藤村シシンぶろぐ


 

2012. 7. 14
      タイムリミットまで2時間!人生タイムアタック!
黒川からのホワイトデーの全容

――2012年、2月14日…あの黒いバレンタインの夜。 
 
以前日記で書いた通り、私+星彦+はなこの3人は、 
宿敵・黒川氏に
悪意しかこもっていないチョコレートを渡した…。 
 
 
 
詳細→「 【黒川座談会】ドキュメント2.14 
〜黒川とチョコの甘くビターな同棲生活〜今、その恋の結末を〜」
 
 
…そして去る3月14日。このお返しとして黒川から我々に届いたもの、それは―― 
 
 
 
色分けされた3つの名前入りの不気味な物体だった… 
 
 
 
―――さあ、全てを始める前に、一つだけ断らせてほしい。 
 
たった今、この日記を書き始めている時刻…7月14日午前6時。
 
..6:12
 
えー
今から6時間後の午後12時に、私は成田空港から飛び立つハワイ行きの飛行機に搭乗せねばなりません。 
 
そう、この状況…本来、日記なんか書いている場合ではない。 
 
だが!どうしてもこれは…この日記だけは!ハワイ旅行に飛び立つ前に書かねばならない!その理由が私にはある!!
 
その理由は後述するとして!だ! 
 
思えば私、遅刻続きの人生だったわ…! 
夏休みの宿題は9月1日からやるタイプだったし! 
待ち合わせは基本遅刻だし! 
パラ銀だって2時間遅刻するし! 
 
だが今回は相手は飛行機! 
飛行機と言ったら、地球滅亡の日に最後に飛び立つ宇宙船の次くらいに乗り過ごせない乗り物です。 
 
いくら万年遅刻の私と言えど…分かるな…? 
分かってるな、藤村シシン…?
 
 
今!私がいる場所から、成田まで最低でも2時間! 
搭乗手続きは原則2時間前! 
 
――つまり今から私に残された時間は…
8時までの、実質あと2時間…!! 
2時間で全てを語りつくす…!!
 
 
常に日記の字数制限8000字パンパンまで書いている私には、 
二時間で日記を書きあげた事など当然ない…!! 
 
そう、これはタイムアタック…! 
私のサマーバケイションを、いや人生をかけたタイムアタックなのだ!! 
 
私はマリオカートのノコノコビーチのタイムは2分切った事がないが!しかし!
 
 
今ここで私の最高のコーナリングをお目にかけましょう! 
 
 
 
――さあ、いざ!始めよう。私が最も苦手とする時間との戦いを…!
 
 
 
……語り始めよう! 
黒川のホワイトデーのお返しの全容を、 
そしてその内容がいかにして我々の心を打ったかを!!
 
 
..6:32
 
 
 
タイムリミットまで2時間!人生タイムアタック! 
黒川からのホワイトデーの全容
 
 
そんなわけで、頂いてからかなり時間経ってしまったのですが、 
黒川からのホワイトデーお返しを、先週みんなで開けさせて頂きました! 
 
 
 
――時間がないから簡潔に結論を言う。中身は香水でした。 
 
 
……お前…っ時間がないからっていくらなんでもそれはピヨりすぎだろ!!? 
2時間ものの刑事ドラマで最初の30分で犯人が自首してどうすんだ!!と!
 
 
そういうご批判もあろうが! 
 
あのねえ、世界が滅亡するって時に、愛する人に思い出話とかしてる余裕ないから!
「愛してる!」っていうのが精いっぱいだから!! 
 
ほんとテンパってる…何書いていいのか分かんない…! 
とにかく黒川さんからのお返しは香水でした!! 
 
..6:48
 
 
…いや!だめだ、落ち着け…! 
6時48分。大丈夫だ、落ち着け、私…。まだ1時間以上ある…まだ焦るような時間じゃない…大丈夫だ。 
 
すみません、
落ち着くために一回朝ごはん食べて来ます。 
 
 
…フウ…。 
 
..7:01
 
 
――そう、香水と言っても、もちろんただの香水ではない。 
 
 
はなこ「じゃあまずは私から開けるね!」 
 
 
 
――黒川さんが贈ってくれた香水、それは… 
 
 
 
 
  「いつまでも香るアンバーと松やにの優しい抱擁。 
  "A tender embrace of amber and resins that lasts.  
 
  柔らかく温かいスパイス、清らかな花々が 
  香り高い木々とドライグリーンと抱擁を交わす。 
  
Soft and warm spices and clean flowers 
  embrace elegant woods and dry greens;
 
 
  パウダリーで軽い仕上がりながら、 
  温かみと甘さと力強さを残す。 
  
then it dries down to a powdery soft finish, yet remains warm, sweet and full-bodied.  
 
  これは、愛情深く、優しく、力強い
アレスの側面。 
  This is the tender, gently powerful, side of the god… 
 
  
このパフュームで人生の中にアレスを!より巧妙な戦士になるための香り。」 
  
brought to life in a perfume! A scent for the more subtle warrior." 
 
    (香水の説明文より抜粋、黒川訳) 
 
 
 
 
そう……
「アレス」!! 
 
アレスの名を冠した香水はなこさんが、ギリシャ神話で一番好きな、アレスをイメージした香水…!!
 
 
..7:22
 
 
はなこさん「オオオオ――!!しかも、日本で発売されてない、オリンポス十二神のパフュームシリーズらしいぞっ!!」 
 
「オリンポス12神…!?」 
 
 
星彦「…って事は、まさか私のは…」 
 
 
 
「濃く湿った緑の風に、まず驚かされるだろう。 
"A thick moist green wind bowls you over on initial application.  
 
深く深い菩提樹の花々、シャープでピリッとしたライムの果汁があふれ、 
一瞬で大胆不敵な、人を欺く、それでいて鮮やかで魅力的な香りが 
鼻いっぱいに広がる。(略) 
(英語略)  
 
遠い場所で摘まれた珍しくてエキゾチックな花々が、 
完全な調和の中で混ぜ合わされ、一つの大輪の花と昇華する。 
それは、晩夏、あるいは初秋を思い起こさせるような香り。(略) 
 
我が道を行く、誰もと同じ香りを纏いたくない人のための、大胆かつ、大変珍しい香り。」 
 
 
 
 
「ヘルメス」 
 
星彦「うおお――っ!めっちゃヘルメスっぽい匂いする!さわやかで干し草みたいな感じ!!ウワーー黒川さんありがとう!!」 
..7:52
 
 
 
 
 
……はなこがアレスで、 
星彦がヘルメス…… 
 
二人とも一番好きな神様の香りが来ている…… 
 
 
と、言う事は… 
 
 
 
 
全国1000億人のアポロンファンの皆様、お待たせいたしました。 
 
スーパーアポロンタイムのお時間がやってまいりました! 
 
