牲にして相手に与えることです。
人でなくてもペットでもよいです。ペットを愛することが自分の安らぎになります。それがアニマル・セラピー
ペットを愛することは、心の中では自分が愛されていることと同じなのです。
自分が愛されたいだけ愛してください。

愛とは反対に、誰かを嫌えば自分で自分を嫌いになります。
どちらにも言えることは自分が発したものは自分に還るということ・・・それが私たちを取り巻いている心の法則です。
人を騙せば人に騙されて苦しみ、人を攻撃すれば人から攻撃されて苦しむことになります。


> あなたは容貌や容姿に恵まれていて、その価値を失うことが恐ろしいのではありませんか?
> 「おっしゃる通りです」というのはこのことです。
> ここに鍵があるのですか。私の心救出するためには。どうすればいいのでしょう、在家さん。

> 恵まれてるとは、五体満足であり、健常に生きれているのでそういう意味では何不十なくと思います。
> しかし、今の体型が私を惑わす。人生さえも左右して毎日とらわれながら時間をそこに費やし人生の生きる目的になっていることが悲しい。


Name: みう
Date: 2018/03/23(金) 11:17   No:30544
  引用  編集 
Title: Re:在家様への回答    
近頃お洒落していません。かれこれ数年メイクはせず、すっぴんであり、服装はいつもジムに行けるようなスタイルです。でも、ジムに行くことが目的になっているので、このようなスタイルを自分で望んでいるのかもしれません。体重はかれこれ2年は測っていません。測ればまた生活基盤はダイエットにのめり込むから測りません。体を手で触って鏡で見てこれならばいいだろう程度に留めています。心を豊かにしなければ対象は代わりますね。異性、不倫、ギャンブル、お酒、食、、、。対象が異なるだけで依存そのものが払拭できるわけではありませんから。依存癖はどのような心構えを持てば内面に変化が訪れてくるのでしょう?大なり小なり人々は何かに依存する生き物だと思っていますが、心を豊かにするって一体どうすれば?難しいことです。

Name: 在家
Date: 2018/03/24(土) 08:22   No:30545
  引用  編集 
Title: Re:在家様への回答    
心を豊かにするには、五感でわかるこの世界だけでなく、私たちを取り巻く見えざるすべての仕組み(真理)を知ること、そして真理における徳目を実践することです。
私たちが自分の外側にあると思っている五感の世界は、実はすべて自分の心の中にあって、私たちは本当は心の中で生きています。

私たちが現実と思っている外側にある世界はスクリーンに映っている虚像に過ぎないのです。
心の世界に住んで同時に外側の世界にも生きれば、外側から何かを調達する欲望も外側に依存するものもなくなります。
何故ならばそれらは全部自分の中に備わっているのですから。


そのすべてを知ることが「さとり」なのですが、自分にさとりがなくても仏教などの教えを実践すれば、心が豊かになってさとりと同じ生き方ができます。
そのため釈迦は人々に「八正道(はっしょうどう)」を実践しなさい。・・・と教えました。
「正見、正思惟、正語、正業、正命、正精進、正念、正定」の8つです。
それは実践して体験しなければわからいことなので、永平寺や鹿野山禅道場を紹介しました。
熱意があれば、そこを土台にしてほかにも道が開けてゆくでしょう。


それから知識も大切で、自分の体験と知識を結びつけることで、心の世界が広がってゆきます。
いろんな本や人との交流を通して精神世界を学んでください。
仏教やキリスト教やスピリチュアリズムなど幅広いものを読んだ方がよいです。

徳目の実践では、感謝する習慣を身に付けること、人や社会に尽くすこと、ほかにも勇気、意思、情熱、努力、忍辱(にんにく)、成長、自立、喜び、公正、愛、全体性などがあります。
「自分のしたことは自分に還る」など、私がよくこの掲示板に書いていることも参考になります。
自分がしてもらいたいことを人にして、自分がしてもらいたくないことを人にしないでください。
徳目の実践はすべて煩悩への反逆であるはずです。


> 近頃お洒落していません。かれこれ数年メイクはせず、すっぴんであり、服装はいつもジムに行けるようなスタイルです。でも、ジムに行くことが目的になっているので、このようなスタイルを自分で望んでいるのかもしれません。体重はかれこれ2年は測っていません。測ればまた生活基盤はダイエットにのめり込むから測りません。体を手で触って鏡で見てこれならばいいだろう程度に留めています。心を豊かにしなければ対象は代わりますね。異性、不倫、ギャンブル、お酒、食、、、。対象が異なるだけで依存そのものが払拭できるわけではありませんから。依存癖はどのような心構えを持てば内面に変化が訪れてくるのでしょう?大なり小なり人々は何かに依存する生き物だと思っていますが、心を豊かにするって一体どうすれば?難しいことです。



