■□■□■□■
++デニマス気まぐれ日記++
■□■□■□■

2019/3/10(日)
マスカレードホテル見てきました。

事前知識無し(番宣のみ)で見たのですが、これが大きく期待を裏切る結果に。

見始める前、超睡魔に襲われててずっと寝ちゃいそうな雰囲気だったのだけど、上映が始まってから物語の進行のテンポに引き込まれて睡魔消滅。

2時間半あっという間。

さすが!東野圭吾ワールド。

少しネタバレになりますが、プロローグの段階ですし、多分この部分は予告でも告知されていると思うので書いちゃいますが、殺人事件予告のホテルに潜入捜査でキムタクが刑事として登場。
そしてフロント係の長澤まさみとの相棒結成にて数々の来客者のサブストーリーの謎を解きながらクライマックスへ。

飽きのこない展開とカメラのパーンがもしかして犯人がそこに?と思わせる撮影方法で画面から目が離せない。
何気ない仕草や問いかけの言葉が繋がって犯人逮捕へと向かう…

後は見てからのお楽しみということで。

この映画を見て非常に共感出来たのが、ホテルマンのお客様に対する接客の心意気。

バーテンダーも全くその通り!だと。

そうでなければいけないと痛切に思います。

今すぐ見たい方は映画館で。
後でもいいなと思う方はレンタル、セルDVDやオンデマンドなどでどうぞ。

ただ見て損はしないと思いますのでご覧になるのはお勧めします。

後、ウォーリーを探せみたいな感じで最後のエンドロールで意外な方が出演しているので、見られる方は一人ひとりの登場人物をチェックしながら見るのも面白いと思いますよ。

僕はマスカレードホテルと言うホテルでのストーリーだと思ってたのですが、始まって直ぐに舞台のホテル名は違ってたのでタイトルとどう繋がるのか気になってましたが、そういうことなんだねと納得。

そこもバーに飲みに来られるお客様と一緒だなと。
ホテルマンとバーテンダーってこれからも絶対に絶えることなく存続する職業なんだなと思えました。

映画としても完全完結で終わるのでスッキリと見終わって満足。
やっぱこうじゃなくちゃね。

..3/11(月) 2:27

[0]感想を書く
[*]本文編集
[#]本文削除
TOP