私「もう…これは決まりだろ…アポロン来ちゃっただろこれ…!」 
 
冷静装ってるけど、 
もう私の頭の中でアポロンがすっごい事になってんからね!! 
 
私「それじゃあ、満を持して開けさせてもらいます!」 
 
アーポロン!!アーポロン!!アーポロン!! 
 
 
 
 
 
―――「人生のディオニュソス的側面を散歩しよう。 
――― "A walk on the wilder side of life. 
 
始まりは強烈で、シャープでスパイシーなペッパー、苦い緑と木々。 
影深い森林と捕え所のない場所を思い起こさせるようなトップノート。 
(英語略) 
 
全体を通して温かく霞がかった和音が、  
果実のような、燃えるようなワインのごとき旋律の中に織り込まれる。 
少しグリーンな、新鮮で豊かでみずみずしい花々が、純真と奔放の間の全音階で鳴り響く 
 
まさにディオニュソス自身と同じように、この香りは優しい側面と野性的な側面が、 
アンドロギュノス的なバランスの中に帰着している。 
 
動物のジャコウの香り、甘い樹脂を漂わせる乾いた大地、 
かすかに漂うオリエンタルノートは、 
ディオニュソスが旅した中東やインドを思い出させる… 
 
これは、ディオニュソス的側面に触れる人のための香り。 
マイナスやサテュロスになれ。 
闇の中にいなければ、光を知る事はできない。」 
 
 
 
 
「ディオニュソス」 
 
 
 
黒川
「アポロンかと思いました?残念、ディオニュソスです。」 
 
 
く、黒川ァアアアア――お前ええええええ――― 
 
……いや、勘違いして頂きたくないのは、
私ディオニュソスも大好きです!! 
 
だけど、焼きソバを注文して、かた焼きそばが出てきたら「そうだけどそうじゃない!」ってなるから!それは!黒川!!これヤキソバじゃない!かた焼きそばだ!! 
 
黒川「いえ、本当はアポロンにしたかったのですけど、アポロンの香水が出ていなかったのです。向こうのアメリカ人にも問い合わせをしてみたのですが、発売未定のようでした。ですので、オリンポス12神の中で藤村さんがアポロンの次に好きであろうディオニュソスにしました。」 
 
許す。 
..8:14
 
 
 
 
最後にスリーショット。 
そんなわけで、黒川さん!本当に素敵な香水をありがとうございました…! 
三人ともめっちゃ喜んでおりました! 
 
 
――さて、もうひとつ、どうして8時までに家を出なければならぬ状況の中、この日記を書かせて思ったか、という話です。 
 
もちろん私、
日記を8000字書かないと立ち上がれないイスに縛り付けられているわけでもなんでもない! 
 
 
えーっと実は私…黒川さんとケンカしました…! 
この香水の事が原因で…!!
 
もうまったく口きいてくれないっていうか…! 
 
えっと、それでその原因って言うのが…… 
..8:20
 
 
…あれ? 
さっきから気になってたんだけど、ちょっと8時過ぎてね? 
やばい…!!8時20分…!?もう出ないと間に合わない…! 
 
いやでも…でも、空港に2時間前に着く、ってのは理想論だから!! 
1時間前に着いていれば全然余裕のはずだ…!
 
 
最後に帳尻があってれば大丈夫だから! 
 
いわゆる数学でいう「式は間違ってるけど答えは合ってる」ってやつで!この方式で行こう!! 
よし、8時30分まで粘る…!! 
 
..8:24
 
 
そう、それでえーっと、香水が原因で黒川さんとケンカしたというか… 
私が、一方的に黒川さんの誇りを傷つけるような事を言ってしまったのです。 
――前回のTシャツ紛失事件といい、私、黒川さんの神経を逆なでする事にかけては天才的なとこあるよな? 
 
…それで、うまく言えないけど、これを解決してからじゃないとハワイへは行けない、と。 
黒川さんと仲たがいしたままで、砂浜でグット・ルッキング・ガイと戯れたり、ヤシの木のハンモックで太陽を浴びても、きっと楽しくない…! 
 
どうしても、黒川さんのプレゼントが素晴らしかった事を言ってからハワイに行きたかったのだ…! 
 
だから、 
 
..8:31
 
――う…8時31分……!待って、まだだ!!
ロスタイムが3分ある!! 
だから、黒川さん、本当にごめんね!! 
 
..8:35
 
ああっうわああ本当に時間無いっ!みう出ます!続きは電車の中から!コメント欄にえ! 
 
 
 
/ザ・ワールド!\ 
 
..8:39
  
 

拍手いつもありがとうございます!大変はげみになっております!!
コメント欄で失礼します…!!

無事電車に乗れました!
..7/14 9:13(Sat)

いや…!違うだろ…違うだろ私…!!
これじゃ全然黒川さんのプレゼントに感動した事が言えてない…!
単に私が遅刻しそうになってるだけだ…!!
違う!違うんだ…

もう電車の中だからかえられない…!!追記もできない…黒川さん、!後の事は頼んだ!!
今から言う事をこの後に書いてほしい!頼んだ!!
..7/14 9:17(Sat)

喧嘩している相手に尻拭いを頼むってどういう了見なんですか貴女!!!
しかも朝の9時によくも叩き起こしてくれましたね!

