お寺ネット かけこみ相談室です。心の疲れた人へ。一人で考えていなくて話してみて下さい。宗派を越えてみんなで話し合う掲示板です。NPO法人かけこみ相談センターの相談員も協力しております。個別相談は、NPO法人かけこみ相談センター

レスに対する意見はご遠慮ください。(ご注意:誰もが書き込めますので、メールアドレスの公開する場合、偽僧侶や勧誘・詐欺ご注意ください。また、特定の個人並びに団体名をあげての批判・中傷などは、受付いたしかねます。自殺予告や自殺を誘発するような書き込みは、削除いたします。(通報する場合も)当掲示板での一切の責任は負いかねます)過去の相談例

お寺ネットtop | かけこみ相談室へ仏事の相談室ツルとも和尚のお手伝い



  <<   新規投稿   ツリー表示   一覧表示   携帯用   検索/過去ログ   ホーム  
  無題

[31038] 生きぞこNOW
[31043] 在家
[31045] 生きぞこNOW
[31048] 在家
[31050] 雪音
[31051] 雪音
[31052] 雪音
[31054] 生きぞこNOW

Name: 生きぞこNOW
Date: 2018/12/26(水) 15:37   No:31038
  返信  引用  編集 
Title: 無題    
初めて投稿させて頂きます。よろしくお願い申し上げます。現在47歳になる者です。
2003年に大腸検査時の薬の投与ミスで、不整脈を発症し、それ以来、精神も病み、パニック障害・双極性障害U型の診断を受け現在に至っております。今現在の症状としては、双極性障害U型と言えど比較的症状は軽く、一生クスリは服薬しなければならないけれども、医師の指示で、毎日9キロ程度の散歩を取り入れ軽快しております。
上記のような経過があり、2003年から8年程は全く働けませんでした。2011年頃より漸く働けるようになりましたが、比較的大きな組織に入り、多少複雑な人間関係にさらされると精神的な脆弱性が露呈し、そのたびに不眠・うつ状態等に陥り、転職を繰り返してしまいました。
現在は、この47歳という年齢でお恥ずかしいですが、かなり年老いた両親の住む実家に身を寄せて、何とか早期に自立復帰するために、来夏の国家資格に向けて学習しております。
本来ならば路頭で迷っていてもおかしくないはずの自分が、この年齢で、実家に身を寄せながら、勉強させてもらっているということに関しては、非常に恵まれていること重々理解しております。
しかしながら、時折、この15年近く、自分はさぼってきただけではないのか、自分がさぼっていた間に知人は皆死に物狂いで頑張っていたんだ、自分に根性が欠けていたんだ等々、自責の念にさいなまれることが多く、また、もう何をやっても社会参加は厳しい、ましてや結婚なんてあり得ない(まあ、一生抱える精神障害なので、実際にそうだとは思いますが)、資格勉強を今からやっても無駄だ等々、自分で自分をネガティブな方に引き込んで、やる気というか、広い意味では生きる気力を失いつつあります。
認知療法というものが有ったり等々、色々本読んでは理解しているつもりではありますが、なかなかネガティブな連鎖から抜けられません。アドヴァイスを頂ければ幸いです。





Name: 在家
Date: 2018/12/27(木) 07:20   No:31043
  引用  編集 
Title: Re:無題    
社会復帰を焦るのではなく、精神障害を直してゆくことを主目的にされては如何でしょうか?
そうすればおのずと社会復帰できるのですから。
ところであなたは精神障害が不可抗力の病気だと思っていませんか?
不整脈も投薬も精神障害のきっかけにはなり得ても原因ではありません。

精神障害は無意識に起きる思考習慣の偏り(性向)によって起きているもので、心の在り方を正してゆけば直ります。
心理療法が効果をもたらすのはそのためで、基本的に薬で精神障害は直りません。
実は仏教は心理療法そのもので、第三世代の認知行動療法と呼ばれるマインドフルネス&アクセプタンスはすべて仏教を応用したものです。
これからの心理療法はおそらくほとんどが仏教の実践になってゆくでしょう。


仏教が目指しているものは、自分の中の仏性(神性)を育ててゆくことですが、仏性の性質に静寂と安らぎと喜びがあります。
その3つが精神障害を直してゆく力になります。
ところが仏性の発現を妨げるものがあって、それが煩悩と呼ばれる感情と思考の反応です。
煩悩による心の偏りが仏性の働きを妨げて心を曇らせているのです。

もしご縁があれば本気で仏教を志してゆかれたら良いと思います。
お話の様子も年齢的にも、優先的に何をすればよいという状態ではなく、総合的に自己改革をする必要があると思うからです。
自分の中に自己改革の熱意が沸き上がるようであれば機が熟しています。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
〇お願い:男女の区別と年齢を記入してください。
〇メールで相談されたい方はこちら:NPO法人かけこみ相談センター
http://kakekomi.or.jp/
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


