| ホーム | 携帯用 |

彩遊紀コミュニケーション

“彩遊紀コミュニケーション”掲示板が新しくなりました。掲示板への投稿は、自由にしました。
名前   アイコン 一覧 
Mail   URL
背景色
文字色
タイトル   簡単タグ入力
添付   >>お絵描き
フォームに保存  プレビュー       削除キー(半角英数字) 



 [606]   彩遊紀の紀   .. 2017/12/09(土) 21:51 
◆ 台湾のスケッチ
[返信
皆さん今晩は。彩遊紀の紀です。
台湾旅行に行ってきました。彩遊紀再開します。今週は台湾のスケッチの一つとして、高雄で泊まったホテル、圓山大飯店のスケッチです。このホテル、中国の王宮の様式のような建築で、バスで到着して「ここが今夜のホテルです」と言われた時は驚きました。このホテルの設計をした人は故宮博物館の設計者と同じだとのことで、中国という文化をうまく表現したのでしょう。日本のホテルもこういうコンセプトをもって建築するのもいいかなと思いました。朝早く起きてこのホテルをスケッチしました。

 
 



 [604]   彩遊紀の紀   .. 2017/11/25(土) 22:08 
◆ 来週台湾に旅行に行きます。
[返信
皆さん今晩は。彩遊紀の紀です。
11月30日から5日間、台湾へ旅行に行きます。そのため来週の【彩遊紀】の更新はお休みさせていただきます。この前の石垣島の旅行のように台風で突然中止とならないように祈っています。先週の日曜日は歌舞伎座で仁左衛門さんの忠臣蔵の「勘平腹切り」を見てきました。仁左衛門さんの勘平に涙しました。歌舞伎が好きになったのはもう10年以上前にテレビで仁左衛門さんの「寺子屋」の歌舞伎を見て涙して、「歌舞伎でも泣くんだ」と。それまで難しい台詞や長唄にちょっと毛嫌いしていたけど、もう一度ちゃんと見てみようと歌舞伎に行くようになり、好きになりました。それが仁左衛門さんとの出会いでした。

 
 



 [603]   彩遊紀の紀   .. 2017/11/18(土) 14:54 
◆ 柿と柘榴と小菊と
[返信
皆さん今晩は。彩遊紀の紀です。
秋です。我が家の前のけやき通りはもう黄色いトンネルです。そして我が家の庭のハゼの木も黄色く色づき、モミジは真っ赤です。秋真っ盛りです。11月の一回目のお絵描き教室の題材も『秋』で、柿と柘榴と小菊でした。お絵描き教室の秋の題材といえば、毎年、柿か秋刀魚かぶどう、花は菊です。そうすると毎年構図も似てくるので、作品としてどう違う構図にするかに悩みます。今回も小菊がバケツにバサッと入って、その周りに柿と柘榴が配されましたが、バケツの小菊は面白くないので、柿と柘榴に焦点をあて、小菊は薄く背景にしました。お教室で描いた作品はちょっと面白くなくなったので、家で描き直しました。絵は構図が命です。

 
 



 [602]   彩遊紀の紀   .. 2017/11/11(土) 21:53 
◆ 学問のみち
[返信
皆さん今晩は。彩遊紀の紀です。
『学問のみち』。御徒町駅からリニュアルされた上野松坂屋を通って湯島天神さんに行く道が『学問の道』と名づけられました。この「学問のみち」は将に私が毎日通勤の時に通っている道です。これはこの松坂屋のリニュアルのオープンに合わせて、御徒町を活性化しようという「街おこし」の一環のようで、「街おこし」のキーワードがPARCO_yaに代表されるように「シタマチ」なので、湯島天神さんをひっぱりだしたのでしょう。市場調査&コンサルティング会社に努める私から見ると「街おこしマーケッティング」の典型かなと考えてしまいます。今の行き過ぎたグローバリズムの対照である「シタマチ」というコンセプトには、ちょっと共感する気もしますし、御徒町のコンセプトとしてはいいかも。そしてまた受験シーズンになると合格祈願のために湯島天神さんをお参りする人にとっては、この「学問のみち」を通らざるをえない、他の道ではなく、この道を通ることこそが「合格へのみち」ということになるかも、なんていうことも考えてしまいます。

 
 



 [601]   彩遊紀の紀   .. 2017/11/04(土) 22:56 
◆ 上野松坂屋がリニュアルオープンしました
[返信
皆さん今晩は。彩遊紀の紀です。
いよいよ上野松坂屋の南館のリニュアルが完成し、今日11月4日にオープンしました。コンセプトは「シタマチ」。上野御徒町界隈の雰囲気を表したものでしょう。銀座松坂屋のリニュアル館「GINZA SIX」とは違ったコンセプトですね。PARCOも『PARCO_ya』というちょっと日本風な名称になりました。そしてシンボルは「提灯」。でも目当てのお客様は、これまでの高齢者ではなく若い女性だそうです。なんか違和感がありますが、これが今のマーケッティングなのでしょうか。結果が楽しみです。そして妻のやっている玄関ギャラリーは12月のクリスマスに向けて、準備に忙しいサンタ村の裏舞台という設定にしてみました。

 
 








     + Powered By 21style +