――黒川です。あの、僕が勝手に落ち込んでいるだけで、藤村さんのせいじゃないんですよ。
お気を使わせてしまい申し訳ない。確かに君には困らせられてばかりなのですが、
どんな理由であれ、これで君が飛行機に遅れたら笑えません。
しかし、どうもありがとう。


…藤村さんから伝言ですが、8月末まで帰らないそうです。
メールはそれまで通じないので、御用の際は拍手で、と申しておりました。

「黒川のプレゼントがすごく素敵で、香水の香りも三者三様で本当に素晴らしかったって強く書いておいて」、との事なんですけど、僕に書かせるんですか…これを…?恥ずかしいです。

ちなみに、香水はここのブランドのものでした。
ttp://lordsjester.com/

星彦さんとはなこさんもどうもありがとう。気に入ってもらえてうれしいです。
藤村さん、行ってらっしゃい。

..7/14 9:33(Sat)

……ちなみに、その後藤村が飛行機に間に合ったのか。

フライト予定の12時頃の藤村のツイート。↓


https://twitter.com/s_i_s_i_n/status/223999762628751360

完全に読まれていた。
..7/14 14:43(Sat)

 

2012. 6. 30
      今から最低の事を言う+パラ銀での星矢オフ会3デイズの話

えー今から最低の事を言います。 
 
かつて、宿敵である黒川さんから誕生日プレゼントとして頂き、 
前回の日記で、「パラ銀にはこれを着て行く!」と宣言した、 
 
この
「黒川お手製ギリシャ語Tシャツ」ですが… 
 
 
 
…失くしました。 
 
…え?何、失くしたって…どういう事…?と。 
 
2010年から私のサイトを見て下さってくれている方には、 
もしかして記憶にあるかもしれないが…… 
 
かつて我が宿敵黒川が、「アポロンの三脚台」になぞらえて私に謎かけをし、 
 
 
(【黒川座談会】黒川からのプレゼント実況!届け三脚台!アポロンのもとへ!〜
参照) 
 
そして、自分のトレードマークたる「ギリシャ語Tシャツ」を、 
私のために描き下ろして作ってくれた、 
 
 
 
あのアポロンの神託が刻まれし、黒川お手製のギリシャ語Tシャツを…! 
 
…私、パラ銀の朝に着て行こうと思ったら…… 
タンスのどこを探しても見つかりませんでした…!! 
どっか行っちゃいました…!!
完全に失くしました…!!! 
 
 
 
――えー全国、iのn乗(※虚数解)黒川ファンの皆様…!!! 
 
私へのお叱り、苦情、ダメだしは、 
 
  
t-t-moon(死)ypost.plala.or.jp 
 
(死)をいったん(呪)に変えた後、(クソ野郎!ぶっ殺す!)に変えて、最後に@マークに変えてお送りください…!!
 
心して承ります…!! 
 
とにかく、Tシャツを無くした事に関しては、 
Twitterで黒川さんに口汚い言葉で罵られ↓、
 
 
 
 
 
そしてパラ銀の朝には、電話で、 
 
「く、黒川さぁああん!!!私、私、黒川さんにもらったTシャツ……失くしちゃっ……うぉおおおおーーん!!びええええーーーん!!舞踏会に着て行くドレスが無い――!!あああーーん!もう死ぬ――っ!!」 
 
黒川
『泣きたいのはこっちですよ!落ち着きなさい!泣きべそかいたり、「もう死ぬ」だのは僕の専売特許でしょうが!』 
 
 
私「く、黒川さん……私、確かにルーズだし…約束も守らないし…だめな人間だけど…だけど、だけど、
友達からもらったギリシャ語Tシャツを無くしたのはこれが初めてウオオオエエエエ――ッ!!オエエエエーーーッ!!ゲエー」 
 
 
黒川『泣きゲロ吐いてる場合じゃないっ!12時に星彦さんとパラ銀会場で待ち合わせでしょう!もう出ないと間に合いません!』 
 
私「うええええ…オエエっ…でも、だって…」 
 
黒川『とにかく、なんでもいいからTシャツ着て!!ほら、君、星の模様がたくさん付いたかわいいTシャツ持ってたじゃないですか!あれでいい!着て!』 
 
 
 
私「…ええ…星柄のTシャツぅ?…これぇ…?」 
 
黒川『そうです!
スターって言ったら、一面に一回隠しで出てきて、マリオが無敵になる奴です!!それが無数にプリントされてるんだからスゴイです!着てたら、今日一日元気でいられます!うん!』 
 
私「ス、スターで無敵…」 
 
黒川『うん!』 
 
「だけど無敵状態だって、崖から落ちたらマリオは即死する――っ!!うおおお〜〜ん!!」 
 
 
黒川『ああっもう面倒くさい!君、落ち込んだ時は僕以上に面倒くさい! 
 
…Tシャツなんか、僕がまた作ってあげますから!
ね?それでいいでしょう!』 
 
私「うう…じゃ、今度は失くしてもいいように2枚作ってくれる?」 
 
黒川『分かった!分かりました!2枚作ります!だからもう泣きゲロ吐かないで下さい!頼むから!』 
 
 
 
――そんな感じで、待ち合わせ時間に間に合うよう 
黒川さんが送りだしてくれたにも関わらず、 
その後、パラ銀会場と間違えて
羽田国際ターミナルに行ってしまい遅刻。 
 
パラ銀会場はギリシャにでもあるのか?と。 
それからモノレールが止まったりなんだして、 
結局パラ銀会場に着けたのは2時という…。 
(彦さんごめん…!!) 
 
とにかく、「パラ銀には黒川Tシャツを着て行くので、私に会って下さる or お声をかけて下さる予定の方は、目印にして下さい!」と言った手前、 
Tシャツを着ていけなくて本当に申し訳ありませんでした…!! 
 
そして黒川さん、きっと私には愛想を尽かした事と思うが……どんな言い訳を言っても、許されない事をしたと思うが…… 
 
私は、Tシャツを大切にしていた!これだけは分かって欲しい…!そこらへんに脱ぎ捨てたりは絶対にしていなかった! 
じゃあなぜ無いのか、と言われると本当に言葉に詰まるが…。だが、もし私の今ある洋服の全てを引き換えにTシャツが戻ってくるのなら、喜んでそうする…!! 
君のTシャツについて、趣味が悪いだのなんだの言ってしまったが、あれ以上に美しい服はなかった、どんな服よりも私のお気に入りだった。と…信じてくれないかもしれないが、言わせてほしい…。本当にごめんなさい。 
 
ほんと、どこ行っちゃったんだろうなぁーTシャツ……食べちゃったかなぁ…。 
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
 
――さて、辛気臭い話は一端切って、パラ銀お疲れさまでした! 
私は一般参加だったのですが、前後の日を会わせて奇跡の
「3夜連続星矢オフ会」があったりで、とっても楽しかったです!! 
 
