藤村シシンぶろぐ


 

2012. 2. 17
      【黒川座談会】ドキュメント2.14〜黒川とチョコの甘くビターな同棲生活〜
今、その恋の結末を〜

2月14日、バレンタインデー当日。 
私は、愛媛の片田舎、往年の宿敵・黒川さんの自宅に、ある荷物を送りつけた――そう、 
 
 
 
容量にして1ガロンは入ろうかという真っ赤なハートの箱を。 
(大きさ比:オウィディウス著『恋愛指南』) 
 
 
黒川『……藤村さん、このおぞましい物は一体……』 
 
私「ごめん、黒川さん!詳しい話は後だ!!私、2、3日身動き取れなくて、恒例の座談会できないの!
だから、その箱は座談会の日まで開けないで持っておいて欲しい!!」 
 
黒川『こ、こ、困りますよ!僕、実家ですし…
こんなエロ本よりも置き場所に困る、その上エロ本よりもかさ張り、かつ目立つおぞましい物、そんなに隠しておけません!!』 
 
私「黒川さん…
お前は『家畜人ヤプー』全5巻を家族の眼から10年間も隠し通せるほどの男だ。君のそのエロ本隠し技術に期待する! 
 
……それじゃ!私、忙しいから!がんばって!」 
 
 
黒川『……ちょ、ちょ、ちょっと待って…!』 
 
  ガチャッ。ツーツーツー… 
 
 
 
 
黒川『………。』 
 
――この時の心境を振り返って、彼は言う。 
 
黒川『この箱の中身も素性も一切分からないが…3日間、この箱を隠し通すしかない…!!例え、僕の生涯の伴侶たる家畜人ヤプーを犠牲にしても…!』 
 
 
――そう、これは、黒川と彼の元に身を寄せたチョコレート… 
 
二人の秘められた3日間の同棲生活の全貌を、インタビューに基づき、 
私、藤村シシンが客観的にまとめ上げたドキュメンタリーである。 
 
 
 
【黒川座談会】 
ドキュメント2.14 
〜黒川とチョコの甘くビターな同棲生活〜
 
 
黒川(……さて、このオーパーツをどう隠すか…) 
 
 
 
 
黒川(…押し入れの中、か…? 
 
いや、母さんが入ってきて、『ついでに息子の押し入れのムシューダでも取り替えてあげましょ……ん!?な、何!?このハートの箱は!?』 
 
――だめだ、ここはやられる…。
 
 
 
いや、隠そうとするから失敗するのだ。 
「木を隠すなら森の中」作戦…! 
風呂敷に包んで部屋の隅に転がしておけば、絶対に気付かれない…! 
 
まさか誰もこの風呂敷の中に巨大なハートがあるとは思うまい!) 
 
 ――完璧な作戦に思えた。 
 しかし黒川、ここで一つの誤算―― 
 
 
黒川(しかし今日は寒い…ストーブを付けなければ…) 
 
 厳しい寒波が押し寄せた2012年。 
 南国・愛媛でも2月14日からは雪が降り続いていた。 
 ゆえに、黒川はストーブの温度をやや高めの20度に設定。 
 
 ――しかし、それから間もなくして、 
 黒川は部屋の中のある異変に気付いた。
 
 
 
黒川「……ん?ん…!?
な、なんだ…この部屋中に広がる甘ったるい匂いは…!?」 
 
 
 
黒川「こ、この箱…!
この箱から強烈なチョコレート臭が…!!ばかな、これではいかに風呂敷に包もうとも一発で存在がばれてしまう…!!」 
 
 ――急いでストーブを切り、ちゃんちゃんこを二枚重ねで羽織り、 
 頭から毛布をかぶる黒川。 
 
黒川(…く…暖房を付けることもままならぬとは…!しかしこれで中身がチョコレートだ、という事は分かった…。しかし中身は一体何なのか…。どういうつもりでこれを…。今こそ僕の圧倒的推理能力が光る時――!!) 
 
 
 ガラッ!
←ふすまを開ける音 
 
黒川祖父
「やや!巧!ストーブも付けんと何しとるんかいね?寒かろが?じーちゃんがスト−ブ付けたろ!」 
 
黒川
「ワーーーじいちゃん!寒くないがね!寒くないがね!大丈夫やけん!」 
 
(くっ…!この箱のせいで僕は…!!
開けた時には絶対に容赦せんがね…!!) 
 
