エペメリス・シシナス・フジムラス


 

2009. 5. 24
      【私が贈るもの】アポロンの誕生日に黒川を祝う〜私のプレゼント、「アポロン最後の謎かけ」〜

―いつも珍文が書かれたTシャツを着ていることでおなじみの黒川。 
かつて、学会で会った時の彼の胸元には、古代ギリシャ語でこう綴られていた――。 
 
 
『私は鉄によって切断される。 
  私の頭を落としてみれば、それと同時に日も落ちる。 
  当ててみよ、私は何者か?』
 
 
 
「…うわぁあ〜〜っなんだこれぇ〜〜!!?ちょっと黒川さん!!頼むからたまにはフランスの詩集からとったステキな花言葉とかを掲げてよ!!何、その猟奇的な文章!?何かの呪詛!?」 
 
黒川「違いますよ!これは古代ギリシャ語のなぞなぞです。答えられますか?
『鉄によって切断され』、『首を落とせば日も落ちる』もの!さて、な〜んだ?」 
 
私「え〜〜と…」 
 
黒川「あ、ちなみに答えは
Tシャツの背中に書いてあるんですけど…」 
 
「!!ちょっと待って、私、自分で考えます!今日、帰る時間になるまでは、絶っ対私に背中を向けないで下さいよ!!」 
 
――それから私は何時間も考えに考えた。 
鉄によって切断され、首を落とせば日も落ちるもの… 
だけど、結局答えはわからなかった。 
 
黒川「帰る時間ですね。タイムリミットですよ。答えは?」 
 
私「……くそぉお〜〜!分かりません!!」 
 
 
…黒川は勝ち誇ったように笑った。 
 
黒川
「また僕の勝ちですね!それじゃあ、ごきげんよう。」 
 
そう言うと、くるっと背中を向けて、歩き出す。 
 
その背中に掲げられた文字――――
 
 
 
ΟΝΥΞ 
オニュクス。
 
 
ギリシャ語で「ツメ」。…爪は鉄(=はさみ)によって切られる。 
頭(=頭文字)を落とせば、 
 
ΝΥΞ 
ニュクス(=夜)
 
 
…日が落ちる。
 
 
 
…やっとそこまで分かって、去っていく黒川の背中を呆然と見送ることしかできなかった私。 
そしてその時思った。 
 
この勝ち誇った背中を、泥にまみれさせることができたらどんなに気持ちがいいだろう。 
この黒川の絶対的な誇りを…
「古代ギリシャ語のなぞかけなら、僕に解けないものはない」、「ソクラテスやプラトンがしたように、アポロンの謎かけですら僕は解いてみせる。」この誇りとともにアイツをくしゃくしゃにすることができたなら…!! 
ああっ、それはどんなに気持ちがいいことだろう!!
 
 
 
…そこで私は決めたのだ。 
こいつにも絶対に解けない「謎かけ」を仕掛けてやろうと――!! 
 
 
『アポロンの誕生日に黒川を祝う 
〜私のプレゼント、「アポロン最後の謎かけ」〜』
 
 
 
…前置きが長くなりましたが、21日の六本木会戦に向けて、私が贈るものはこれだ!! 
「アポロンの謎かけ」! 
「言葉を司るアポロンの、最後の謎かけ」だ!!
 
 
 
 
…いや、これ何!?というと、これは簡単に言うと、
アポロンのマークです! 
でも、これには一つの謎がある!! 
 
中央の
「Ε(イプシロン)」……この「Ε」とは何なのか? 
 
神殿に囲まれた「Ε(イプシロン)」。 
これを見ただけで古代人は「アポロン」を連想できたはずだ。 
 
でも「アポロン」と「Ε」にはいかなる関わりもない。 
 
つまり、なぜ「Ε」一文字がアポロンのシンボルなのか、この「Ε」が何なのか、何かの単語の頭文字なのか…?完全に謎に包まれているのよ! 
 
 
 
たった一文字。でもどんな長い謎かけよりも問題のある一文字!! 
今まで誰も解いたことのない一文字の謎かけ!!
 
