お寺ネット かけこみ相談室です。心の疲れた人へ。一人で考えていなくて話してみて下さい。宗派を越えてみんなで話し合う掲示板です。NPO法人かけこみ相談センターの相談員も協力しております。レスに対する意見はご遠慮ください。(ご注意:誰もが書き込めますので、メールアドレスの公開する場合、偽僧侶や勧誘・詐欺ご注意ください。また、特定の個人並びに団体名をあげての批判・中傷などは、受付いたしかねます。自殺予告や自殺を誘発するような書き込みは、削除いたします。(通報する場合も)当掲示板での一切の責任は負いかねます)過去の相談例

お寺ネットtop | かけこみ相談室へ仏事の相談室ツルとも和尚のお手伝い


  <<   新規投稿   ツリー表示   一覧表示   携帯用   検索/過去ログ   ホーム  
  はじめまして

[29542] ろく
[29544] 在家
[29546] ろく
[29549] 在家
[29562] ガネーシャ

Name: ろく
Date: 2017/02/07(火) 23:39   No:29542
  返信  引用  編集 
Title: はじめまして    
私は50歳男性です。家族は両親、兄、弟。兄と弟は結婚し家を出ています。私は未婚で、この家に居て、父の仕事を手伝い、両親の面倒をみて行くのだと、呑気に思って来ました。
元々、父や兄とは仲良くはなかったのですが、数年前に、母の認知症がわかると、兄達は家の事に口出しをする様になり、それに文句を言うと、仕事を干され、健康保険証を取り上げられ、給料も無くなりましたから、仕方なく他に就職する事になりました。家を出て行け、母に関わるな、家の事にも一切手をつけるなと言われましたが、私は、たったひとつ「母の思い」だけで、この家で戦っています。
「私は絶対に老人ホームには行かない。父や兄達ではなく、あんたが私達の面倒をみて」と言い続けたのを、皆が聞いてる筈ですが、すぐに施設に入れられてしまいました。その後、母の居場所も知らされず、やっと聞き出しても、面会させてもらえず、施設も変えられ、一年程は会えずにいました。
父には、母がどこにいるのか、私が面倒をみるからと言い続けたのですが、ダメだの一点張りで話しにもならず喧嘩を繰り返していましたが、私を無視する事に決めたらしく、父は他に部屋を借り、この家を出て行きました。
たぶん、もう母には会えないだろうと思います。父、兄弟達に総スカンをくらいました。この闘いは、してはいけないのでしょうか?
長年、父や兄弟の仕事をして来て、家族の為に…、と思って来て、まさかこんな扱いを受けるとは思いませんでした。10年程前なら、私がいなくなれば皆が幸せになると、自殺する事だけを考えましたが、今は、私が死んで喜ぶ人間がいるのが悔しくて、恨みや憎しみの気持ちだけで生きています。もし死ぬ時は、刺し違えて…、とも思うほどです。
八方塞がりで、もうどうしてよいのかわかりません。
思いつくままだらだらと長文になってしまいましたが、ご意見をいただけますでしょうか。




Name: 在家
Date: 2017/02/08(水) 08:01   No:29544
  引用  編集 
Title: Re:はじめまして    
認知症の要介護度にもよりますが、重度であれば専門の介護士に任せたほうが本人も幸せだと思います。
素人がいくら学んでも、専門家のようにはできなくて、結局扱いを誤るのが関の山です。
グループホームなどは慣れれば結構楽しくやれるようですが、頭のしっかりした人は耐えられない人もいるので、厄介払いで入れるのは避けるべきでしょう。


家族も社会の集合もすべてそうですが、自己主張が強いと対立が起きますね。
自分だけが正しいと思わずに、虚心になって相手の言うことをよく聞くことです。
相手に誤りがあれば辛抱強く説得して、自分の誤りに気付けば素直に訂正してください。

相手にもいろんな人がいて、頑固な人もいますから、そういう人はまともに相手にせずに、受け容れてあげることです。
それを人の器(うつわ)と言います。
器が小さいと、人と争いが多くなって苦しい人生になりますよ。


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
(回答者からお願い)
この掲示板は年齢性別の区別がないので、男女の区別と年齢を記入していただくとより正確にお答えできます。
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