 
 
 ――そんな中、徐々に明らかになっていく箱の素性。 
 
 まず、中身は、私+星彦+そらのはなこ、 
 三人で作った「合作」だという事。
 
 
 そしてさらに重大な事は―― 
 
「黒川さん、君に送った箱の中身は、『本命チョコ』だから。」 
 
黒川『3人の合作…!?本命…!!?』 
 
 この二つの言葉がさらに彼を混乱させ、 
 夜には部屋にかすかに漂うチョコレート臭と共に、 
 黒川を夢で苛んだのだった。 
 
黒川(…ミラ・ジョヴォヴィッチ
(※黒川理想の女性)『一緒に夜のバイオハザードに行きましょ』と言われる淫夢を見てしまった…。くそ、この箱のせいで…!!) 
 
 
 夜も眠れず、徐々に精神を蝕まれていく黒川…。 
 
 だが同時に、寝食を共にしてきたこの箱に芽生える、 
 
 ほのかな愛情――
 
 
 
黒川(大丈夫だろうか、溶けていないだろうか…?時折、ゴトゴト音がするのは、崩れているのではないのだろうか…?心配だ…。 
 
例え、この箱の中身が何であろうと…僕はこの箱を守りたい…!)
 
 
 
 
――その二人の奇妙な関係に、終止符を打つ時が今、来た!! 
 
箱を開けた時、黒川の気持ちは踏みにじられるのか!? 
それとも、黒川の愛情に答えるのか!?
 
 
 
――さあ、黒川さん、今夜! 
その決着をつけよう…!! 
 
黒川とその箱の、甘いロマンスの結末を!! 
ドキュメンタリーではなく!今、リアルタイムで我々に見せてくれ!!
 
 
 
 
黒川座談会】 
リアルタイム2.17 
〜今、その恋の結末を〜
 
 
以下、恒例の座談会! 
 
  
 

黒川ですが…。この3日間の僕の苦労を、よくも甘いロマンスなんぞに仕立て上げてくれましたね。

言っておきますけど、愛情なんか一切芽生えておりません!
憎しみしかない!!


この箱のせいで、極寒の中、僕はろくに暖房もつけられなかったんですよ!?
ここまでして、もし溶けていたり、崩れていたりしたらと思うと…!
気が気ではない!
..2/18 0:11(Sat)

何?まだ愛が芽生えてない?
…じゃあ、もう一晩、ベッドを共にすれば愛も芽生えるのではないだろうか。

――と、いうわけで、今日はもう遅い。もう1時だぞ!
明日また仕切りなおそう。

20時にここ集合だ!!いいな!
それまでにその箱と男女の仲になっておけ!!

でないと、その愛を裏切る意味も、あるいはハッピーエンドな結末にも、意味がない!
..2/18 0:52(Sat)

本当に、憎しみしかない。

もう一晩与えられても、答えは同じです!
僕は絶対愛しなどしない!

貴女方の刺客と分かっていながら、貴女方の策略にはまると分かっていながら、それでも愛するわけがない!!
..2/18 0:59(Sat)

「この人を愛したらいけない。」――それが恋の始まりだ。

愛したらいけないと思う人ほど、意識してしまう。
それが人の常だろう、黒川さん。


――その箱には、私たちの魔法がかけてある。

策略だと思えば思うほど、陥るのが恋の罠よ!!

明日、箱を開けるときの君の顔が見ものだな。
..2/18 1:09(Sat)

また一日延ばすんかい!!※皆の代弁
..2/18 1:13(Sat)

……本当ですよ…。

もう明け方なのに、まったく眠れないです…。このチョコレートの匂いが僕を眠らせてくれない…!

頼むから、僕に心を開いておくれ…
というより、いい加減、ふたを開けさせておくれ…
..2/18 5:05(Sat)

何スか、その
チョコ「今夜も眠らせないぜ…」状態…。

黒川さん可哀想…。
でもお休み!!
(ちなみにシシンは、「夢の中でアポロンとデートしてくる」つって寝ました)
..2/18 5:15(Sat)

………………………………………
黒川さん、昨晩はお楽しみのようでしたね。

昨日は一段と寒かったが、まさか自分の身を守るために暖房をつけて寝て、チョコを溶かしてしまってはいないだろうね?