> 初めて投稿させて頂きます。よろしくお願い申し上げます。現在47歳になる者です。
> 2003年に大腸検査時の薬の投与ミスで、不整脈を発症し、それ以来、精神も病み、パニック障害・双極性障害U型の診断を受け現在に至っております。今現在の症状としては、双極性障害U型と言えど比較的症状は軽く、一生クスリは服薬しなければならないけれども、医師の指示で、毎日9キロ程度の散歩を取り入れ軽快しております。
> 上記のような経過があり、2003年から8年程は全く働けませんでした。2011年頃より漸く働けるようになりましたが、比較的大きな組織に入り、多少複雑な人間関係にさらされると精神的な脆弱性が露呈し、そのたびに不眠・うつ状態等に陥り、転職を繰り返してしまいました。
> 現在は、この47歳という年齢でお恥ずかしいですが、かなり年老いた両親の住む実家に身を寄せて、何とか早期に自立復帰するために、来夏の国家資格に向けて学習しております。
> 本来ならば路頭で迷っていてもおかしくないはずの自分が、この年齢で、実家に身を寄せながら、勉強させてもらっているということに関しては、非常に恵まれていること重々理解しております。
> しかしながら、時折、この15年近く、自分はさぼってきただけではないのか、自分がさぼっていた間に知人は皆死に物狂いで頑張っていたんだ、自分に根性が欠けていたんだ等々、自責の念にさいなまれることが多く、また、もう何をやっても社会参加は厳しい、ましてや結婚なんてあり得ない(まあ、一生抱える精神障害なので、実際にそうだとは思いますが)、資格勉強を今からやっても無駄だ等々、自分で自分をネガティブな方に引き込んで、やる気というか、広い意味では生きる気力を失いつつあります。
> 認知療法というものが有ったり等々、色々本読んでは理解しているつもりではありますが、なかなかネガティブな連鎖から抜けられません。アドヴァイスを頂ければ幸いです。
>
>
>



Name: 生きぞこNOW
Date: 2018/12/27(木) 09:14   No:31045
  引用  編集 
Title: Re:無題    
在家様

お世話になります。丁寧なメッセージを頂き恐縮しております。
確かに、在家様のおっしゃる通り、精神障害に関して不可抗力によるものという考え方に陥り、諦めというか、クスリによる対症療法的なものしか方法は無いという感じで行き詰っていたと思います。
築地本願寺には座席があって、長時間いても妨げられることが無く、居心地がよいので、ときどき行くことがあります。(また、うちの宗派は真宗大谷派のようですが、築地本願寺がアクセスが良いので。)仏教との接点はこの程度ですが、メッセージを拝見して、在家様がおっしゃる仏教への志、自己改革ということに関心を抱いております。なかなか、生活を一変させるような取り組み方は難しいとは思いますが、どのような形で取り組みを始めれば宜しいでしょうか。例えば、本を読んだり等々でしょうか。
アドヴァイス頂ければ幸いです。どうぞよろしくお願い申し上げます。


Name: 在家
Date: 2018/12/28(金) 07:11   No:31048
  引用  編集 
Title: Re:無題    
浄土教にご縁があるようですね。
浄土教は無抵抗を是とする宗派で、心理療法ではアクセプタンスに当たります。
それも仏性を高める方法ですが、もう一つ決め手になる方法は瞑想です。
瞑想はマインドフルネスとして心理療法にも定着しつつあります。
精神障害のある方は最初は身体の動きと連動したヨーガ瞑想をお勧めします。

マインドフルネスで大切なことが2つあって、「いま・ここ」と「気づき」です。
「いま・ここ」は今の瞬間に傾注することで、時間の過去未来や自分の外側に意識を向けないことです。
もう一つは「いま・ここ」を妨害する無意識(煩悩)の働きにいつも気づいていることです。
その2つが煩悩に振り回されない仏性を育ててゆきます。

四国の「遍路旅」や、追々ですが修験の「大峯奥掛け」なども得るものがあると思います。
ここに書かれたキーワードでアマゾンを検索すれば、いろんな本が見つかります。
仏教聖典は仏教を知る最低限の知識なので、座右に置いて読まれたらよいと思います。
https://www.amazon.co.jp/dp/4892370010/

> 在家様
>
> お世話になります。丁寧なメッセージを頂き恐縮しております。
> 確かに、在家様のおっしゃる通り、精神障害に関して不可抗力によるものという考え方に陥り、諦めというか、クスリによる対症療法的なものしか方法は無いという感じで行き詰っていたと思います。
> 築地本願寺には座席があって、長時間いても妨げられることが無く、居心地がよいので、ときどき行くことがあります。(また、うちの宗派は真宗大谷派のようですが、築地本願寺がアクセスが良いので。)仏教との接点はこの程度ですが、メッセージを拝見して、在家様がおっしゃる仏教への志、自己改革ということに関心を抱いております。なかなか、生活を一変させるような取り組み方は難しいとは思いますが、どのような形で取り組みを始めれば宜しいでしょうか。例えば、本を読んだり等々でしょうか。
> アドヴァイス頂ければ幸いです。どうぞよろしくお願い申し上げます。