1日目には、凍月レイさん、天乃こころさん、乍亜弥さん、むららさんという、 
西日本の神々のオフ会にお邪魔させて頂いて…… 
 
すみません、この時、黒川さんが前々から私に吹き込んでたウソ愛媛知識について、 
関西ご出身の皆さんダメ出しを頂いた
のですけど… 
 
「藤村さん、愛媛にいる黒川さんが『東京と愛媛の中間は広島だ。だから会うなら広島で会いましょう。』って言ってたとしても、それはウソだから!!我々関西勢から見ても、東京と愛媛の中間は大阪だから!!」 
 
 
 
――等など、皆さんから真の愛媛知識を教えてもらった事に対し、私が
「黒川あのウソつき野郎!ブッ殺す!!皆さん、有難うございます!帰ったらあの野郎を四国ごと瀬戸内海に沈めます!」と言っていたなんて事は、もうこの日記の流れだと絶対言えない。 
 
全然そんな事言ってない、私。 東京と愛媛の中間は広島だもんねー! 
ねー!黒川さん…!!ねー!! 
 
そして凍月さんにはまたこれを頂いてしまいました… 
 
 
薔薇の花束……に隠された月桂冠の指輪…!! 
 
そう、いつぞやの座談会の折、黒川さんに奪い取られた 差しあげた、凍月さん作の月桂冠の指輪…!! 
(→「【黒川オンステージ日記!】藤村の誕生日戦:「今、蘇る藤村。墓の下からのハッピーバースデー!」参照) 
 
 
そしてそればかりか、このバレンタインのチョコレートも…! 
 
アポロン+ヘルメスの手作りチョコレートも…!頂いてしまいました…!! 
なんと黒川さん、星彦さんへのチョコと合わせて3枚の連作になっているという…!!食べるのもったいなさすぎる!! 
 
しかし、今年のバレンタインは、ほんと黒川さんがたくさん力作チョコレートを頂いていて、 
あの冴えないシケたかしわ餅みたいな男にはもったいない さすが黒川さんです。 
 
(凍月さん、本当にいつも力作を頂いてしまって申し訳ありません…!!本当にありがとうございます!!天乃さん、乍さん、むららさん、西日本知識、くそ笑わせて頂きました!!中間は大阪ですよね、絶対!!笑) 
 
 
 
そして、星矢オフ会の2日目、3日目は、星彦さん、はなこさん、夏秋さん、千矢子さん、はやさん、魚介類さん、久我山さん、私という、 
まったくカップリングに接点がないメンツで飲み会だったのですが…… 
 
というか、ミーノス×アイオロスのはなこさんが居る時点で、 
「あ、このテトリス全消しは無理だ」っていう。 
 
うわっ上から見たことないブロック落ちてきた!!と思ったらミーロスだから!!
 
 
 
…と、こんなちぐはぐなメンツで2daysやらしてもらったのですが、 
まず一番びっくりしたのが、
入ったギリシャ料理屋さんのウエイトレスさんが、知り合いの星矢+ギリシャ神話サイトの管理人さん、っていう。 
 
星矢のオフで行ったら、店員さんも星矢の人、って…こんな偶然ある!? 
私にとって星矢に関してもギリシャに関してもスッゲえ先輩の方で…(お名前出していいか分からない…) 
 
しかもその事に途中で気づいて! 
最初は「すみませーん!ワイン1本くださーい!」、「取り皿くださーい!」くらいだったのが、 
突然
「すみませんすみません、お手数でなければ、ワ、ワインを…」「すみません!私が取り皿お持ちします!」っていう。 
本当にあせった…! 
(全ての人類は、あのサイトのかっこいいアポロンを読むべき) 
 
 
…で、この2日間の事は、他の皆さんの日記で詳しく書かれているのですが、 
もう本当に異常に楽しくて! 
特にはなこさんのミーロスの話で 
非常に盛り上がらしてもらったのですが… 
詳しくははなこさんのサイト(→)の日記で語られてるので、ここでは省きますが… 
 
 
そう、はなこさんは、「いつか
ミーロスアンソロジーを作るのが夢だ。でも、アンソロジーになるほど人がいない…というか私だけしかいない…」と言っていたのですが。 
 
…それについて、私に名案がある。 
 
まず、はなこさんと私が、それぞれミーノス×アイオロスの漫画を描く。 
でも、「それを一つの本にまとめるだけなら、アンソロジーではなくただの合同誌では?」となる。 
 
しかし、久我山さんが言っていたのは、 
「合同誌とアンソロジーの違いは、費用の負担元の違い。 
前者は費用は描いた人で折半する。後者は主催が全額負担するもの。」 
 
 
――いいか、ここからだ。よく聞け。 
まず、私がはなこさんに「誕生日プレゼント」と称して3万渡す。 
 
それをはなこさんが自分の3万と合わせて、本の出版費用にする。 
売り上げも全部はなこさんに入る。 
費用ははなこさんが全部負担しているので、これは「合同誌」ではない。 
「アンソロジー」だ。 
 
そして、ほとぼりが冷めた11月の私の誕生日に、 
プレゼントと称して私に3万返せ。
 
 
――このマネーロンダリング法で、ミーロスアンソロジーは11月にも出るッ!! 
 
そう、はなこさん…アンソロジーならすぐにもできる! 
あとは、はなこさんのサイトに来ている潜在的にはミーロス好きの皆さんを……
ミーロス好きの民衆を扇動し、この世界と言う名のテトリスをミーロスのブロックでパンパンにするだけだ!! 
 
 
ミーロスが万雷の拍手と共に民衆に迎えられ! 
あまねく人類が「ミーロス」の名の下に心を一つにする!
 
 
やれ!やってくれ、はなこ…! 
私は奇跡を見たいんだ! 
ミーロスという名の奇跡を…!!
 
 
そんなわけで、11月は
はなこさんと一緒にパラ銀にサークル参加します!! 
(はなこさん、言い忘れていたけど、私は潜在的でもなんでもなくミーロスが好きです。ミーロスアンソロ旗揚げの際には絶対に呼んでくれると信じている!) 
 
