お寺ネット かけこみ相談室です。心の疲れた人へ。一人で考えていなくて話してみて下さい。宗派を越えてみんなで話し合う掲示板です。NPO法人かけこみ相談センターの相談員も協力しております。個別相談は、NPO法人かけこみ相談センター

レスに対する意見はご遠慮ください。(ご注意:誰もが書き込めますので、メールアドレスの公開する場合、偽僧侶や勧誘・詐欺ご注意ください。また、特定の個人並びに団体名をあげての批判・中傷などは、受付いたしかねます。自殺予告や自殺を誘発するような書き込みは、削除いたします。(通報する場合も)当掲示板での一切の責任は負いかねます)過去の相談例

お寺ネットtop | かけこみ相談室へ仏事の相談室ツルとも和尚のお手伝い



  <<   新規投稿   ツリー表示   一覧表示   携帯用   検索/過去ログ   ホーム  
  教えて下さい

[31899] アラフォー
[31900] 在家
[31901] 在家

Name: アラフォー
Date: 2020/09/26(土) 00:34   No:31899
  返信  引用  編集 
Title: 教えて下さい    
自分が今生かされているのはご先祖様のおかげ。ご先祖様に感謝を…
私は小学生の頃から今まで、生まれて来たくなかった、何故生きているんだろう、ずっと早く死にたいと思ってきました。今の自分があるのは両親がいるからで、その両親を産んでくれたご先祖様に感謝を…
両親によって苦しみ暮らしてきた私にとって、ご先祖様に感謝をの言葉が理解できません。どう理解すればいいんでしょうか?
感謝はしてます。祖母に祖父に親代わりで育ててくれてありがとうと。
でも自分が生まれたことに感謝が出来ません。



Name: 在家
Date: 2020/09/26(土) 08:29   No:31900
  引用  編集 
Title: Re:教えて下さい    
まずこの世に生まれたのは自分の意志であること、そして両親とは深い縁で結ばれていることをあなたは知りません。
そして両親から受けた愛、それは全面的な受容と許し、自己犠牲の数々であることもあなたは知りません。
それを知れば自然と感謝の念が湧き上がってきます。

祖父母に育てられたようですが、なぜ祖父母が育てたかわかりますか?
それは孫が可愛いからではなくて、親(自分の子)の思いがわかるからです。
自分の子が大切だから、自分の子の思いを果たしてあげるために孫のあなたを育てたのです。
そのようにあなたは先祖と繋がっています。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
〇お願い:男女の区別と年齢を記入してください。
〇メールで相談されたい方はこちら:NPO法人かけこみ相談センター
http://kakekomi.or.jp/
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


> 自分が今生かされているのはご先祖様のおかげ。ご先祖様に感謝を…
> 私は小学生の頃から今まで、生まれて来たくなかった、何故生きているんだろう、ずっと早く死にたいと思ってきました。今の自分があるのは両親がいるからで、その両親を産んでくれたご先祖様に感謝を…
> 両親によって苦しみ暮らしてきた私にとって、ご先祖様に感謝をの言葉が理解できません。どう理解すればいいんでしょうか?
> 感謝はしてます。祖母に祖父に親代わりで育ててくれてありがとうと。
> でも自分が生まれたことに感謝が出来ません。



Name: 在家
Date: 2020/09/27(日) 07:33   No:31901
  引用  編集 
Title: Re:教えて下さい    
もう一つお知らせします。「両親によって苦しみ暮らしてきた」とありますが、それは両親が苦しめたのではありません。
そう感じるのはあなたのエゴによるもので、苦しみはすべて自分の中で作られています。
あなたの無意識の思考習慣が善悪を分別して、両親の一部の言葉や行為を悪と否定するから苦しみになるのです。その無意識の思考習慣を「煩悩」といいます。

「南無阿弥陀仏」というのはその善悪分別の煩悩を克服する言葉なのですよ。
それは「御心のまま」とか「あるがまま」とか「ゆだね」といった意味なのですが、エゴを抑え、物事を否定して抵抗する煩悩に反逆します。
そうやって煩悩を乗り越えて幸せをつかむことがあなたの人生に課せられた課題です。
ご両親はそのために選りすぐられたあなたの魂の協力者なのです。



 
名前
MAIL
URL
タイトル  
コメント
添付   >>お絵描き
アイコン  Icon List
背景色
文字色
マーク 解決  
   名前などを保存する  プレビュー        削除キー 



削除・編集   管理者画面   RSS   + Powered By 21style +