お寺ネット かけこみ相談室です。心の疲れた人へ。一人で考えていなくて話してみて下さい。宗派を越えてみんなで話し合う掲示板です。NPO法人かけこみ相談センターの相談員も協力しております。個別相談は、NPO法人かけこみ相談センター

レスに対する意見はご遠慮ください。(ご注意:誰もが書き込めますので、メールアドレスの公開する場合、偽僧侶や勧誘・詐欺ご注意ください。また、特定の個人並びに団体名をあげての批判・中傷などは、受付いたしかねます。自殺予告や自殺を誘発するような書き込みは、削除いたします。(通報する場合も)当掲示板での一切の責任は負いかねます)過去の相談例

お寺ネットtop | かけこみ相談室へ仏事の相談室ツルとも和尚のお手伝い



  <<   新規投稿   ツリー表示   一覧表示   携帯用   検索/過去ログ   ホーム  
  死に対する感情について

[31727] はちじょう
[31728] 在家
[31877] 名無し
[31895] leticia

Name: はちじょう
Date: 2020/06/17(水) 01:05   No:31727
  返信  引用  編集 
Title: 死に対する感情について    
時々、自分がひどく薄情な人間なのではないかと思うことがあります。
初めて親しい人や知人との死別を体験したのは2歳の頃で、母を病で亡くしました。もちろん母についても全く記憶はなく、当時も理解できていなかったと思います。死んだことについても、徐々に刷り込むように理解していったので今でも会ってみたかったな、といった未練はあれどあまり悲しくは思えません。
17〜8歳の頃に亡くした曾祖父や曾祖母についても、あまり知らない相手だったり好きではない相手だったので「そうか、死んじゃったんだ」程度の認識でした。
なので死への感情なんてそんなものかなぁと思っていたのですが、私は毎年可愛がっていた祖父母の家の犬が突然死んだと聞かされた時もぼんやり「そっか」と思うだけで涙も出ませんでした。毎年遊びに行くたびにべたべた可愛がって世話をしたがって、一緒にいたくて長く泊まりたいと駄々を捏ねていたほどなのにそんなことってあるでしょうか。
自分の薄情さにショックというよりは、「自分ってこんなに薄情な人間だったのか」と自分に失望したような気持ちがあります。
私は薄情なのでしょうか?いつか本当に大好きな友人や親を失った時すら涙の一滴も出ないような人間にはなりたくないです。



Name: 在家
Date: 2020/06/17(水) 08:17   No:31728
  引用  編集 
Title: Re:死に対する感情について    
人間のエゴは自分以外の人が死ぬことには冷静でいられるものです。
しかし親や子など身近な人が死ぬときは悲しいですね。
それは自分がその人に依存していたからで、自分の寂しさや虚しさが悲しみになっています。
だから自立した大人になれば、親の死はそれほど悲しくはありません。
逆に子供の死のほうが悲しくて、それは親が子に依存しているからです。
ペットの死が悲しいのも同じ理由で、ペットの癒しの力を思い知らされます。

2歳の幼児は未だ分別が付きませんし、順応性が高いですから、お母さんの死を悲しい思い出としていつまでも覚えていることはないと思います。
そのようにみてくると、特段あなたが薄情であるとは思えませんが・・・
朝鮮半島や中国大陸では誰かが死んだときに大げさに泣き叫ぶ習慣があって、時々その映像を見かけますが、最近の映画やドラマではあまりやらなくなりました。
それは嘘の文化というか、儒教が形骸化したもので、本当に悲しいからではありません。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
〇お願い:男女の区別と年齢を記入してください。
〇メールで相談されたい方はこちら:NPO法人かけこみ相談センター
http://kakekomi.or.jp/
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


> 時々、自分がひどく薄情な人間なのではないかと思うことがあります。
> 初めて親しい人や知人との死別を体験したのは2歳の頃で、母を病で亡くしました。もちろん母についても全く記憶はなく、当時も理解できていなかったと思います。死んだことについても、徐々に刷り込むように理解していったので今でも会ってみたかったな、といった未練はあれどあまり悲しくは思えません。
> 17〜8歳の頃に亡くした曾祖父や曾祖母についても、あまり知らない相手だったり好きではない相手だったので「そうか、死んじゃったんだ」程度の認識でした。
> なので死への感情なんてそんなものかなぁと思っていたのですが、私は毎年可愛がっていた祖父母の家の犬が突然死んだと聞かされた時もぼんやり「そっか」と思うだけで涙も出ませんでした。毎年遊びに行くたびにべたべた可愛がって世話をしたがって、一緒にいたくて長く泊まりたいと駄々を捏ねていたほどなのにそんなことってあるでしょうか。
> 自分の薄情さにショックというよりは、「自分ってこんなに薄情な人間だったのか」と自分に失望したような気持ちがあります。
> 私は薄情なのでしょうか?いつか本当に大好きな友人や親を失った時すら涙の一滴も出ないような人間にはなりたくないです。



Name: 名無し
Date: 2020/09/06(日) 23:23   No:31877
  引用  編集 
Title: 無題    
上のURLはクリックしない方がいいです。
皆さん、ご注意ください。個人情報を抜かれる可能性あり。


Name: leticia [URL]
Date: 2020/09/18(金) 19:25   No:31895
  引用  編集 
Title: Leticia chooses Killer-papers Corp    
My name is Leticia. And I am a professional Content writer with many years of experience in writing.

My primary goal is to solve problems related to writing. And I have been doing it for many years. I have been with several groups as a volunteer and have assisted in many ways.
My love for writing has no end. It is like the air we breathe, something I cherish with all my being. I am a passionate writer who started at an early age.
I’m happy that I`ve already sold several copies of my works in different countries like France and others too numerous to mention.
I also work in an organization that provides assistance to many students from different parts of the world. Clients always come to me because I work no matter how complex their projects are. I help them to save money, because I feel happy when people come to me for professional help.

Professional academic Writer Leticia - <a href=https://www.sitejabber.com/reviews/killer-papers.com>Killer-papers</a> Team


 
名前
MAIL
URL
タイトル  
コメント
添付   >>お絵描き
アイコン  Icon List
背景色
文字色
マーク 解決  
   名前などを保存する  プレビュー        削除キー 



削除・編集   管理者画面   RSS   + Powered By 21style +