そして、11月のパラ銀には、前日にみんなでディズニーランドに行こう!という計画を立てていました! 
もうさ、ディズニーのホテルで一泊して、ディズニーからパラ銀入りってのがベストじゃね?? 
ただし、コピー本の製本が終わってないような輩は、ディズニーランドで痛い目見る事になるが…!(主に私とはなこさんとか…) 
 
(みなさん、本当ありがとうございました!!前回同様、めっちゃ楽しかったです…!11月も楽しみにしております…!!『王家の紋章』、本当にお勧めです!ヒロインに向かってお相手が、「鞭打ちをやめてほしくば、足元にはいつくばり、この私の足に接吻しろ!!」とか普通に言いますから!) 
 
パラ銀でちょっとお話させて頂けた、 
二号さんとひわださんもありがとうございました! 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
そして、今回私はパラ銀には一般参加だ、という旨を申し上げるのが遅くなって申し訳ありませんでした。 
私の本を楽しみにして下さった方がいらして、頂いた言葉を重く受け止めております。 
「クソ野郎!ぶっ殺す!」というお言葉を頂いても仕方ないところ、非常に温かいお言葉で叱咤激励して下さって、本当に心に染みました。 
次は…次こそは出たいと思います!再録本も再販しつつ! 
本当に申し訳ありません!そして、もう少しお待ち下さい! 
 
 
そして、最後ミーロスの話で完全に忘れてたけど
黒川さんも本当にごめんね。 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
拍手どうもありがとうございます! 
お返事ですが、7月にゆっくり返信できる時間を取れるので、その時にまとめてお返事差し上げたいと…思っています…! 
 
というのも、7月から一か月ほどハワイに行ってきます。 
ギリシャから最も遠い地でこれからの人生を見つめなおそう、いや、アポロンとの遠距離恋愛とシャレこもう、という魂胆です! 
ネットは繋がってますが、おそらくとんでもなくヒマだと思うので、サイトいじりなど、色々やってきたいと思います!
  
 

黒川です。

いや、ちょっと待って下さい。藤村さんがTシャツを無くした事に関して、僕、すごく怒っているように聞こえるんですけど…僕、怒っておりません!

Tシャツなんて消耗品ですから、いつかは捨てないといけない物です。
加えて藤村さんに対して、もらったものを棺桶まに入るまで取っておくようなストイックな性格だ、とは元々思っておりません。

それに、ぱら銀の朝に、藤村さんがTシャツを無くした事をどれだけ嘆き、
悲しみ、涙してくれたかを僕は知っております。

あれを聞いて、僕の稚拙なTシャツなんかを、君がどれほど大切に思ってくれたか…
それに感動こそすれ、怒りなど湧いて来ようはずもありません。
どうもありがとう。

――ですから、日記で藤村さんが「苦情はこちら!」と自らのアドレスを記していますが、
とんでもない。
いらっしゃらないとは思いますが、もしも藤村のルーズさについて何か一言お持ちの方がおられるなら、
そちらではなく、


et.in.arcadia.ego.i.tego.arcana.dei(死)gmail.com

この僕のアドレスにお願いします!

(死)をいったん(怨)に換え、その後(黒川!貴様の監督不行届だ!)にした後、最後に@マークに換えて送って下さい。


藤村さんは、僕よりも2時間待たせた星彦さんの方に誠心誠意あやまる事。

(追伸:僕、アンソロジーの事は分かりかねますけど、藤村さんがはなこさんに3万渡して3万戻す下りは、むしろいらないのでは?話を聞く限り、そのマネーロンダリング無くても「アンソロジー」は成立していませんか?)
..7/1 17:17(Sun)

 

2012. 2. 17
      【黒川座談会】ドキュメント2.14〜黒川とチョコの甘くビターな同棲生活〜
今、その恋の結末を〜

2月14日、バレンタインデー当日。 
私は、愛媛の片田舎、往年の宿敵・黒川さんの自宅に、ある荷物を送りつけた――そう、 
 
 
 
容量にして1ガロンは入ろうかという真っ赤なハートの箱を。 
(大きさ比:オウィディウス著『恋愛指南』) 
 
 
黒川『……藤村さん、このおぞましい物は一体……』 
 
私「ごめん、黒川さん!詳しい話は後だ!!私、2、3日身動き取れなくて、恒例の座談会できないの!
だから、その箱は座談会の日まで開けないで持っておいて欲しい!!」 
 
黒川『こ、こ、困りますよ!僕、実家ですし…
こんなエロ本よりも置き場所に困る、その上エロ本よりもかさ張り、かつ目立つおぞましい物、そんなに隠しておけません!!』 
 
私「黒川さん…
お前は『家畜人ヤプー』全5巻を家族の眼から10年間も隠し通せるほどの男だ。君のそのエロ本隠し技術に期待する! 
 
……それじゃ!私、忙しいから!がんばって!」 
 
 
黒川『……ちょ、ちょ、ちょっと待って…!』 
 
  ガチャッ。ツーツーツー… 
 
 
 
 
黒川『………。』 
 
――この時の心境を振り返って、彼は言う。 
 
黒川『この箱の中身も素性も一切分からないが…3日間、この箱を隠し通すしかない…!!例え、僕の生涯の伴侶たる家畜人ヤプーを犠牲にしても…!』 
 
 
――そう、これは、黒川と彼の元に身を寄せたチョコレート… 
 
二人の秘められた3日間の同棲生活の全貌を、インタビューに基づき、 
私、藤村シシンが客観的にまとめ上げたドキュメンタリーである。 
 
 
 
【黒川座談会】 
ドキュメント2.14 
〜黒川とチョコの甘くビターな同棲生活〜
 
 
黒川(……さて、このオーパーツをどう隠すか…) 
 
 
 
 
黒川(…押し入れの中、か…? 
 
いや、母さんが入ってきて、『ついでに息子の押し入れのムシューダでも取り替えてあげましょ……ん!?な、何!?このハートの箱は!?』 
 
――だめだ、ここはやられる…。
 
 
 
いや、隠そうとするから失敗するのだ。 
「木を隠すなら森の中」作戦…! 
風呂敷に包んで部屋の隅に転がしておけば、絶対に気付かれない…! 
 