 
――これをお前に贈る、黒川!! 
 
まあ、「贈る」って言っても、どうやって贈るのか、って話でしょ? 
まず、これを見てもらいたい。 
 
 
 
 
黒い無地のTシャツと、Tシャツ用プリント紙。 
 
…フフフ…ここまで来たら私がこれから何をするつもりなのかはお分かりだろう。 
 
…まさか貴様…!!?ああ、そのまさかだ!! 
 
 
 
さっきのアポロンのマークをもうちょっとアポロンぽくデコレートして、 
 
 
 
こうして、 
 
 
 
こうだ!!!! 
オリジナルアポロンTシャツ!! 
これを有無を言わせず貴様にプレゼントだ黒川!!!
 
 
 
フフ、そして胸のマークの半径は7センチ!!7はアポロンの聖数!!ちゃんと考えてるぞ!! 
しかも、 
 
 
 
暗闇で光るぜ!! 
 
あれ!?ちょっとこれ…意外とイケてない!?(笑)意外といい感じじゃない!?私は頼まれても着たくないけど!! 
 
 
もうここまでで完璧であると言えるが、なんだろう… 
何というか…黒川さんがいつも着てるTシャツって…もっと禍々しいんだよね。 
 
うーん、もうちょっと禍々しさをプラスしてみるか… 
これも付けちゃおう!! 
 
 
 
…ホントこれ何!!??って言うと、これはヘルメスです。古代ギリシャのピタゴラス教団の、ヘルメスのマークです。ピタゴラス教団のシンボルの五角形中に、ヘルメスの頭部が…ってごめん、実は私もよく分からない! 
まあ黒川さんの専門分野だろう! 
 
もちろんコレを印刷して、襟元に!! 
 
 
 
ちなみに、円の半径は4センチ!もちろん4はヘルメスの聖数!!そして、これももちろん、 
 
 
 
光るぜ!!…って怖ぇええーーー!!!やべぇえーー調子乗りすぎたぁーーー!!間違えたぁーーー!!なんでこれ付けちゃったんだぁー!?完璧に取り返しのつかない感じにーー!!うわああこんなのが暗闇で迫ってきたらおしっこチビんぞ!!やっべえ!こんなの絶対着れねええ!!ってかこれを黒川さんは本当に着てくれるのか…!? 
 
 
そんなわけで、最後にメッセージカードを添えて… 
 
 
 
ピンダロスの歌にピッタリの箇所があったので抜粋しました。 
「私が心を捧げるアポローンの君よりも先に、私は彼を祝いたい。どうかゆずりたまえ!アポローンの君!」〜というようなことが書いてあります。 
 
おっと、もちろんこれもただの紙じゃないぞ!! 
 
 
 
「アポロンケント」だ!! 
 
 
 
それを袋に入れて完成!!! 
 
フフフ、解いてみろ、黒川!!このアポロン最後の謎を!! 
だがお前には絶対に解けない!! 
 
このTシャツを着て、誰かに聞かれるだろう、「黒川さん、そのTシャツの『Ε』って何なの?」
 
 
だがお前はこう答えるしかないのだ!!「分からない」!! 
 
わはははははーーー!!ああーどんなにか気持ちがいいだろう!!その光景を見た時の私の心は!! 
 
六本木当日が楽しみだぜ!!
 
 
 
 
―――とまあ、前回お話したとおり、
これを書いている時点では、すでに六本木で黒川さんに会ってきた後なんですが… 
 
もうね、このTシャツ作ってる時は全然気付かなかったんだよね…私がまさに自分の墓穴を掘っていたということに。 
このTシャツの存在が私にすべて悪夢として降りかかってくるということに…!!ホント、やめときゃよかったんだよ!! 
 
今、タイムマシンがあったらこの日の私のところに行って言いたい! 
「絶対やめろ」と。「せめて発光機能だけは絶対やめとけ!!」と!!はああ〜〜〜!!! 
 
そんなわけで、次回は六本木決戦へと続きます!! 
 
