お寺ネット かけこみ相談室です。心の疲れた人へ。一人で考えていなくて話してみて下さい。宗派を越えてみんなで話し合う掲示板です。NPO法人かけこみ相談センターの相談員も協力しております。個別相談は、NPO法人かけこみ相談センター

レスに対する意見はご遠慮ください。(ご注意:誰もが書き込めますので、メールアドレスの公開する場合、偽僧侶や勧誘・詐欺ご注意ください。また、特定の個人並びに団体名をあげての批判・中傷などは、受付いたしかねます。自殺予告や自殺を誘発するような書き込みは、削除いたします。(通報する場合も)当掲示板での一切の責任は負いかねます)過去の相談例

お寺ネットtop | かけこみ相談室へ仏事の相談室ツルとも和尚のお手伝い



  <<   新規投稿   ツリー表示   一覧表示   携帯用   検索/過去ログ   ホーム  
  自分の生きている価値が見出せない

[31382] たむけん
[31384] 在家

Name: たむけん
Date: 2019/09/08(日) 00:15   No:31382
  返信  引用  編集 
Title: 自分の生きている価値が見出せない    
わたしは、恵まれています。
仲のいい家族、ほどよい距離感の義家族、そして愛情深い主人。県外へ嫁ぎましたが、正職員ではありませんがよい職場もみつかりました。
私は、昔からお金がないことに対するコンプレックスがあります。私立大学にはいるお金も、浪人して国公立大を受けるお金もありませんでした。結果、高校の教員の高卒なんて仕事もない、計画性がないというアドバイスを親へ相談し、無理をして私立大へ入学しました。入学後家庭の経済事情が急変し、退学を決意。大学の教員から奨学金を借りることをすすめられ、そのまま借りて、大学を卒業することはできました。
社会人一年目から借金を背負うこと。とても甘く考えていました。返済額と見通しのつかない人生に、生きることはなんて辛いのだろうかと何度も泣き喚き、物に当たり散らかし、ストレスの捌け口を探す日々でした。
そんな日々も嘘のように、人間として尊敬できる今の主人に会いました。
結婚してしばらくして、奨学金を全額返済することになりました。ほぼ主人の稼ぎからの返済です。主人は私の奨学金に対する考えの甘さを指摘しつつ、きちんと今までとは変わらず愛情を伝えてくれました。
でも、私は納得いきません。自分の奨学金を最愛の人に払わせて、少ない稼ぎで住宅ローンの審査にも含めてもらうことができない勤務形態で働いている、情けない自分が。なんで、こんな人間が生きているんでしょうか。物欲はありませんが、食欲はあるので、きっちり家計のお金は消費しています。気持ち悪くないですか?みんな、別に自分の価値なんてないと思いつつ仕方なく生きているんですか?それとも、何か楽しみがあって生きてるんですか?それとも、生きる意味を見出しながら生きなくてはいけないのが人間ですか?不思議です。教えてください。なんでみんな生きられるのですか。



Name: 在家
Date: 2019/09/08(日) 09:00   No:31384
  引用  編集 
Title: Re:自分の生きている価値が見出せない    
価値というのは人間のエゴが決めていて、価値のない雑草だって害虫だって自然の営みには不可欠なものです。
だからどんなものも本当の価値は人にはわかりません。
生きる意味も人のエゴに属してないから、人間が考えて分かることではありません。
どちらも人間の本質(仏性/全体/神)に属するものです。

人間の本質はもともと喜びに満ちたものなのに、あなたの否定的な思考習慣が自分自身を否定して、本来の自分を見失っているのです。
雲を取り去れば人間の本質である喜びが現れて、そのような疑問はなくなりますよ。


あなたは自分が恵まれていることは十分ご存じですね。
どうしてその喜びをもっと膨らませないのですか?
あなたに一番足りないのはおそらく感謝の気持ちだと思います。
観音様は感謝の意味をこんなふうに説明してくれました。
「桜の花は桜の木が生きている喜びの表現です。人はその花を見て喜びます。」

つまり感謝とは自分の喜びを周りに広げてゆくことなのです。
自分が発した喜びは廻りまわって自分に還ってきます。
因果応報という言葉は悪い意味に使われることが多いですが、良い意味でも自分が為した結果は自分に還ります。
あなたに感謝の習慣が身に付けば、感謝は周りに対する報恩に代わってゆきます。
あなたが社会生活を通して人に尽くすようになれば、おのずと自分の価値を感じるようになるでしょう。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
〇お願い:男女の区別と年齢を記入してください。
〇メールで相談されたい方はこちら:NPO法人かけこみ相談センター
http://kakekomi.or.jp/
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


> わたしは、恵まれています。
> 仲のいい家族、ほどよい距離感の義家族、そして愛情深い主人。県外へ嫁ぎましたが、正職員ではありませんがよい職場もみつかりました。
> 私は、昔からお金がないことに対するコンプレックスがあります。私立大学にはいるお金も、浪人して国公立大を受けるお金もありませんでした。結果、高校の教員の高卒なんて仕事もない、計画性がないというアドバイスを親へ相談し、無理をして私立大へ入学しました。入学後家庭の経済事情が急変し、退学を決意。大学の教員から奨学金を借りることをすすめられ、そのまま借りて、大学を卒業することはできました。
> 社会人一年目から借金を背負うこと。とても甘く考えていました。返済額と見通しのつかない人生に、生きることはなんて辛いのだろうかと何度も泣き喚き、物に当たり散らかし、ストレスの捌け口を探す日々でした。
> そんな日々も嘘のように、人間として尊敬できる今の主人に会いました。
> 結婚してしばらくして、奨学金を全額返済することになりました。ほぼ主人の稼ぎからの返済です。主人は私の奨学金に対する考えの甘さを指摘しつつ、きちんと今までとは変わらず愛情を伝えてくれました。
> でも、私は納得いきません。自分の奨学金を最愛の人に払わせて、少ない稼ぎで住宅ローンの審査にも含めてもらうことができない勤務形態で働いている、情けない自分が。なんで、こんな人間が生きているんでしょうか。物欲はありませんが、食欲はあるので、きっちり家計のお金は消費しています。気持ち悪くないですか?みんな、別に自分の価値なんてないと思いつつ仕方なく生きているんですか?それとも、何か楽しみがあって生きてるんですか?それとも、生きる意味を見出しながら生きなくてはいけないのが人間ですか?不思議です。教えてください。なんでみんな生きられるのですか。



 
名前
MAIL
URL
タイトル  
コメント
添付   >>お絵描き
アイコン  Icon List
背景色
文字色
マーク 解決  
   名前などを保存する  プレビュー        削除キー 



削除・編集   管理者画面   RSS   + Powered By 21style +