まさか誰もこの風呂敷の中に巨大なハートがあるとは思うまい!) 
 
 ――完璧な作戦に思えた。 
 しかし黒川、ここで一つの誤算―― 
 
 
黒川(しかし今日は寒い…ストーブを付けなければ…) 
 
 厳しい寒波が押し寄せた2012年。 
 南国・愛媛でも2月14日からは雪が降り続いていた。 
 ゆえに、黒川はストーブの温度をやや高めの20度に設定。 
 
 ――しかし、それから間もなくして、 
 黒川は部屋の中のある異変に気付いた。
 
 
 
黒川「……ん?ん…!?
な、なんだ…この部屋中に広がる甘ったるい匂いは…!?」 
 
 
 
黒川「こ、この箱…!
この箱から強烈なチョコレート臭が…!!ばかな、これではいかに風呂敷に包もうとも一発で存在がばれてしまう…!!」 
 
 ――急いでストーブを切り、ちゃんちゃんこを二枚重ねで羽織り、 
 頭から毛布をかぶる黒川。 
 
黒川(…く…暖房を付けることもままならぬとは…!しかしこれで中身がチョコレートだ、という事は分かった…。しかし中身は一体何なのか…。どういうつもりでこれを…。今こそ僕の圧倒的推理能力が光る時――!!) 
 
 
 ガラッ!
←ふすまを開ける音 
 
黒川祖父
「やや!巧!ストーブも付けんと何しとるんかいね?寒かろが?じーちゃんがスト−ブ付けたろ!」 
 
黒川
「ワーーーじいちゃん!寒くないがね!寒くないがね!大丈夫やけん!」 
 
(くっ…!この箱のせいで僕は…!!
開けた時には絶対に容赦せんがね…!!) 
 
 
 
 ――そんな中、徐々に明らかになっていく箱の素性。 
 
 まず、中身は、私+星彦+そらのはなこ、 
 三人で作った「合作」だという事。
 
 
 そしてさらに重大な事は―― 
 
「黒川さん、君に送った箱の中身は、『本命チョコ』だから。」 
 
黒川『3人の合作…!?本命…!!?』 
 
 この二つの言葉がさらに彼を混乱させ、 
 夜には部屋にかすかに漂うチョコレート臭と共に、 
 黒川を夢で苛んだのだった。 
 
黒川(…ミラ・ジョヴォヴィッチ
(※黒川理想の女性)『一緒に夜のバイオハザードに行きましょ』と言われる淫夢を見てしまった…。くそ、この箱のせいで…!!) 
 
 
 夜も眠れず、徐々に精神を蝕まれていく黒川…。 
 
 だが同時に、寝食を共にしてきたこの箱に芽生える、 
 
 ほのかな愛情――
 
 
 
黒川(大丈夫だろうか、溶けていないだろうか…?時折、ゴトゴト音がするのは、崩れているのではないのだろうか…?心配だ…。 
 
例え、この箱の中身が何であろうと…僕はこの箱を守りたい…!)
 
 
 
 
――その二人の奇妙な関係に、終止符を打つ時が今、来た!! 
 
箱を開けた時、黒川の気持ちは踏みにじられるのか!? 
それとも、黒川の愛情に答えるのか!?
 
 
 
――さあ、黒川さん、今夜! 
その決着をつけよう…!! 
 
黒川とその箱の、甘いロマンスの結末を!! 
ドキュメンタリーではなく!今、リアルタイムで我々に見せてくれ!!
 
 
 
 
黒川座談会】 
リアルタイム2.17 
〜今、その恋の結末を〜
 
 
以下、恒例の座談会! 
 
  
 

黒川ですが…。この3日間の僕の苦労を、よくも甘いロマンスなんぞに仕立て上げてくれましたね。

言っておきますけど、愛情なんか一切芽生えておりません!
憎しみしかない!!


この箱のせいで、極寒の中、僕はろくに暖房もつけられなかったんですよ!?
ここまでして、もし溶けていたり、崩れていたりしたらと思うと…!
気が気ではない!
..2/18 0:11(Sat)

何?まだ愛が芽生えてない?
…じゃあ、もう一晩、ベッドを共にすれば愛も芽生えるのではないだろうか。

――と、いうわけで、今日はもう遅い。もう1時だぞ!
明日また仕切りなおそう。

20時にここ集合だ!!いいな!
それまでにその箱と男女の仲になっておけ!!

でないと、その愛を裏切る意味も、あるいはハッピーエンドな結末にも、意味がない!
..2/18 0:52(Sat)

本当に、憎しみしかない。

もう一晩与えられても、答えは同じです!
僕は絶対愛しなどしない!

貴女方の刺客と分かっていながら、貴女方の策略にはまると分かっていながら、それでも愛するわけがない!!
..2/18 0:59(Sat)

「この人を愛したらいけない。」――それが恋の始まりだ。

愛したらいけないと思う人ほど、意識してしまう。
それが人の常だろう、黒川さん。


――その箱には、私たちの魔法がかけてある。

策略だと思えば思うほど、陥るのが恋の罠よ!!

明日、箱を開けるときの君の顔が見ものだな。
..2/18 1:09(Sat)

また一日延ばすんかい!!※皆の代弁
..2/18 1:13(Sat)

……本当ですよ…。

もう明け方なのに、まったく眠れないです…。このチョコレートの匂いが僕を眠らせてくれない…!

頼むから、僕に心を開いておくれ…
というより、いい加減、ふたを開けさせておくれ…
..2/18 5:05(Sat)

何スか、その
チョコ「今夜も眠らせないぜ…」状態…。

黒川さん可哀想…。
でもお休み!!
(ちなみにシシンは、「夢の中でアポロンとデートしてくる」つって寝ました)
..2/18 5:15(Sat)

………………………………………
黒川さん、昨晩はお楽しみのようでしたね。

昨日は一段と寒かったが、まさか自分の身を守るために暖房をつけて寝て、チョコを溶かしてしまってはいないだろうね?

まずは彼女をここへ連れて来い。

君がこの4日間、彼女をどう扱ってきたか、衆目の前で確認しようじゃないか。――箱を開けてね。
..2/18 20:12(Sat)

馬鹿をおっしゃい。このチョコを溶かすくらいなら、僕が凍死する!