> 私は50歳男性です。家族は両親、兄、弟。兄と弟は結婚し家を出ています。私は未婚で、この家に居て、父の仕事を手伝い、両親の面倒をみて行くのだと、呑気に思って来ました。
> 元々、父や兄とは仲良くはなかったのですが、数年前に、母の認知症がわかると、兄達は家の事に口出しをする様になり、それに文句を言うと、仕事を干され、健康保険証を取り上げられ、給料も無くなりましたから、仕方なく他に就職する事になりました。家を出て行け、母に関わるな、家の事にも一切手をつけるなと言われましたが、私は、たったひとつ「母の思い」だけで、この家で戦っています。
> 「私は絶対に老人ホームには行かない。父や兄達ではなく、あんたが私達の面倒をみて」と言い続けたのを、皆が聞いてる筈ですが、すぐに施設に入れられてしまいました。その後、母の居場所も知らされず、やっと聞き出しても、面会させてもらえず、施設も変えられ、一年程は会えずにいました。
> 父には、母がどこにいるのか、私が面倒をみるからと言い続けたのですが、ダメだの一点張りで話しにもならず喧嘩を繰り返していましたが、私を無視する事に決めたらしく、父は他に部屋を借り、この家を出て行きました。
> たぶん、もう母には会えないだろうと思います。父、兄弟達に総スカンをくらいました。この闘いは、してはいけないのでしょうか?
> 長年、父や兄弟の仕事をして来て、家族の為に…、と思って来て、まさかこんな扱いを受けるとは思いませんでした。10年程前なら、私がいなくなれば皆が幸せになると、自殺する事だけを考えましたが、今は、私が死んで喜ぶ人間がいるのが悔しくて、恨みや憎しみの気持ちだけで生きています。もし死ぬ時は、刺し違えて…、とも思うほどです。
> 八方塞がりで、もうどうしてよいのかわかりません。
> 思いつくままだらだらと長文になってしまいましたが、ご意見をいただけますでしょうか。
>
>



Name: ろく
Date: 2017/02/08(水) 19:47   No:29546
  引用  編集 
Title: Re:はじめまして    
ご回答ありがとうございます。

父の仕事を兄が引き継いだ頃から、父や兄にとって、母や私は邪魔だったのだと思います。
自分だけが正しいというのも、相手のいう事を聞かないのも、父や兄の性格です。数年前に近所の方が間に入ってくださり話し合いの機会ができましたが、噓や言い訳、私を責める言葉ばかりで、自分の都合のいい様にしか物を言わず、話になりませんでした。最近も父に電話をしましたが、テキトウにあしらわれ、切られました。
父や兄にとって私は「この家のおみそでしかない」と言われましたから、そもそも私と話す気も話を聞く気もないのでしょう。
「仲良くしないのが悪い」「嫌いだからしょうがない」とも言われました。嫌われているのは薄々気付いていましたので、私も距離をおいていましたが、私には何の話もなく勝手な事をされたので、腹を立てたのです。

「まともに相手にせずに、受け容れる」とは、どういう事なのでしょうか?
この家で私は、我慢して何の文句も言わずにやって来ました。ただ真面目に、ただ優しくと思って来ました。何をされたら文句を言って良いのでしょうか?何をされたら怒って良いのでしょうか?大事にしようと思えば、どんな形でも相手にしてしまうでしょうし、私に悪意を持つ者と仲良くなる術を知りません。

家族だけでなく、私が大事にしようと思う人は、皆去って行きました。悲しいです。苦しいです。


Name: 在家
Date: 2017/02/09(木) 01:45   No:29549
  引用  編集 
Title: Re:はじめまして    
受け容れるというのは愛であり許しです。
それはまた寛容さであり、器が大きいということです。
その人は争うことがありません。

あなたがそのような人間性を身に付ければ、家族と争うことはなくなります。
争いが苦しみと不幸を生んでいるので、あなたさえ変われば必ず幸せになれますよ。


> ご回答ありがとうございます。
>
> 父の仕事を兄が引き継いだ頃から、父や兄にとって、母や私は邪魔だったのだと思います。
> 自分だけが正しいというのも、相手のいう事を聞かないのも、父や兄の性格です。数年前に近所の方が間に入ってくださり話し合いの機会ができましたが、噓や言い訳、私を責める言葉ばかりで、自分の都合のいい様にしか物を言わず、話になりませんでした。最近も父に電話をしましたが、テキトウにあしらわれ、切られました。
> 父や兄にとって私は「この家のおみそでしかない」と言われましたから、そもそも私と話す気も話を聞く気もないのでしょう。
> 「仲良くしないのが悪い」「嫌いだからしょうがない」とも言われました。嫌われているのは薄々気付いていましたので、私も距離をおいていましたが、私には何の話もなく勝手な事をされたので、腹を立てたのです。
>
> 「まともに相手にせずに、受け容れる」とは、どういう事なのでしょうか?
> この家で私は、我慢して何の文句も言わずにやって来ました。ただ真面目に、ただ優しくと思って来ました。何をされたら文句を言って良いのでしょうか?何をされたら怒って良いのでしょうか?大事にしようと思えば、どんな形でも相手にしてしまうでしょうし、私に悪意を持つ者と仲良くなる術を知りません。
>
> 家族だけでなく、私が大事にしようと思う人は、皆去って行きました。悲しいです。苦しいです。
>