Name: みう
Date: 2018/03/25(日) 07:57   No:30549
  引用  編集 
Title: Re:在家様への回答    
おはようございます。実は今、31日まで内観のため愛知県の山奥に来ています。在家さんに相談をし、自分らしい生き方また人の道に反せず許容しながら生活ができるよう基盤を練っています。精神世界を自ら学ぼうとしています。さて、ダイエット依存ですが、過去と今を比べると随分と緩和されていることがわかりました。人との繋がりを通じて、嫌なことから目を背けず自らその場所に首を突っ込むことにより、独りよがりの思考や概念が人との協調から前に歩んでいるような方向でもあります。
すぐにスタイルが変われるわけではありませんが、ある程度の自分の体型や生き方を許容し、人のために寄与できる人生道を確立させることが私に出来ることです。まだまだ人生半ば、在家さんのお言葉を胸に煩悩取り去る思考転換、人と交わりながらこうでなくてはならないという概念がやんわり変わることを期待して私は今日も歩んでいきます。


Name: 在家
Date: 2018/03/25(日) 23:37   No:30550
  引用  編集 
Title: Re:在家様への回答    
行動力抜群ですね。
うつ病を自力で治した人が、そのままさとりに到達した話を時々見聞きします。
その人にとってうつ病は必要なことだった。
すべては自分で計画したプロセスの一コマなので、悪いことは何一つありません。


> おはようございます。実は今、31日まで内観のため愛知県の山奥に来ています。在家さんに相談をし、自分らしい生き方また人の道に反せず許容しながら生活ができるよう基盤を練っています。精神世界を自ら学ぼうとしています。さて、ダイエット依存ですが、過去と今を比べると随分と緩和されていることがわかりました。人との繋がりを通じて、嫌なことから目を背けず自らその場所に首を突っ込むことにより、独りよがりの思考や概念が人との協調から前に歩んでいるような方向でもあります。
> すぐにスタイルが変われるわけではありませんが、ある程度の自分の体型や生き方を許容し、人のために寄与できる人生道を確立させることが私に出来ることです。まだまだ人生半ば、在家さんのお言葉を胸に煩悩取り去る思考転換、人と交わりながらこうでなくてはならないという概念がやんわり変わることを期待して私は今日も歩んでいきます。



Name: みう
Date: 2018/03/26(月) 07:10   No:30551
  引用  編集 
Title: Re:在家様への回答    
おはようございます。今日も朝、健やかな自分で何の不安にも課せられていない自分に感謝いたします。私は頭で考えるより行動が先です。すぐに実行に移します(笑)

在家さん、思うんです。うつ病とは汚れた現代社会が作った架空の病なのかなと。人々はあらゆる情報や人からの言葉によって自分が外部に流されていることを。確固たる自分というものを持っていれば自我が確立されておれば外部に流され自分を見失うことはないのではないかと。だから人生は修行なんだと思います。煩悩に流されては駄目なんです。その戦いは大変ですよ、人間は楽な方に考えたいしそこに執着しますから。本来の健康たるものも勉強し、腹圧が上がれば脳圧も上がるわけで過食はうつを引き起こすメカニズムもわかります。私はそう、逃げていた。食べることで一瞬嫌な思いを忘れようとしていた。そんなことをしていても不安は追ってくる。だからこそ立ち向かう、毎日戦いであると。


Name: みう
Date: 2018/03/26(月) 07:15   No:30552
  引用  編集 
Title: Re:在家様への回答    
今までのプロセスはそうです、私に必要だったのです。人とのして正しく生きることを院長は教えてくれた。聞く耳を持てない反論ばかりする私は幼稚であった。早く大人になりなさい、私よ。人との交わり合いながら生きるということはそこに我慢が生まれ、忍耐が生まれ、妥協が生まれる。人類皆兄弟と言いますが、家族じゃないけど他の人も家族のように愛せるようになること、植物にも食べるもの(私の場合は食べ物に対しての感謝が足りない)対してもたくさんの愛を注いで見返り求めず全て愛することができれば、私は変わることができる。そう行き着いているのです。

 
名前
MAIL
URL
タイトル  
コメント
添付   >>お絵描き
アイコン  Icon List
背景色
文字色
マーク 解決  
   名前などを保存する  プレビュー        削除キー 



削除・編集   管理者画面   RSS   + Powered By 21style +