貴女は仰いましたね。「これは僕に対する本命チョコだ」と。
その言葉を信じて、僕はここまでこのチョコレートを守ってきました。

家族の目から隠し、冬の日に暖房もつけず…。
この苦労を、愛情を、このチョコが裏切らないだろう事を僕は信ずる!

――さあ、午後8時。約束の刻限です!

..2/18 20:49(Sat)

では、開けろ!開けて彼女の本心を己の目で確認するがいい、黒川巧!

――さあ、今、その恋の結末を!
この場で見せてくれ!
..2/18 21:04(Sat)

ああ!長かった…この4日間、本当に長かった…!!
今、この箱を開ける…!!

頼む!どうか僕のこの胸の高鳴りを!
この愛を!裏切らないでくれ、君よ!!
..2/18 21:10(Sat)





え…こ、これは一体…どういう意味…
..2/18 21:16(Sat)

――さあ、黒川君、箱を開けて出てきた、
真っ白なハート型のチョコレート。





――そこに書いてあるギリシャ語を読んでみてくれ。
..2/18 21:19(Sat)

prosphilestatoi

APOLLONI …


プロスフィレスタトーイ・アポローニ …





『最愛のアポロンへ』……?

..2/18 21:30(Sat)

…黒川さん。確かに、「君に『送った』チョコは、『本命チョコ』だとは言ったが、
君自身に対するものだとは一言も言っていない
な。


――そういうわけで、黒川君。それ、アポロン様に渡しておいて。


..2/18 21:34(Sat)

アアアオオオオオオオオオオ君は――っ君たちは――っ!!!楽しいか――!!僕の純情をもてあそんで楽しいなrのか――っ!
..2/18 21:38(Sat)

チョコレートを温かさから身を呈して守ってくれてありがとう、黒川君。
だが、そのチョコレートの本命は、君じゃなくてアポロンだったというわけだ。

悲恋だね。そして悲しくも美しい物語だと思わないか。

私はこの見世物に最高に満足だ。
君の絶望に打ちひしがれる様は、何よりの見ものだ。
..2/18 21:44(Sat)

いいえ、この脚本は三流です!!

僕だって、うすうす嫌な予感というか、「どうせこうなるんじゃないかなあ…」という予感はありました。
見て下さってる人もそう思ったんじゃないですか!?

ええ、伏線を隠しきれないのは三流のやる事です!!

あーもう…!ああ、もうどうしてくれようこのチョコレート…あああ!

予想はしていましたが…こんな結末とは…!!
..2/18 21:49(Sat)

――いいや、この物語は三流にはならない。

なぜなら、この物語の主人公は、例え絶望の淵に落ちようとも、
箱の底に希望が残っている事を信じて探し求めるからだ。
..2/18 21:56(Sat)

……!

なんですって……

..2/18 22:00(Sat)

 「絶望の谷に落ちた彼の体を、精神を
  厳しい寒さが蝕んでいく――
  もう駄目かもしれない…

  だが、絶望の淵に追い詰められようと、
  彼はまだ信じていたのだ――彼女の愛を!」


君はまだ諦めてはいないはずだ!!
そうだろう主人公!

 「彼は最後の力を振り絞って、チョコレートをどけ、箱の底を見た!」
..2/18 22:08(Sat)

え…ええ
えええええええええーーーーーーーーーーーーーーー
嘘でしょうーーーーーーーーーー!!


..2/18 22:15(Sat)


「箱の底を見ると、そこには……




 彼がいつも着ているギリシャ語Tシャツを模した、ダークチョコレートの山が。

そしてその中の一つにはこう書かれていたのです。





SE PHILO
『あなたを愛してるわ。』



黒川さん!!ハッピーバレンタイン!!!

私+星彦+はなこさんから、愛をこめて!このチョコレートを贈ります!!

..2/18 22:22(Sat)

ちょ・・・

完璧すぎるだろこのタクティクス!


シシンさんマジかっこいい///
..2/18 22:28(Sat)

…ええ…何ですこれものすごくうれしいんですけど…!!
うれしい…!!

これ、君たちが作って下さったという事ですか…!
僕のTシャツじゃないですかこれ…!!

果てしなく嬉しい…!!

回分のやつもあるし!『ホムンクルス』『魂の死』もある!ウワー!
..2/18 22:30(Sat)

はなこさん!本当にありがとう!!!
去年のどうかしてるハート型のチョコも嬉しかったですけど、今回のはさらに感激しました!だって手作りですしこれ!

..2/18 22:32(Sat)

構想数ヶ月…!!(詳しい時間は忘れた)

ついに黒川さんへの我々の想いを届ける瞬間を迎えられた!!

シシンありがとう…!!
でも待たせすぎ。
..2/18 22:32(Sat)

見たか、これが私の戦略的遅刻だ。

――さて、主人公君。
我々のこの筋書きにご満足して頂けただろうか?
..2/18 22:36(Sat)

 「彼は、箱の底から彼女を救い出すと、きつく抱擁した。
 そして、この4日間待ちわびた口づけを交わしたのだった――」


   ――HAPPY END.



…ありがとうございます、今『魂の死』を食べさせてもらったのですが、ビターで美味しいです!すごく!
すっごくおいいしです!あーー!!

この4日間、守って良かったです!このチョコレートを…!
御三方とも、本当に有難うございます!!美味しい!
..2/18 22:42(Sat)

脚本家も予想していなかったまさかのキスシーンが…!!!!(笑)

ちなみにそれ、チョコレートは全部で 2kg あるよ。

カロリーにすると10000kcalあるから、おそらく一度に食べると死にます。

ちょっとずつ食べてね…!半年くらいは持つだろうから…!!
そして寒い中、暖房も付けずに待っててくれて本当にごめん。
そしてありがとう!
..2/18 22:51(Sat)

う、うん……今、Tシャツの袖をかじっただけでお腹いっぱいになりました。
半年かけて少しずつ頂きますね。本当にどうもありがとう。

しかし、まさか貴女方が、アポロンを前座にしてくるとは…思い切った事をしたものですね。
..2/18 23:06(Sat)

――ここで、一つ弁解をしておきたい。
確かに我々は、アポロン+黒川さんに向けて頑張ってチョコを作ったつもりだった。


制作過程。

「顔を洗うと共に罪も洗い流せ」(※回文)


その他、「ホムンクルス(人造人間)」「インキュバス(淫魔)」など、黒川の往年のギリシャ語Tシャツ。

――頑張って作りはした。
しかし、今振り返って言おう。私達は正直バレンタインをナメていた、と。

そう、上には上がいたのである。
..2/18 23:14(Sat)

今年のバレンタインは、黒川さんはじめ私や星彦さんにもチョコレートを頂いてしまったのですが!!