Name: ガネーシャ
Date: 2017/02/11(土) 21:13   No:29562
  引用  編集 
Title: Re:はじめまして    
酷い話しですね。 問題の父と兄、ですが利己的’ですから、ろくさんとは水と油ですね。 自営業でそこそこ資産があると起きる問題ですね。対立している父、兄、の目的は資産を分けたくない! というのが一番でしゅうね。 母親の年金なども施設に放り込んで残った分を自分達で使っていたり、母親名義の預貯金、生命保険なども受取人を兄にしたり。そんな所ではないでしょうか。 両親が他界したとして、兄弟で資産を分けるにしても、必ず3人で仲良く相続ができる。というものではないのです。兄弟の中が悪く、相続ができない。 家庭の事情。 つまり、資産、不動産などは特に、相続されずに亡くなった親の名義のままで、悪意のある、この場合は長男ですが、長男が実家に居座る。を続けて資産を独占しいっこうに話し合いには応じず、相続ができない。という事は珍しい話しではありません。 狙いはこの先何十年と資産を独占し、長男の子孫だけに資産を残す事が目的です。 生命保険も受取人が長男の場合、支払われた保険金を分けるという事はしなくて良いのです。
民事なので話し合いに応じない理由として、不仲であるで通ってしまいます。
にしても、刺し違えるとか自殺とか、穏やかな話しではありませんね。
戦い方としてはいくつかあります。
弁護士に相続する。
母は施設での生活を希望していなかった。母の尊厳が守られていないので自分が引き取りたい。 兄が資産の独占を目論み不当に役員を解雇された。 他にもあるなら加えて下さい。 そして、殺意を抱くほどになった事を理由に、心療内科、精神科にとりあえず通院し、軽い安定剤だももらう。これは病気という事ではありません。父と兄に対して、不当な解雇により職を失い、父と兄から精神的な苦痛を受けたという事を立証し、精神的苦痛に対する慰謝料請求の裁判を起こして、確実に父、兄の収入や資産から慰謝料を払わせる。 そして、母の居所を突き止め引き受ける。 例えば、警察に相談に行き母の所在が分からない。母は既に殺されていて、母の年金を不当に使っているとしか思えない。など。このように動くと、警察にも履歴は残りますし、弁護士も動きやすいです。 精神的苦痛に対する慰謝料って高いですよ。
家業を潰す。
自営であれば、自分の会社の取引先や顧客などは頭に入っていると思います。 隣町でも良いので同業で起業すろ。 兄の会社の取引先、顧客を奪う。 ただ、この場合は消耗戦になるので、同業を倒産に追い込むには相手、兄の会社の3〜5倍の資金力が必要です。企業は利益の追求は当たり前ですから、これで兄の会社が倒産して、兄が自殺しても何の罪にもなりません。 兄が借金や合併を願い出て土下座’されても、蹴落とす事ですね。金は兄の戦力になり、合併は乗っ取られますよ。
これらができないのであれば。 キッパリと一人で生きましょう。甘いと言えばそれまでですが、そういう父や兄を力でねじ伏せるだけの力がないですが、ねじ伏せると戦うのであれば、父や兄より汚い人間ならざるを得ませんよ。 金が必要なら少額からでも株で資産を増やす方法をメールでレクチャーしてのいいです。無料で。
それが嫌なら、理想の家族関係など求めずに、キッパリと一人で生きて、理想の家庭をこれから作ればいいじゃないですか。 大切に思っていた人というにいも、離れた人は、ろくさんの人格ではなく、役員という肩書きや、ある程度の生活水準しか見てないでしょう。だから離れるんです。 そういう家族、そういう離れた人、んなもんはどうでもよいので、自分の周囲、これからのの新しい人間関係を大切にしていけば、こいつは凄い! という友人や結婚相手にも恵まれますよ。 せっかく良いものを持っているのですから、汚れて恨みつらみの世界に生きる必要はないんじゃないでしょうか。 人格でぶつかって行くと人格で向き合ってくれる人は必ず居ます。そういう人は争いもなく、何を話しても心穏やかです。
ろくさんは、言葉を変えるなら。 なぜ同じ山や海の幸を食べ、同じ川の水をどうして飲めないのか! そのとうりなのです。 全ての人が、ろくさんのような人なら、争い事など起きないのですが。


 
名前
MAIL
URL
タイトル  
コメント
添付   >>お絵描き
アイコン  Icon List
背景色
文字色
マーク 解決  
   名前などを保存する  プレビュー        削除キー 



削除・編集   管理者画面   RSS   + Powered By 21style +