まずは彼女をここへ連れて来い。

君がこの4日間、彼女をどう扱ってきたか、衆目の前で確認しようじゃないか。――箱を開けてね。
..2/18 20:12(Sat)

馬鹿をおっしゃい。このチョコを溶かすくらいなら、僕が凍死する!



貴女は仰いましたね。「これは僕に対する本命チョコだ」と。
その言葉を信じて、僕はここまでこのチョコレートを守ってきました。

家族の目から隠し、冬の日に暖房もつけず…。
この苦労を、愛情を、このチョコが裏切らないだろう事を僕は信ずる!

――さあ、午後8時。約束の刻限です!

..2/18 20:49(Sat)

では、開けろ!開けて彼女の本心を己の目で確認するがいい、黒川巧!

――さあ、今、その恋の結末を!
この場で見せてくれ!
..2/18 21:04(Sat)

ああ!長かった…この4日間、本当に長かった…!!
今、この箱を開ける…!!

頼む!どうか僕のこの胸の高鳴りを!
この愛を!裏切らないでくれ、君よ!!
..2/18 21:10(Sat)





え…こ、これは一体…どういう意味…
..2/18 21:16(Sat)

――さあ、黒川君、箱を開けて出てきた、
真っ白なハート型のチョコレート。





――そこに書いてあるギリシャ語を読んでみてくれ。
..2/18 21:19(Sat)

prosphilestatoi

APOLLONI …


プロスフィレスタトーイ・アポローニ …





『最愛のアポロンへ』……?

..2/18 21:30(Sat)

…黒川さん。確かに、「君に『送った』チョコは、『本命チョコ』だとは言ったが、
君自身に対するものだとは一言も言っていない
な。


――そういうわけで、黒川君。それ、アポロン様に渡しておいて。


..2/18 21:34(Sat)

アアアオオオオオオオオオオ君は――っ君たちは――っ!!!楽しいか――!!僕の純情をもてあそんで楽しいなrのか――っ!
..2/18 21:38(Sat)

チョコレートを温かさから身を呈して守ってくれてありがとう、黒川君。
だが、そのチョコレートの本命は、君じゃなくてアポロンだったというわけだ。

悲恋だね。そして悲しくも美しい物語だと思わないか。

私はこの見世物に最高に満足だ。
君の絶望に打ちひしがれる様は、何よりの見ものだ。
..2/18 21:44(Sat)

いいえ、この脚本は三流です!!

僕だって、うすうす嫌な予感というか、「どうせこうなるんじゃないかなあ…」という予感はありました。
見て下さってる人もそう思ったんじゃないですか!?

ええ、伏線を隠しきれないのは三流のやる事です!!

あーもう…!ああ、もうどうしてくれようこのチョコレート…あああ!

予想はしていましたが…こんな結末とは…!!
..2/18 21:49(Sat)

――いいや、この物語は三流にはならない。

なぜなら、この物語の主人公は、例え絶望の淵に落ちようとも、
箱の底に希望が残っている事を信じて探し求めるからだ。
..2/18 21:56(Sat)

……!

なんですって……

..2/18 22:00(Sat)

 「絶望の谷に落ちた彼の体を、精神を
  厳しい寒さが蝕んでいく――
  もう駄目かもしれない…

  だが、絶望の淵に追い詰められようと、
  彼はまだ信じていたのだ――彼女の愛を!」


君はまだ諦めてはいないはずだ!!
そうだろう主人公!

 「彼は最後の力を振り絞って、チョコレートをどけ、箱の底を見た!」
..2/18 22:08(Sat)

え…ええ
えええええええええーーーーーーーーーーーーーーー
嘘でしょうーーーーーーーーーー!!


..2/18 22:15(Sat)


「箱の底を見ると、そこには……




 彼がいつも着ているギリシャ語Tシャツを模した、ダークチョコレートの山が。

そしてその中の一つにはこう書かれていたのです。





SE PHILO
『あなたを愛してるわ。』



黒川さん!!ハッピーバレンタイン!!!

私+星彦+はなこさんから、愛をこめて!このチョコレートを贈ります!!

..2/18 22:22(Sat)

ちょ・・・

完璧すぎるだろこのタクティクス!


シシンさんマジかっこいい///
..2/18 22:28(Sat)

…ええ…何ですこれものすごくうれしいんですけど…!!
うれしい…!!

