お寺ネット 仏事相談室(無料)です。先祖供養・水子供養・人形供養・ペット供養・ご祈願や永代供養墓・葬儀・戒名など仏事に関する相談掲示板です。過去の相談例

過去の相談例

お寺ネットtop | かけこみ相談室へ仏事の相談室ツルとも和尚のお手伝い


  <<   新規投稿   ツリー表示   一覧表示   携帯用   検索/過去ログ   ホーム  
  お墓問題と実家の問題。

[5594] ふるぽん
[5595] 天台沙門

Name: ふるぽん
Date: 2018/04/24(火) 17:42   No:5594
  返信  引用  編集 
Title: お墓問題と実家の問題。    
こんにちは。

父が3年前に他界し、今年の夏が3回忌になります。
私自身は、嫁いでいるので、家を出ているので、実家のお墓に入ることはないですが、今、このお墓のことでもめています。
母も高齢ですし、今は、独り身で、一人くらいしています。

後、2か月ほどで父の3回忌がきます。
実は、お墓が、昔住んでいた関東にあり、父は長男なのと長男(私の弟です)と祖父母はそこに入ってます。

私たちは、関西にいます。
しかし、父が亡くなった時に、お墓を見てくれているお寺さんから、誰も挨拶に来ないとクレームを受け、それに対しては、母と男兄弟が謝罪に行き、そして、その時に、お墓を将来的に関西に移したらどうかと提案されました。それは、私も含め賛成なのですが、両親は、この話を何十年もうやむやにしてきて(お寺さんのクレームはそのことです)、結果、今、父が亡くなったことで、問題が大きくなり、母は高齢なうえ、元々仏教のことが全く分かっておらず話にもなりません。母は、長男がいるとこに自分は入る。とそれだけははっきりしてます。
母は、お墓を次男に見てもらいたいと思っていますが、次男は独身で、一人暮らしなうえ、遠方で暮らしているので、自分はこのお墓に入る気なしと、あまり真剣に話し合いができません。

先日、3男夫婦のところに母は泊まりに行きました。
そして、この話をしたようですが、3男いわく、母親は何にもわかっていないから、話にならない。と。
そのうえ、3男はお墓は関西に移したほうが良い。自分が入るわけではないから、2男に考えさせろと言いたいようです。

母は自分は、わからないから。と、息子らに丸投げ、
2男は入る気ない。3男は自分たちは入らないから、母と2男で考え、親せきにも話し、解決するのがいい。と言い出しました。

母は、父との親戚付き合いが苦手で、表面上は仲良くしてますが、裏では、被害意識がひどく親せきとの問題を、男兄弟には言わず(いうと、聞いてもらえないため)私に感情むき出しで泣き言とSOSをしてくるのです。
私は、昔から母と合わず、父の一周忌の時も、母の感情に振り回され苦しかったので、今は、メールも電話も遮断してます。

 こういう問題、どうしたら、みんなが上手くいくのでしょうか?




Name: 天台沙門
Date: 2018/04/26(木) 23:04   No:5595
  引用  編集 
Title: Re:お墓問題と実家の問題。    
某政令都市に所在する寺を預かる天台を宗とする者の立場から。

仏教の基本である「世間は苦である」という考え方からしますと「みんなが上手くいく方法」というものはない、という立脚点から始めるほうが楽かもしれません。
しかし「上手くいく」ということが「損害があっても納得して受け容れる」ということをふくむのであれば、皆が100%納得する方法を探すことは可能でしょう。

さて。
ご質問の文を整理してみます。
利害関係者は[1]御母堂[2]ご自身[3]次男さん[4]三男さん[5]菩提寺さん、です。

[1]御母堂のお考えは「長男がいるところに自分は入る」のですから、必ずしも関東の菩提寺さんの墓地である必要はない、と判断できます。つまり「3男はお墓は関西に移したほうが良い」との案は一考に値します。
[2]関西への改葬に賛成されている、
[3]遠方(関西から?)にお住まいだし、次男さんご自身を含め墓所の管理に関心をおもちでない。
[4]三男さんご自身は、祖父母さんと御両親と同じ墓所を使用する予定をおもちでない。
[5]関西への改葬をご提案なさった。

であれば、基本は関西ヘの改葬が第一選択です。
ついで、墓所後継者を誰にするかという問題ですが、寺院が主体として供養を行なう永代供養墓が存在しますから、将来的には御母堂もおやすみいただくという前提で、みなさま方の要望に添う契約条件を満たす永代供養墓を探したうえで関東の菩提寺さんから改葬する、ということがよろしいのではないでしょうか?

問題は、改葬と永代供養墓の入手の費用をどのように案分するか、および、永代供養墓とのおつきあいをどうするか、という件ですが、ここからは私からは(情報が少なく)申し上げられることはございません。
申し訳ありません。

以上、ご参考までに。


 
名前
MAIL
URL
タイトル   簡単タグ入力
コメント
添付   >>お絵描き
アイコン  Icon List
背景色
文字色
マーク 解決  
   名前などを保存する  プレビュー        削除キー 



削除・編集   管理者画面   RSS   + Powered By 21style +