みんな目をかっぽじってみてくれ…!!


ひーちょんさかんから頂いた、「アポロンクッキー」
(右は黒川さんに頂いたものですが!一緒に写させて頂きました!)

http://hie-chon.jugem.jp/
ひーちょんさんのブログ。
http://hie-chon.jugem.jp/?eid=77
クッキーの作り方等はこちらの記事に書かれています。

(私が描いたアポロンで作って下さって本当にうれしかったです!ありがとうございます!!)

そして、

たかしまつぐるさんに頂いた、「アポロンとダフネー」チョコレート

https://twitter.com/tug_shima
サイトをお持ちじゃないとのことで、ツイッターをご紹介させて頂きます。

(芸術品ですこれ…!本当にありがとうございます!!)


他にも色々頂いてしまったのですが、
そしてご紹介しきれず申し訳ないのですが!!

――もう、みなさんのチョコレートを見て目が覚めたわ…。「あ、バレンタインって、こういう本気出さないといけないイベントなんだ」

だからね!黒川さんね!!
こういう化け物みたいな高度なチョコと、私たちのを比較して、「ショボイなー」とは思ったかもしれねえ!!
だけど、来年は見とけ!!来年から本気出す!!
..2/18 23:35(Sat)

来年?来年は来ない。

なぜならこの物語の主人公は、
ホワイトデーに復讐を企てるからです。


――さあ、筆を僕に渡してもらおう。


 「彼は復讐に燃えていた。
 かならずやかの3人の魔女を打倒せん、と。
 ――計画はすでに頭の中にある。
 あとはそれを書きつづるだけだ。

 そう、ここからは第二部。
 ホワイトデーに向けた僕の復讐劇の幕開けだ。」



  ................To Be Continued.
..2/18 23:50(Sat)

………………………………………………………
上手くまとまったところで、これにて座談会、了!
各々一言あったり、言い足りない事あったらどうぞ!
..2/18 23:52(Sat)

黒川ですが、みなさん、本当にどうもありがとう…!!

手も震えてるし、指はチョコでベットリですし、うまく御礼を申し上げられないのですが…!まさか僕のために手作りで作って下さるなんて本当に感激です!
藤村さん、星彦さん、はなこさん!みなさん本当にありがとうございます…!!

ただ、アポロンへのチョコレートですが…



アポロンは古代人なので小文字は読めないと思いますので、代わりに僕が頂いておきますね。
..2/18 23:57(Sat)

20時からずっと見てました、クッキーの人ことひーちょんです。
お邪魔いたします。
まさかネタかぶりするとは思いませんでした…
言葉が違ってよかったと思います、心から!
そして、とても楽しい座談会をありがとうございました!!
..2/19 0:00(Sun)

「アポロンは古代人だから小文字は読めない」って(笑)。そうだけどそうじゃねえよ!!(笑)

ひーちょんさん>こちらこそアポロンクッキーありがとうございました!まさかあんなに手が込んでいて、心のこもったものを私にも頂けるとは思ってもみず…!本当に感激しました!そして座談会楽しんで下さってなによりです!
..2/19 2:18(Sun)

一晩明けまして、改めまして、ありがとうございました。黒川です。

昨晩の事が夢ではないかと思って、ハートの箱を何度も開けるのですが…まあ、そこには大量のチョコレートが入っていて、「あ、これ現実だ」と認識する一日でした。

今回藤村さんが書いた記事で改めて思ったのですが、彼女は本当に僕を魅力的に書いてくれていると感じます。
いい詩人の支持を得た、幸運な神話の英雄のような、そんな気持ちです。

僕は、現実では藤村さんに守られていないと何もできない情けない男ですが…、……しかし、アルテミスに対するアポロンが最初はそうであったように、いつかは逆転したいと思います。

本当に僕、情けないんですけど…
自分が本当に嫌になるのですけど…
今はまだアルテミスの後ろについて回って泣いてばかりのアポロンですが…いつかは世界の真ん中を牛耳って見せます!

そのためには、星彦ヘルメス、はなこアレス…
貴女方の協力が必要なのです!
本当にこの度はありがとう。
涙の味でチョコレートが少ししょっぱいのですが、最高の味です。

僕にもご厚意でチョコを下さった方々、見て下さった方にも、
僭越ながら感謝の意をお伝えしたく思います。
どうもありがとうございました。
..2/20 0:03(Mon)




藤村シシン
古代ギリシャ・ギリシャ神話研究家。
高校で出会ったアニメ『聖闘士星矢』がきっかけでこの道へ。東京女子大学大学院(西洋史学専攻)修了。
著書『古代ギリシャのリアル』(実業之日本社)。 NHKカルチャー講座講師。平成28年 東京国立博物館『特別展・古代ギリシャ』公式応援サポーター。 古代ギリシャナイト主催。 など。

お仕事のご依頼 euermo★gmail.com
(*をアットマークに変えて送って下さい)


★よく出てくる宿敵「黒川君」については
【黒川wiki】をご参照下さい。


書籍『古代ギリシャのリアル』発売中。






各種リンク

twitter
(基本的にここにいます)


「藤村一味」まとめ
(古代ギリシャ、
呪術ナイトなどのトゥギャッターまとめ)


古代ギリシャナイト
歌って踊って喋って祭儀する、古代ギリシャ総合エンターテイメントです

twilog
(ツイッターのログ)

(ピクシブ)


私のサイト(ギリシャ神話の創作とか)

2012. 7. 14 タイムリミットまで2時間!人....
2012. 6. 30 今から最低の事を言う+パラ銀....
2012. 2. 17 【黒川座談会】ドキュメント2.....

2008年 9月
SunMonTueWedThu FriSat
- 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
- - - -


>> 過去の日記へ



| 携帯用 | | RSS | | 検索・カテゴリー | | Home |

++ Powered By 21style ++