 
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
<補足> 
◆こう…いつも日記では
「最初に事の核心を」がモットーなのですが、今回は変化球で回想シーンから入ってみました(笑)。「えっ?これ何の話だ?六本木の話じゃないの?」と困惑した方いたらすみません。…なんというか、どこから書き始めるかとか、限られたスペースでどの出来事をそぎ落とすかとかってかなり神経使いどころですよね。 
多分六本木本編は前後編になるかと…もういろんなことがあったのよ…あれも書きたいこれも書きたいだよ!しかし書いてる私も大変ですが、読んでくれてる方も同じくらい大変ですよね(笑)。なんとかスマートにまとめられるよう善処します。 
 
◆アポロンのマークについて 
 
 
↑デコレート後のやつ。レリーフはデルフォイのアポロン神殿のモチーフを入れました。
「三脚台を奪い合うヘラクレスとアポロン。それを止めに入るアテナとアルテミス。」 
 
このマークのΕが何なのか?っていうのは昔から議論されています。 
これが「アポロン」の頭文字なら、当然中央の文字は「Α(アルファ)」になるはずですよね。でも、アポロンはたくさんの異名を持っているので、Εで始まる名前が無いわけじゃない。
Ekatos(遠矢射る君)とか、 Endomagetes(7番目の君)とか…。 
 
でもだったら、どうしてもっと有名な
Phoibos(輝ける君)とか Loxias(ロクシアス)じゃないの?という…。 
 
また、この「Ε」にはもう一つの読み方がある。 
古代ギリシャ人は数字を持っていなかった。そのため、
数を表す時、ギリシャ文字一字で代用した。 
 
たとえば、Αは最初の文字なので「1」を、 
Βは2番目の文字なので、「2」を表す、というように。 
そして、「Ε」は、というと、
5番目の文字なので、「5」を示します。 
 
「5」! 
 
でもアポロンは「5」とは何の関わりもない!アポロンの聖数は「7」だ!
 
――ほんと何なんだ?っていう…。 
 
あっ、あとこんな説もある。 
アポロンは予言の神なので、人間がアポロンに話しかける時は、
「もし〜〜なら」という仮定法でお伺いを立てる。 
で、「Ε」というのは、この仮定法に係わりが深い文字だから〜、っていう。 
 
このΕに関しては黒川さんとも延々話し合った。 
Εで始まる単語(無数にあるが!)を二人で出し合ったりしてたけど… 
黒川さんは最終的に「これはやっぱり『5』だと思う」って結論を出してた。うーん、本当に何なんだろう!なんかこういうのって往々にしてすっごい単純な答えなんですよね!!
「Eidos(理想)」とか!アポロンって理想じゃん!!とか!そういうの。 
 
 
拍手ありがとうございました!! 
コメントもどうもありがとうございます!! 
お返事はメニューの「re」のところです。
(〜21日まで) 
  
 

>> ツッコミ


管理人:藤村シシン

ギリシャ神話、古代ギリシャ史、
そしてアポロンを追い求めています。

連絡先: t-t-moon*ypost.plala.or.jp
(*をアットマークに変えて送って下さい)


★よく出てくる宿敵「黒川君」については
【黒川wiki】をご参照下さい。


書籍『古代ギリシャのリアル』発売中。






各種リンク

twitter
(基本的にここにいます)


「藤村一味」まとめ
(学校では教えてくれない古代ギリシャ、
呪術ナイトなどのトゥギャッターまとめ)


twilog
(ツイッターのログ)

(ピクシブ)


私のサイト(ギリシャ神話の創作とか)

2009. 5. 30 サガ様からのプロポーズ
2009. 5. 29 【決戦当日:後半】アポロンの....
2009. 5. 28 【決戦当日:前半】アポロンの....
2009. 5. 27 超取り急ぎだけどお誕生日おめ....
2009. 5. 24 【私が贈るもの】アポロンの誕....

2009年 5月
SunMonTueWedThu FriSat
- - - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- - - - - -





| 携帯用 | | RSS | | 検索・カテゴリー | | Home |

++ Powered By 21style ++