これ、君たちが作って下さったという事ですか…!
僕のTシャツじゃないですかこれ…!!

果てしなく嬉しい…!!

回分のやつもあるし!『ホムンクルス』『魂の死』もある!ウワー!
..2/18 22:30(Sat)

はなこさん!本当にありがとう!!!
去年のどうかしてるハート型のチョコも嬉しかったですけど、今回のはさらに感激しました!だって手作りですしこれ!

..2/18 22:32(Sat)

構想数ヶ月…!!(詳しい時間は忘れた)

ついに黒川さんへの我々の想いを届ける瞬間を迎えられた!!

シシンありがとう…!!
でも待たせすぎ。
..2/18 22:32(Sat)

見たか、これが私の戦略的遅刻だ。

――さて、主人公君。
我々のこの筋書きにご満足して頂けただろうか?
..2/18 22:36(Sat)

 「彼は、箱の底から彼女を救い出すと、きつく抱擁した。
 そして、この4日間待ちわびた口づけを交わしたのだった――」


   ――HAPPY END.



…ありがとうございます、今『魂の死』を食べさせてもらったのですが、ビターで美味しいです!すごく!
すっごくおいいしです!あーー!!

この4日間、守って良かったです!このチョコレートを…!
御三方とも、本当に有難うございます!!美味しい!
..2/18 22:42(Sat)

脚本家も予想していなかったまさかのキスシーンが…!!!!(笑)

ちなみにそれ、チョコレートは全部で 2kg あるよ。

カロリーにすると10000kcalあるから、おそらく一度に食べると死にます。

ちょっとずつ食べてね…!半年くらいは持つだろうから…!!
そして寒い中、暖房も付けずに待っててくれて本当にごめん。
そしてありがとう!
..2/18 22:51(Sat)

う、うん……今、Tシャツの袖をかじっただけでお腹いっぱいになりました。
半年かけて少しずつ頂きますね。本当にどうもありがとう。

しかし、まさか貴女方が、アポロンを前座にしてくるとは…思い切った事をしたものですね。
..2/18 23:06(Sat)

――ここで、一つ弁解をしておきたい。
確かに我々は、アポロン+黒川さんに向けて頑張ってチョコを作ったつもりだった。


制作過程。

「顔を洗うと共に罪も洗い流せ」(※回文)


その他、「ホムンクルス(人造人間)」「インキュバス(淫魔)」など、黒川の往年のギリシャ語Tシャツ。

――頑張って作りはした。
しかし、今振り返って言おう。私達は正直バレンタインをナメていた、と。

そう、上には上がいたのである。
..2/18 23:14(Sat)

今年のバレンタインは、黒川さんはじめ私や星彦さんにもチョコレートを頂いてしまったのですが!!

みんな目をかっぽじってみてくれ…!!


ひーちょんさかんから頂いた、「アポロンクッキー」
(右は黒川さんに頂いたものですが!一緒に写させて頂きました!)

http://hie-chon.jugem.jp/
ひーちょんさんのブログ。
http://hie-chon.jugem.jp/?eid=77
クッキーの作り方等はこちらの記事に書かれています。

(私が描いたアポロンで作って下さって本当にうれしかったです!ありがとうございます!!)

そして、

たかしまつぐるさんに頂いた、「アポロンとダフネー」チョコレート

https://twitter.com/tug_shima
サイトをお持ちじゃないとのことで、ツイッターをご紹介させて頂きます。

(芸術品ですこれ…!本当にありがとうございます!!)


他にも色々頂いてしまったのですが、
そしてご紹介しきれず申し訳ないのですが!!

――もう、みなさんのチョコレートを見て目が覚めたわ…。「あ、バレンタインって、こういう本気出さないといけないイベントなんだ」

だからね!黒川さんね!!
こういう化け物みたいな高度なチョコと、私たちのを比較して、「ショボイなー」とは思ったかもしれねえ!!
だけど、来年は見とけ!!来年から本気出す!!
..2/18 23:35(Sat)

来年?来年は来ない。

なぜならこの物語の主人公は、
ホワイトデーに復讐を企てるからです。


――さあ、筆を僕に渡してもらおう。


 「彼は復讐に燃えていた。
 かならずやかの3人の魔女を打倒せん、と。
 ――計画はすでに頭の中にある。
 あとはそれを書きつづるだけだ。

 そう、ここからは第二部。
 ホワイトデーに向けた僕の復讐劇の幕開けだ。」



  ................To Be Continued.
..2/18 23:50(Sat)

………………………………………………………
上手くまとまったところで、これにて座談会、了!
各々一言あったり、言い足りない事あったらどうぞ!
..2/18 23:52(Sat)

黒川ですが、みなさん、本当にどうもありがとう…!!

