| ホーム | 携帯用 |

彩遊紀コミュニケーション

“彩遊紀コミュニケーション”掲示板が新しくなりました。掲示板への投稿は、自由にしました。
名前   アイコン 一覧 
Mail   URL
背景色
文字色
タイトル   簡単タグ入力
添付   >>お絵描き
フォームに保存  プレビュー       削除キー(半角英数字) 



 [590]   彩遊紀の紀   .. 2017/08/19(土) 18:03 
◆ 非戦の祈りの電柱
[返信
皆さん今晩は、彩遊紀の紀です。
東京は今週もずっと雨。関西は暑い夏だそうで、なかなかうまくいきませんね。72年前の8月15日も暑かったそうですね。でも4歳で、しかも浦和の祖母の家に疎開していた私は、終戦の詔勅のラジオを聞いた記憶がありません。今週終戦の詔勅のラジオ放送をめぐる映画を2つ見ました。みんな日本の国のことを思いながら行動をしたのですが行動は違ってしまったのですね。もっくんの演じる昭和天皇が「もうこれ以上国民を苦しめるのは止めようよ」と東条に言うシーンに涙しました。新聞で3月10日の東京大空襲の際に焼け残った電柱が御徒町にあるのを知り、訪ねてスケッチしてきました。ビルの脇にポツンと立っていました。浦和の祖母の家に疎開していた私はある夜、祖母が「おかあさんのいる東京が燃えているね」というのを聞きながら、畑の向こうの黒い森の上の真っ赤な空を見ていました。後年大きくなってからそれが東京大空襲だったと祖母から聞きました。その赤い空の下でこの電柱が燃えていたのだと思うとスケッチしながら、手を合わせ、非戦を祈りました。私も空襲の燃える火の下で逃げ惑う経験はしませんでしたが、毎日鳴る空襲警報におびえ、防空壕に逃げ込んだのは覚えています。以前テレビで、フセインが殺されイラン戦争が終わったときにイランのおばあさんが「今日から爆弾におびえなくていいのがうれしい」と言っていたのを見たのを覚えています。アメリカという国は、他国で戦争をするだけで、自分の国が戦場になったことがないので、毎晩空襲警報におびえ、爆弾の下を逃げ惑うという経験がないので、戦場になるということがどういうことなのかがわからないのではないでしょうかね。

 
 



 [589]   彩遊紀の紀   .. 2017/08/12(土) 15:39 
◆ 蝉の抜け殻
[返信
皆さん今晩は。彩遊紀の紀です。
毎日ジージー、ミンミンという蝉の声がいっぱいです。今、我が家の庭の草花にはその蝉たちの抜け殻がいっぱいです。そんな蝉の抜け殻を夏の象徴としてスケッチしてみました。以前これから脱皮しようとしている蝉を妻が見つけて、子供達に見せようと持ち帰ったことがありました。私は子供の頃によく見た光景ですが、妻も子供たちも初めてで、徐々に色が変わって脱皮していく蝉を驚きの目で見ていました。数年の間幼虫として地中にいて、やっと出てきたら蝉としては一週間しか生きられないという蝉たち。しばらく前に「八日目の蝉」というTVドラマと映画がありましたが、このスケッチした抜け殻を脱皮した蝉は今何日目の蝉なのでしょうか。まだいきおいよく鳴いているのか、もう八日目になって死んでしまったのか。スケッチしながらそんなことを考えてしまいました。

 
 



 [588]   彩遊紀の紀   .. 2017/08/05(土) 18:03 
◆ スープストック
[返信
皆さん、今晩は。彩遊紀の紀です。
しばらく続いたギラギラする夏日も、この一週間は少し和らいでいるようです。でも突然の夕立があるので傘が離せません。
御茶ノ水の駅前にある「SoupStockTokyo」というスープ専門店に行ってみました。このお店ちょっとおしゃれに見えたので一度は行ってみようと思っていたのですが、覗くと若い女性ばかりなので、ちょっと気後れしていましたが、テイクアウトもできそうなので、思い切って入って見ました。私が入った時がたまたまそうだったのかわかりませんが、本当に女性ばかり。電車の「女性専用車」に飛び込んで、あわてて出てしまったことがありましたが、ちょうどそんな雰囲気。カレースープを頼んでテイクアウトして食べました。美味しかったです。ネットで調べてみるとやはり若い女性に人気だとか。ヘルシー志向の野菜スープが人気だそうです。そんなちょっとおしゃれなお店をスケッチして一週一絵にしてみました。

 
 



 [587]   彩遊紀の紀   .. 2017/07/29(土) 22:53 
◆ 夏の玄関ギャラリーは「灼熱のトルコ」
[返信
皆さん今晩は。彩遊紀の紀です。
東京は空梅雨でしたが、その梅雨もあけて夏本番。毎日ギラギラした日が続いています。そんな暑い夏で思い出すのは20年くらい前に行ったトルコ旅行。旧い図書館の遺跡があるエフェソスの街を40度を超す暑さの中、ツアー客は観光どころではなく、木陰もない道を水を求めて歩いていました。やっとたどり着いた次の観光地の「トロイ遺跡」で、妻はついにダウン。「トロイの遺跡」の観光どころではなく、トロイの木馬の像の下で休んで、私たちが遺跡を回って帰ってくるのを待っていました。いまでいう「熱中症」だったのですね。でもその頃はその意識がなく、私は妻を木陰で休ませて遺跡巡りをしてきましたが、今になって考えると、もしかしたら熱中症がひどくなって救急車を呼ぶことになっていたかもしれないなと反省しています。そんな暑い夏の思い出を妻が玄関ギャラリーにしてみました。その旅行で買ったカッパドキアの形をした酒瓶、踊る宗教のメブラーナのお人形、トロイの木馬のお土産、目玉のお守りなどなど。それらのお土産を見るとあの灼熱のトルコを思い出します。トロイの遺跡を発見したシュリーマンの伝記を読んだことがありますが、やはり52度の暑さに苦労したと書いてありました。
そして今週の一週一絵は7月のお絵かき教室で描いた西瓜と桃です。題して「夏の果物」です。西瓜の縞模様がとても面白かったので、割りばしの筆で墨で描いてみました。

 
 



 [586]   彩遊紀の紀   .. 2017/07/22(土) 17:39 
◆ 湯島天神前の親子丼の有名店 鳥つね
[返信
皆さんこんばんは。彩遊紀の紀です。
湯島天神前にある親子丼の専門店「鳥つね」に行きました。湯島天神さんにお参りする際にこのお店の前を通るのですが、ちょっと高そうなお店なので敬遠していましたが、外のメニューを覗いてい見たら上親子丼でもランチメニューは1500円なので、たまにはいいかと入ってみました。メニューは親子丼と上親子丼のみ。とろとろで、とてもおいしい親子丼でした。今日このネットにアップするので、この鳥つねさんをネットで「湯島の親子丼」で検索して調べてみたら、日本一美味しい親子丼のお店と出てきたのでびっくり。この湯島天神前が本店で、ほかに関連のお店として「鳥つね自然洞」というお店もあって、そちらの方がもっと有名で、ミシュラン東京にも載っているとのことで二度びっくり。先日も書きましたが、「あと1000回の昼食」と思って、たまには昼食もセブンイレブンのおにぎりだけではなく、“ちょっと贅沢”を楽しみたいと、いろいろなお店を開拓するようにしようと思っています。

 
 








     + Powered By 21style +