Name: 雪音
Date: 2018/12/28(金) 07:50   No:31050
  引用  編集 
Title: Re:無題    
 障害年金の手続きがまだでしたら行いましょう。初診から1年半で手続きができます。 例えば3年通院していた場合、2級と仮定して、最初に受け取る金額は6万×3年なので、216万円が最初に受け取れます。 
 資格習得は否定しませんが、資格を習得しても社会に出れないのであれば、自己価値を高める事にはなりますが、直接、お金というものに結びつくとは限りません。
 同じ勉強をするにしても、株のオンライントレードであれば、少額30万円からでも始める事ができますし。pc、タブレット、スマホがあれば稼げます。
 年金をベースに、障害者手帳があれば就労支援が利用できます。
日に4時間程度の軽作業。 年金と鐘楼支援āだけで、生活は成り立ちますから、その他に株なり資格を生かして後々は障害者採用で正社員という事も可能です。
 ネガティブかポジティブか? なんて問題はたいがいは持っているお金の額に比例します。
 あればハッピーで無ければ最悪。 お金と感情と伴わせる人が多いのです。
 1000万円の現金を毎日、片手の500万づづかかえてにやける事が趣味であつ人が、ネガティブ、鬱、やる気が無い。
 とはならないのです。
 


Name: 雪音
Date: 2018/12/28(金) 08:10   No:31051
  引用  編集 
Title: Re:無題    
 投薬において。
 やる気が削がれるのであれば、デパスの処方を求めて下さい。
 精神安定作用、副作用として覚せいがあり、向精神薬の安定作用に伴う思考と行動が低下するという特徴をデパスで改善されます。
 ただ、デパスは依存性が強く、定量以上は服用しないという理性が働かないと、難しい薬です。 
 知的な一面があるようですから、資格習得など知的な行動にデパスの副作用が有効に働き、思考と知的な領域に苦痛を感じないという利点を使い、思考と行動をサポートするという事もできます。
 デパスは基本的に元から知的レベルが高い人が、精神科通院に伴う投薬により、思考力が低下した、思考が止まる、という事を不快だとする人に使う事が多いです。
 例えば、元から哲学的である、何等かの定義をしていく思考傾向にある。 とうい人が投薬でこれができない状態になった時にデパスを使うと有効ですが、そうでない人が使うと落ち着きが無い。となります。 落ち着いて本を読むという事が継続できるか?という所の精神状態の基準を置くと、読めないならデパスを使うというっ事です。  本が嫌いな人がデパスを使って本を読もうという事ではありません。


Name: 雪音
Date: 2018/12/28(金) 08:31   No:31052
  引用  編集 
Title: Re:無題    
 これらをと踏まえて整理すると。
 他人と比べても意味は無いので、今の自分の症状に合わせ、無理に社会復帰するのではなく。また社会復帰できないからと自分を攻めても無意味なので、無意味な思考を辞める。
 年金と鐘楼支援などで、生活費の基礎となろ収入を得る。
 資格聖徳は自己価値を上げる事なので良しとする。
 資格の有無に関わらず、社会に出て行けない場合でも、自宅でネット環境さえあれば、株取引などで一般社会に無理に合わせなくても収入を得る事ができるスキルを身に着ける。
 これらを踏まえて知的な思考と鼓動にデパスが必要と判断した場合、今の安定剤をデパスに切り替えてもらい、加えて臨床心理士のカウンセリングを受け、主治医、臨床心理士の二本の柱で精神的な面を支えてもらう。
 という内容であれば、大きく改善されます。
 病気が1とすると他の99は正常なわけですから、1悪いと99の全てが悪いという事にはなりません。
 1を受け入れ、治療し99の正常に感謝する。
 1の悪い所の意識を向かうのではなく。99の正常に感謝する。
 例えば、胃がんでっても、胃がんが悪いだけでその人の全てが悪いという事には成らない。
 今の貴方は胃がんだって凹んで、他の正常の部分に意識が行ってない。 1悪いからなんですか? って事でしょ。
 虫歯になったら人はダメ?という判断に近い思考をしてる。
 そこから離れないと、何をやっても当たり前に上手くは行かない


Name: 生きぞこNOW
Date: 2018/12/28(金) 13:49   No:31054
  引用  編集 
Title: アドバイス有難うございました。    
在家様
仏教聖典等の情報頂き、どうも有難うございました。始められることから取り組んでみようと思います。

雪音様
いろいろアドバイスを頂戴して、どうもありがとうございました。参考にさせて頂きます。


 
名前
MAIL
URL
タイトル  
コメント
添付   >>お絵描き
アイコン  Icon List
背景色
文字色
マーク 解決  
   名前などを保存する  プレビュー        削除キー 



削除・編集   管理者画面   RSS   + Powered By 21style +