手も震えてるし、指はチョコでベットリですし、うまく御礼を申し上げられないのですが…!まさか僕のために手作りで作って下さるなんて本当に感激です!
藤村さん、星彦さん、はなこさん!みなさん本当にありがとうございます…!!

ただ、アポロンへのチョコレートですが…



アポロンは古代人なので小文字は読めないと思いますので、代わりに僕が頂いておきますね。
..2/18 23:57(Sat)

20時からずっと見てました、クッキーの人ことひーちょんです。
お邪魔いたします。
まさかネタかぶりするとは思いませんでした…
言葉が違ってよかったと思います、心から!
そして、とても楽しい座談会をありがとうございました!!
..2/19 0:00(Sun)

「アポロンは古代人だから小文字は読めない」って(笑)。そうだけどそうじゃねえよ!!(笑)

ひーちょんさん>こちらこそアポロンクッキーありがとうございました!まさかあんなに手が込んでいて、心のこもったものを私にも頂けるとは思ってもみず…!本当に感激しました!そして座談会楽しんで下さってなによりです!
..2/19 2:18(Sun)

一晩明けまして、改めまして、ありがとうございました。黒川です。

昨晩の事が夢ではないかと思って、ハートの箱を何度も開けるのですが…まあ、そこには大量のチョコレートが入っていて、「あ、これ現実だ」と認識する一日でした。

今回藤村さんが書いた記事で改めて思ったのですが、彼女は本当に僕を魅力的に書いてくれていると感じます。
いい詩人の支持を得た、幸運な神話の英雄のような、そんな気持ちです。

僕は、現実では藤村さんに守られていないと何もできない情けない男ですが…、……しかし、アルテミスに対するアポロンが最初はそうであったように、いつかは逆転したいと思います。

本当に僕、情けないんですけど…
自分が本当に嫌になるのですけど…
今はまだアルテミスの後ろについて回って泣いてばかりのアポロンですが…いつかは世界の真ん中を牛耳って見せます!

そのためには、星彦ヘルメス、はなこアレス…
貴女方の協力が必要なのです!
本当にこの度はありがとう。
涙の味でチョコレートが少ししょっぱいのですが、最高の味です。

僕にもご厚意でチョコを下さった方々、見て下さった方にも、
僭越ながら感謝の意をお伝えしたく思います。
どうもありがとうございました。
..2/20 0:03(Mon)



藤村シシン
古代ギリシャ・ギリシャ神話研究家。
高校で出会ったアニメ『聖闘士星矢』がきっかけでこの道へ。東京女子大学大学院(西洋史学専攻)修了。
著書『古代ギリシャのリアル』(実業之日本社)。 NHKカルチャー講座講師。平成28年 東京国立博物館『特別展・古代ギリシャ』公式応援サポーター。 古代ギリシャナイト主催。 など。

お仕事のご依頼 euermo★gmail.com
(*をアットマークに変えて送って下さい)


★よく出てくる宿敵「黒川君」については
【黒川wiki】をご参照下さい。


書籍『古代ギリシャのリアル』発売中。






各種リンク

twitter
(基本的にここにいます)


「藤村一味」まとめ
(古代ギリシャ、
呪術ナイトなどのトゥギャッターまとめ)


古代ギリシャナイト
歌って踊って喋って祭儀する、古代ギリシャ総合エンターテイメントです

twilog
(ツイッターのログ)

(ピクシブ)


私のサイト(ギリシャ神話の創作とか)

2012. 2. 17 【黒川座談会】ドキュメント2.....
2012. 2. 03 【後半】新春かくし芸大会:藤....
2012. 2. 02 【前半】新春かくし芸大会:藤....

2012年 2月
SunMonTueWedThu FriSat
- - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
- - -





| 携帯用 | | RSS | | 検索・カテゴリー | | Home |

++ Powered By 21style ++